日刊 勝ち組スポーツ・勝ちスポ!
鎌倉デートスポット

今こそ侍 SAMURAI!

映画で見るSAMURAI

 「侍」という人々……。海外には未だ、日本人男児は髷を結って、刀を差し切腹すると思っている人がいます。かたや日本では、時代劇でしか存在しないもの、大昔のものとして捉えている人も多いようです。しかしながら、この日本に約150年前まで、侍は生きていた、そう思うと、感慨深いものがあると思いませんか?

 ここ数年、侍は「SAMURAI」として、世界中で見直されつつあります。そんな流れに大きく貢献しているのが映画、ラストサムライでしょう。渡辺謙を日本の俳優から世界の俳優にした作品でもあり、日本人から見ても、外国人から見ても「SAMURAIってかっこいい!」という思いを強めた作品と言えるしょう。

 その後、SAMURAI映画の支持は高まり続けています。注目してみれば、日本にはSAMURAIを題材にした良作が数多く存在するのです。寺尾聡演じるお人好しの浪人が魅力の、雨あがる。冴えない武士、清兵衛が武士としての役割を果たすまでを描いた、たそがれ清兵衛。ここでのメンバーが再集結し製作された、隠し剣 鬼の爪。こうして見ると、SAMURAIの概念そのものが、人情味溢れたものに変わりつつあるようです。
ラストサムライ
鎌倉デートスポット

めざせ「おしゃれパパ」スタイル!
沖縄のザ・ブセナテラスに行ってきた
究極の「焼きいも」を探せ!
今年こそ! 大人のクリスマス
「自分の島」を持とう!
夏バテを防止する&解消する方法はこれ
焼鳥屋で幻の一品? 白レバーを食す
おもしろペット大集合!
留学・駐在・起業…「大連」の魅力とは
讃岐うどんの魅力に迫る!!
地球にも人にもやさしい「蚊帳」
アメリカのエコライフとは?
テーマパークごとの超リッチホテル
古都の旅情を満喫〜京都・柊家旅館〜
一般人だって、歯は命!
ドミノの世界
サムライチャンプルー

アニメ&コミックにも登場!

 フジテレビの深夜枠でテレビ放送もされていた、人気コミックを、あなたはご存知でしょうか?サムライチャンプルーは、アメリカでも吹き替え版が放送されたことが話題ですが、元はコミック。ムゲン、ジン、フウの3人での旅を描いたものです。ケロロ軍曹などでお馴染みの少年エースから生まれたこのコミック。ちょっと風変わりなのは、時代考証が一切考えられていないということ。現代感覚そのままで見られる。なのに侍。それこそが現代求められているSAMURAIなのかもしれません。

 もう一つ、放浪者という意味の英語タイトルが付けられたのは、バガボンド。バカ、じゃないですよ。バガボンドです。吉川英治原作の「宮本武蔵」を元に聾唖者の佐々木小次郎など、井上雅彦氏によるアレンジも加えられています。多くの人に支持されているのは、緻密な画と、武士でありながらも弱さが垣間見える登場人物に対する親近感でしょうか?現在モーニングで愛読していたという方も多いのではないでしょうか?
ツール・ド・フランス2007年速報!
ありきたりじゃない旅 〜inアフリカ〜
もてアイテム・スニーカー
懐かしき魅惑のおやつ 手焼きせんべい
味噌汁だって主役なのだ!専門店登場
なんとも不思議な楽器 テルミンの音色
愛と夢が凝縮された「キャラ弁」の世界
大人の音楽“モダンジャズ”に浸る
意外と知らない「出産祝い」のツボ
クルマ・ジャガー所沢 ハンユウ株式会社
モバイルオーディオの楽しみ
紅葉の秋、古都・京都でデート!
相撲を楽しんだあとは“ちゃんこ”を満喫
パワーストーンで願望成就!
さあ、憧れのマジックを覚えよう。
カスタムナイフは男の趣味

コスメにもSAMURAIが!
アランドロン・サムライ

 SAMURAIは、コスメ界にも進出しています。名優アランドロンが日本の侍をイメージしてつくった、 アランドロン・サムライ