日刊 勝ち組スポーツ・勝ちスポ!
横浜を散歩するならさんぽす

悩みの口臭を根こそぎ消去! 

くさいくさいお口がくさい
誰もが嫌うあなたの口臭

小林製薬の調査によると、男女とも人間が発する臭いで一番気になるのは「ヒト(自分以外)の口臭」なのだそうだ。

「今日、息くさいから気をつけてね」

出がけに嫁に言われ、コンビニでヨーグルトを買う。昔、胃潰瘍を患ってからだ。時折、タマネギが腐るような臭いが口から出るようになった。自分ではほとんどわからないが、たまに風向きだろう、何だこの臭いは?と周りを見回して、周りに誰もいない時はショックだった。

口臭の原因は歯周病菌と内臓疾患なのだそうだ。以前から比べて、胃潰瘍に由来する臭いはずいぶん減った。歯周病は歯磨きで治るだろう、と気をつけて磨くようにしていたのだが、先日、虫歯の治療途中で放り出していた前歯が砕けた。ビックリした。動いているな、と舌で押したらボロンと取れた。根元から割れて砕けた。

年寄りの歯がなくなるのはどうしてだろうと思っていたが、こうやって少しづつなくなっていくわけだ。

(成長が反転して衰退へ向かい始めたのだな。青春の終わりだな)

感慨に浸っている場合ではない。前歯がなくなると、すごく間抜けだ。口を押さえて笑わなければならない。お前は芸者ガールか。しかも歯が壊れて口腔環境が荒れ始め、歯茎から血は出るわ、他の歯までうずくわ、メチャメチャである。どうしたものか。

……。どうしたものか、じゃないだろう。歯医者に行け。
口臭
横浜を散歩するならさんぽす

発明でどーんと稼いじゃおう!
秋デート 松茸狩りで お腹一杯
香水でセクシーな男を演出
日本各地に眠る埋蔵金伝説に触れる
プライベートジェットを手に入れろ!
エキゾチックな世界「ドバイ」をENJOY!
味噌汁だって主役なのだ!専門店登場
花や緑のある暮らしを楽しみませんか
世界が夢中!憧れの靴マノロ・ブラニク
ロボットミュージアムin名古屋
社交ダンス〜新たなる魅力への誘い
ノスタルジックな味わい〜ハンガリー料理
日本の伝統音楽がフィットネスに!
グッドなデザイン、集めてみました
北九州に行こう!
髪の毛から醤油?! つくってみた
ほんだ歯科

細菌のことは細菌にお任せ
プロバイオティクスで口臭治療

口臭は基本的に3種類ある。メチオニンと血液、細菌が反応してできるのがメチルメカプタン。歯周病で口の中で出血があると出る臭いだ。硫化水素は食べ物のアミノ酸などが白く角化したシステインと細菌が結びついて発生するといわれている。ジメチルサルファイドは食べ物が代謝されている時に胃から出たり、肝臓の病気に由来したりする。このうち、メチルメカプタンと硫化水素を防ぐことが歯科医療としての口臭治療である。

食べかすが舌と歯周病ポケットにたまり、そこで歯周病菌などの腐敗菌が増殖する。そこで殺菌作用の薬剤でうがいをしたり、歯茎に塗布、あるいはレーザーで歯周ポケットを深部から焼き切るといった治療がほとんどである。

だが口の中はそう単純ではない。口腔内では乳酸菌などの発酵菌(善玉菌)と腐敗菌(悪玉菌)が細菌叢(細菌の集団)を作っている。このバランスが保たれていると、悪玉菌は善玉菌によって除菌され、歯周病などの疾患は発生しない。口臭も予防される。口臭治療として口の中を殺菌してしまうと、善玉菌も死滅してしまうため、口臭が悪化することがある。

そこで善玉菌や善玉菌の栄養源を投与し、細菌叢のバランスを回復させる行為をプロバイオティクスと呼ぶ。

大阪にあるほんだ歯科の本田俊一先生は口腔内善玉菌Aktiv-K12を発見した。そしてAktiv-K12を使った口腔ケア商品がセラブレスシリーズである。Aktiv-K12の他に歯磨き粉、クリーナーなどがセットになっている。
一度はやってみたい!贅沢マグロ三昧!!
インドの古代医学 アーユルヴェーダ
季節を体感、満喫デート
ドレスシューズ
「一服を楽しむ銘茶を探そう」
NYメンズファッションレポート
おさかなスィーツ登場
パートナーのハートをがっちり掴むデート術
噂の「塩スイーツ」を食べてみた!!
あなたの為に世界に一つだけの花
「自分の島」を持とう!
ecoバッグを持とう!
中国ビジネスの鍵はニセモノ対策!?
ANAインターコンチネンタルホテル東京
男40にして始める羊毛フェルト人形作り
徹底解剖!ハタラク中国人のお仕事意識

口腔内環境を整えるAktiv-K12
口の中に定着させるセラブレスシリーズ

ほんだ歯科または提携の歯科医院でのみで販売されているこの製品、価格はスタートキットが17,840円(税込)。さらに購入前に歯科医によるカウンセリングと使い方説明を受けなければならない。自分は210円の歯磨き粉を使っているので、値段を聞いて腰が引けたが、これで口臭が消滅するなら、安いかもしれない。

使ってみた。1週間の集中ケアの後、毎週1回のケアを製品がなくなるまで続け、あとは半年ごとにチェックを受け、必要な製品を購入するというのが治療サイクルだ。

付属の歯磨き粉や舌掃除の器具で口の中をキレイにする。朝起きてすぐに行うのがミソ。食後の歯磨きが奨励されているが、あれは間違い。食事をすると唾液により口内の腐敗菌はほぼいなくなる。その後、再び腐敗菌が増殖する。腐敗菌のいない食後に歯磨きをしても、効果は薄いのだ。唾液が出るように無糖のガムを噛んだ方が良いらしい。

準備ができたら、Aktivオキシゲンという液状の薬品を1ml、10mlのジュースに溶く。100%ジュースに、とあるが、面倒なので水に溶かしてうがいをした。ジュースに溶く理由はたぶん細菌のエサにするためだろうと思うが、ないものは仕方がない(気になったので、後でみかんを食べた)。

結構、薬くさい。続いて粉末のAktiv-K12を10mgを10mlの水に溶き、うがい。口の中に行き渡らせる。たったこれだけ。これを朝と夜に1回やり、あとは朝だけ同じ工程だ。

1時間ほどたった。気がつけば……何だか歯茎が締まっている。酸っぱいものを食べたみたいに、ぎゅっと収縮しているのがわかる。効いている? 効いているのだ。
セラブレスシリーズ