日刊 勝ち組スポーツ・勝ちスポ!
鎌倉小町通りを食べ歩き

将来のための別荘探し

別荘に望む条件とは?

勝ち組のシンボル、別荘。
「どうせ持つなら」とつい多くのことを望んでしまって、すべての条件を満たす物件を探しているうちに面倒になってしまい、なかなか購入に踏み切れない……そんな方が大多数ではありませんか?
別荘地として有名な場所を上げてみると、軽井沢に清里、那須高原に伊豆、下田などが浮かびますが、このへんの別荘地は既に良い場所は売りつくされてしまっていて、今から買えるものはアパート以下の物件だったり、とても別荘と呼べる物件ではないものが多いそうです。さらに人口密集度が高く、せっかく癒しと静けさを求めて別荘を買ったのに、聞こえるのは川のせせらぎどころか周囲の喧騒。空き巣被害や、隣近所の住民とのトラブルも多いと聞きます。
では、どんな土地の、どんな別荘なら、あなたの希望を満たすことができるのでしょうか。
例えば、空気がよくて、食べ物も美味しくて、趣味も楽しめて、温泉があって、都会からの交通の便がいい方が有難いですよね。できれば管理が楽な方がいいし、ゆくゆくはそこに住めるような、安全で快適な地域がいい。そうそう、近くにゴルフ場が最高だよなぁ……。
なんて思っている方はいませんか? 
そんな我が侭な条件を満たしてくれる物件が福岡にあります。

鎌倉小町通りを食べ歩き

讃岐うどんの魅力に迫る!!
茶の湯を覚えて女の子からモテモテに!
洗顔&シェービングで男を上げる!
イタリアの高級別荘地 コモ
第73回日本ダービー特集
ホルモン焼を食べつくせ!
ゴルフの「醍醐味」は名コースにあり!
自宅で極上のバスタイムを演出しよう
B級グルメ探訪〜東京編
IKEAが日本進出!
徹底分析〜「温泉たまご」とは何だ!
花や緑のある暮らしを楽しみませんか
嗜好品の最高峰・コーヒー。究極の一杯
スカンジナビアの優れたデザイン達
世界の牡蠣を食す!オイスターバー
デキル男の個性派システム手帳
美奈宜の杜

杜の生活、『美奈宜の杜』

福岡市から車で45分、筑前の「小京都」と呼ばれる秋月に程近い場所に、『美奈宜の杜』はあります。別荘地というより、そこは第二の人生を送るために作られた、新しい「ふるさと」。国の認定事業である「新ふるさとマイホーム推進事業」や「地域住宅計画推進事業」の認定を得て建設された新興の居住地区です。

「美奈宜の杜」は、湯量が豊富な天然温泉が湧き出す温泉地でもあります。
町の中心地に、「杜の湯」という離れ家を貸切しきりできる温泉旅館があり、日帰りでものんびりとくつろぐことができます。
さらに現在、温泉付きの建売住宅が完成し、注目を集めています。なんと値段も1600万円代から岩風呂付きの物件があり、2780万円(土地・建物)の物件では露天風呂がついています。もちろんお湯は地元の天然温泉。
四季を通じて自然を楽しめ、春はお花見、夏はホタル狩り、秋は栗拾い、冬は雪見で露天風呂なんて、素敵ですよね。もちろん一年を通して楽しめる、ゴルフ場(秋月カントリークラブ)、テニスコートが町の中心地にありますし、地域での年中行事も充実しています。地元でできた気のあう仲間とゴルフ帰りに温泉三昧、なんて夢のような暮らしではありませんか。


ネイルサロンに行ってみよう!
入学シーズン! 子どもの勉強机を自作する
日本が誇る密室文化!ウォシュレット秘話
クルマ・ジャガー所沢 ハンユウ株式会社
ネット活用で春こそ大人デート!
古民家テイストで暮らそう
金沢の金箔貼りを体験!
トライクってかっこよくて楽しいみたいだ
コートドール実食レポート
アユ釣り解禁!銀色の女王を釣り上げる!
ダッチオーブンで七面鳥を焼く
下関でふぐを食べつくす豪華旅行
サステナブルなエコロジーグッズ
グルメの集まる店オーグードゥジュール
心をデトックス!? 感情モニタリング
役立たずでも面白い! 検定に注目せよ

ふるさとは自分で作る

「ゆとりのある暮らしを送るアクティブシニア」のため、街全体が壮大なコンセプトワークのもと開発されているので、病院などの医療・介護施設、公共施設などが充実していますし、何より24時間体制のセキュリティシステムが完備されているので、週末だけの利用でも安心です。

首都圏のサラリーマン約3000人を対象にしたアンケートでは「将来は、地方、もしくは農村に住みたい」という方が40%という調査結果があります。

現役の今は「休暇のための別荘」として使い、仕事をリタイヤしたあとは「老後の住まい」として移住を考えてみる。同時に休暇を楽しみながら「第二のふるさと」を自分で作り、居住環境や人間関係を育てていく、というのが新しい「別荘」のあり方なのかもしれません。
まずは下見を兼ねて、週末あたりに温泉につかりに行ってみるのはいかがですか?