日刊 勝ち組スポーツ・勝ちスポ!
鎌倉小町通りを食べ歩き

ロールスロイスを見て触って乗ってみた

高級車も多様化し
くるまを選ぶ価値観もまったく様変わり

くるまには「車格」というものがあるらしい。「タラタラ走ってんじゃねぇよ!こっちはセルシオだぞ!」的なアレである。ひと昔前まではカローラ→マーク2→そして「いつかは」クラウン、というくるまの出世に喜びを感じていたものである。近年は高級車も多様化しくるまを選ぶ価値観もまったく様変わりしてきたので単一ベクトル的な車格の出世を追及するユーザーは少数派になってきているように思われる。
鎌倉小町通りを食べ歩き

「いまどきラジオのススメ」
MBA取得で、目指せ一流ビジネスマン!
世界一の高層ビル“台北101”登頂
地方発 ドライブデートスポット
旅行ついでに人間ドック!PETとゴルフ?
スーパー健康法 バナナ酢
ネット活用で春こそ大人デート!
今話題の、宮廷料理を楽しもう!
ファンを増やしつづけるフリークライミング
一澤信三郎帆布に注目!
エキゾチックな世界「ドバイ」をENJOY!
日本の伝統〜山車
ビルウォールレザーのシルバー、レザー
漂泊の自由人・ゴーギャンの誘惑
彼女とぶらり小旅行 上高地・立山の旅
スパで大人のリラクゼーションを満喫する

ロールスロイス
世界の車格ピラミッドの頂点、
くるま界のゴール

しかし、だからこそ、のロールスロイスである。世界の車格ピラミッドの頂点、くるま界のゴールである。この、ファミレスの駐車場で威容を誇るロールスロイス最新型「ファントム」はクリームホワイトのドでかい車体が駐車枠には収まりきらず頭ひとつ飛び出していた。オーナーのK.A氏(37歳)は二十歳前から裸一貫でさまざまな事業を手掛け、現在は東京、埼玉などで手広く投資業を営む青年実業家だ。ロールスロイスは1906年(100年前!)に創業以来、超高級車を作り続けてきた言わずと知れた名門。2003年にBMWグループの傘下になり、イギリス・グッドウッド本社の新工場でこの新開発ファントムの生産を始めた。BMWの最新テクノロジーと資本、そしてロールスロイスの伝統とブランドが融合した新ロールスロイスのフラッグシップだ。
気軽な三ツ星シェフの二号店オープン!
セキュリティで愛車を魔の手から守る!
『ハゲを隠すな』劣等感に逆転勝利!!
古都・京都を優雅にデート
ツール・ド・フランス2007年速報!
オーディオは音にこだわれ!
第133回天皇賞特集
ゴージャス!ルイ・ヴィトンの魅力
一度はやってみたい!贅沢マグロ三昧!!
今が買い時!「携帯の良番」
政治家になろう〜市議会議員編〜
今年の夏こそ本気でサーフィン
ロボットミュージアムin名古屋
卵は進化する 高品質卵を食べた!
触れたらハマる「ダーツ」の魅力!
ばんそうこうのエトセトラ!驚きの真実。

新築1戸建てが0→100km/h、5.9秒で走る!

全長約6m、全幅2mというエクステリアは1950年代の“シルバークラウド”をあえてイメージ。フロントにはパルテノン神殿をモチーフにした伝統のグリルがそびえ立っている。搭載されるエンジンは6.7LのV12、最高出力は460psという。6ATとの組み合わせで2.6tもの巨体の0→100km/h加速が5.9秒というから驚きだ。基本仕様の車両本体価格が4100万円、つきなみだが新築1戸建てが走っているようなものだ。ドアはコーチタイプ(観音開き)で、その厚さは金庫のようにズシリ。ご覧のように「RR」のロゴが入った傘が収まっているのがニクイ。基本的には後部席にオーナーが乗ることが多いくるまだが、アメリカの新興リッチ層ではこれをあえて足使いしているのだそうだ。