日刊 勝ち組スポーツ・勝ちスポ!
京都を散歩するならさんぽす

今こそ侍 SAMURAI!

映画で見るSAMURAI

 「侍」という人々……。海外には未だ、日本人男児は髷を結って、刀を差し切腹すると思っている人がいます。かたや日本では、時代劇でしか存在しないもの、大昔のものとして捉えている人も多いようです。しかしながら、この日本に約150年前まで、侍は生きていた、そう思うと、感慨深いものがあると思いませんか?

 ここ数年、侍は「SAMURAI」として、世界中で見直されつつあります。そんな流れに大きく貢献しているのが映画、ラストサムライでしょう。渡辺謙を日本の俳優から世界の俳優にした作品でもあり、日本人から見ても、外国人から見ても「SAMURAIってかっこいい!」という思いを強めた作品と言えるしょう。

 その後、SAMURAI映画の支持は高まり続けています。注目してみれば、日本にはSAMURAIを題材にした良作が数多く存在するのです。寺尾聡演じるお人好しの浪人が魅力の、雨あがる。冴えない武士、清兵衛が武士としての役割を果たすまでを描いた、たそがれ清兵衛。ここでのメンバーが再集結し製作された、隠し剣 鬼の爪。こうして見ると、SAMURAIの概念そのものが、人情味溢れたものに変わりつつあるようです。
ラストサムライ
京都を散歩するならさんぽす

今こそ侍 SAMURAI!
幻の沖縄豚「アグー」
ケータリングで手軽にパーティー!
究極の「焼きいも」を探せ!
テーブルサッカーで、もう一つのW杯!
目で、味で、食べ方で楽しむ輸入菓子
40万円ミシン!超高級家電が日本を救う
魅惑のラオス。ルアンパバーンぶらり旅
この冬の「鍋料理」は熱々フォンデュを
危険いっぱいの魅惑の世界へ 冬山登山 
紅葉と癒しの高級旅館
京都 湯豆腐の老舗〜南禅寺・順正〜
優雅に香るシガーが大人を演出します
ワインだけじゃない!色々ソムリエ資格
血はバラの香り! 香水ガム「オトコ香る。」
横浜ベイサイドでの新感覚デートとは
サムライチャンプルー

アニメ&コミックにも登場!

 フジテレビの深夜枠でテレビ放送もされていた、人気コミックを、あなたはご存知でしょうか?サムライチャンプルーは、アメリカでも吹き替え版が放送されたことが話題ですが、元はコミック。ムゲン、ジン、フウの3人での旅を描いたものです。ケロロ軍曹などでお馴染みの少年エースから生まれたこのコミック。ちょっと風変わりなのは、時代考証が一切考えられていないということ。現代感覚そのままで見られる。なのに侍。それこそが現代求められているSAMURAIなのかもしれません。

 もう一つ、放浪者という意味の英語タイトルが付けられたのは、バガボンド。バカ、じゃないですよ。バガボンドです。吉川英治原作の「宮本武蔵」を元に聾唖者の佐々木小次郎など、井上雅彦氏によるアレンジも加えられています。多くの人に支持されているのは、緻密な画と、武士でありながらも弱さが垣間見える登場人物に対する親近感でしょうか?現在モーニングで愛読していたという方も多いのではないでしょうか?
六本木ヒルズ、気になるテナント事情
健康のために求められる「自然食」
戦場のオアシス「ミリメシ」とは何ぞや?
GWはモーツァルトで熱狂しよう!
酢の王様「バルサミコ酢」の華麗なる世界
日本のパワースポットを訪ねる
トライアスロンをしよう!
ニューヨーカーのデートコースって?
異国の“味”がつまった民族楽器
銀座の老舗
お正月の風物詩:凧揚げ
女性の魅力満載のベリーダンス
地球のロマン・映画で巡る世界遺産の旅
今年こそ! 大人のクリスマス
天満天神繁昌亭で上方落語ブームを体感!
地球環境問題への第一歩を踏み出そう

コスメにもSAMURAIが!
アランドロン・サムライ

 SAMURAIは、コスメ界にも進出しています。名優アランドロンが日本の侍をイメージしてつくった、 アランドロン・サムライ