日刊 勝ち組スポーツ・勝ちスポ!
京都を散歩するならさんぽす

ロールスロイスを見て触って乗ってみた

高級車も多様化し
くるまを選ぶ価値観もまったく様変わり

くるまには「車格」というものがあるらしい。「タラタラ走ってんじゃねぇよ!こっちはセルシオだぞ!」的なアレである。ひと昔前まではカローラ→マーク2→そして「いつかは」クラウン、というくるまの出世に喜びを感じていたものである。近年は高級車も多様化しくるまを選ぶ価値観もまったく様変わりしてきたので単一ベクトル的な車格の出世を追及するユーザーは少数派になってきているように思われる。
京都を散歩するならさんぽす

マリー・アントワネットってどんな人?
将来のための別荘探し
男のこだわり!氷山の氷でオン・ザ・ロック
グアムでのんびり 男の週末!
ベランダ農園で、おいしい野菜づくり
真剣に!グローバルに!結婚相談所
雨が楽しい!そんな「傘」が欲しい!
大人の趣味 手打ちそばに挑戦
男だったら肉を食え!
“いざ”その時のために…「喪主」
富裕層向け金融商品
今が旬の女子フィギュアスケートに注目
いざ!UMA発見の旅へ!
銀座の老舗
和の粋「火鉢」を楽しもう
おいしい水を探しに行こう

ロールスロイス
世界の車格ピラミッドの頂点、
くるま界のゴール

しかし、だからこそ、のロールスロイスである。世界の車格ピラミッドの頂点、くるま界のゴールである。この、ファミレスの駐車場で威容を誇るロールスロイス最新型「ファントム」はクリームホワイトのドでかい車体が駐車枠には収まりきらず頭ひとつ飛び出していた。オーナーのK.A氏(37歳)は二十歳前から裸一貫でさまざまな事業を手掛け、現在は東京、埼玉などで手広く投資業を営む青年実業家だ。ロールスロイスは1906年(100年前!)に創業以来、超高級車を作り続けてきた言わずと知れた名門。2003年にBMWグループの傘下になり、イギリス・グッドウッド本社の新工場でこの新開発ファントムの生産を始めた。BMWの最新テクノロジーと資本、そしてロールスロイスの伝統とブランドが融合した新ロールスロイスのフラッグシップだ。
高級万年筆を使いこなせ
くさい臭いは元から断つ! 体臭の正体
ハイビジョンで迫力の映像を楽しもう
至高の酒・シャンパンを楽しむ
男性美容・デキる男のリフレッシュ!午睡を満喫
おしゃれな照明効果でモテモテに!?
40万円ミシン!超高級家電が日本を救う
ビッグスクーターでタンデムツーリング!
満天の星空を我が家に!
パリのスイーツを極める!
ママの味?シェフの味?イマドキのカップケーキ事情
大人の趣味 音楽で自分の世界を楽しもう
ホテルで朝食デート
心をデトックス!? 感情モニタリング
生活に潜む身近な恐怖!!トランス脂肪酸
政治家になろう〜県議会議員編〜

新築1戸建てが0→100km/h、5.9秒で走る!

全長約6m、全幅2mというエクステリアは1950年代の“シルバークラウド”をあえてイメージ。フロントにはパルテノン神殿をモチーフにした伝統のグリルがそびえ立っている。搭載されるエンジンは6.7LのV12、最高出力は460psという。6ATとの組み合わせで2.6tもの巨体の0→100km/h加速が5.9秒というから驚きだ。基本仕様の車両本体価格が4100万円、つきなみだが新築1戸建てが走っているようなものだ。ドアはコーチタイプ(観音開き)で、その厚さは金庫のようにズシリ。ご覧のように「RR」のロゴが入った傘が収まっているのがニクイ。基本的には後部席にオーナーが乗ることが多いくるまだが、アメリカの新興リッチ層ではこれをあえて足使いしているのだそうだ。