日刊 勝ち組スポーツ・勝ちスポ!
京都を散歩するならさんぽす

ロールスロイスを見て触って乗ってみた

高級車も多様化し
くるまを選ぶ価値観もまったく様変わり

くるまには「車格」というものがあるらしい。「タラタラ走ってんじゃねぇよ!こっちはセルシオだぞ!」的なアレである。ひと昔前まではカローラ→マーク2→そして「いつかは」クラウン、というくるまの出世に喜びを感じていたものである。近年は高級車も多様化しくるまを選ぶ価値観もまったく様変わりしてきたので単一ベクトル的な車格の出世を追及するユーザーは少数派になってきているように思われる。
京都を散歩するならさんぽす

携帯の良番を手に入れる
あの勝ち組社長のブックマークに習おう
ペーパークラフトに没頭しよう!
ミラコラーレ/「車オタクの総合デパート」を目指して
幸せを呼ぶ!?イマドキの家計簿
中国ビジネスの鍵はニセモノ対策!?
レトルトカレーを極める
デキる男の最新ビジネスツールとは
一匹10万円?小動物を飼ってみよう!
MBA取得で、目指せ一流ビジネスマン!
腐った日本を救え! 国会議員への道
男性の為のエステサロン入門
ネスプレッソ〜エスプレッソマシーン〜
五・七・五は魂のリズム!
アメリカ西海岸テーマパークを遊ぶ!
古都・京都を優雅にデート

ロールスロイス
世界の車格ピラミッドの頂点、
くるま界のゴール

しかし、だからこそ、のロールスロイスである。世界の車格ピラミッドの頂点、くるま界のゴールである。この、ファミレスの駐車場で威容を誇るロールスロイス最新型「ファントム」はクリームホワイトのドでかい車体が駐車枠には収まりきらず頭ひとつ飛び出していた。オーナーのK.A氏(37歳)は二十歳前から裸一貫でさまざまな事業を手掛け、現在は東京、埼玉などで手広く投資業を営む青年実業家だ。ロールスロイスは1906年(100年前!)に創業以来、超高級車を作り続けてきた言わずと知れた名門。2003年にBMWグループの傘下になり、イギリス・グッドウッド本社の新工場でこの新開発ファントムの生産を始めた。BMWの最新テクノロジーと資本、そしてロールスロイスの伝統とブランドが融合した新ロールスロイスのフラッグシップだ。
世界が夢中!憧れの靴マノロ・ブラニク
世界最高の輝き!スワロフスキーに夢中
デザイン脱毛でひげ剃りにサヨナラ!
大人の洋食屋特集
おもしろ・マイナースポーツ
ハーレーダビッドソンでアメリカン!
花粉症対策特集
おいしい水を探しに行こう
爽快!自分の車でサーキット体験
賢い選び方はこれ!ペットフード
コートドール実食レポート
愛車のお手入れ
健康のために求められる「自然食」
靴の宝石ベルルッティで最高の一足を
ロールスロイスを見て触って乗ってみた
オリジナル現像で、写真にこだわる!

新築1戸建てが0→100km/h、5.9秒で走る!

全長約6m、全幅2mというエクステリアは1950年代の“シルバークラウド”をあえてイメージ。フロントにはパルテノン神殿をモチーフにした伝統のグリルがそびえ立っている。搭載されるエンジンは6.7LのV12、最高出力は460psという。6ATとの組み合わせで2.6tもの巨体の0→100km/h加速が5.9秒というから驚きだ。基本仕様の車両本体価格が4100万円、つきなみだが新築1戸建てが走っているようなものだ。ドアはコーチタイプ(観音開き)で、その厚さは金庫のようにズシリ。ご覧のように「RR」のロゴが入った傘が収まっているのがニクイ。基本的には後部席にオーナーが乗ることが多いくるまだが、アメリカの新興リッチ層ではこれをあえて足使いしているのだそうだ。