日刊 勝ち組スポーツ・勝ちスポ!
横浜を散歩するならさんぽす

大人だからこそ!絵本を読もう!

絵本が映画に!
みんなにすっかり人気のあいつ

 小さい頃、誰にだって1冊はあった「お気に入りの絵本」。ボロボロになるまで何度も何度も読んだのに、今となってはすっかり忘れてしまっている……。そんなことはありませんか?ロハス、スローライフという言葉が広がり、ゆとりある、人間らしい生活を求める人が増えている今日この頃。私たちが求めているのは「癒し」ではないでしょうか?大人だって、いや、大人だからこそ、絵本を読んでホッと一息つきませんか?

 トップバッターは、おさるのジョージ。最近は映画化されたことでも話題になりました。主題歌を、あのジャック・ジョンソンが歌ったことで、話題性も抜群です。残念ながら上映は終了してしまいましたが、同じ世界を絵本で楽しむことができます。いたずらばかりしてしてるけど何だかにくめない、ジョージの姿を見ていれば、心がほんわかしてきますよ。

 絵本を家に置くのは何となく気恥ずかしいという人は、洋書を手に入れてはいかがでしょうか?インテリア性は抜群!絵本ならそれほど難しい単語も出てこないので、英語の勉強にもなって一石二鳥かも!?しれません。
おさるのジョージ
横浜を散歩するならさんぽす

異色のウォッチメーカー -Sinn-
鉄道模型はリッチマンの証
あなたの為に世界に一つだけの花
ママの味?シェフの味?イマドキのカップケーキ事情
B級グルメ探訪〜東京編
香水でセクシーな男を演出
あの人の思い出をいつも〜骨壷の事情
1度はやりたい!ドクターフィッシュ
至高の酒・シャンパンを楽しむ
今からチェックするクールビズ
男はワイルドに!〜ハンティング〜
男性美容・デキる男のリフレッシュ!午睡を満喫
今宵は誰と頬張る?あったか「おでん」
小粋でいなせなイマドキの屋形船事情
大人の音楽“モダンジャズ”に浸る
定番だからこだわるジャケット・コート
絵本

昔から知っていたあの作品を
もう一度読みたい

 昔読んでいたあの作品、もう一度読み直してみませんか?例えば、きっと皆さんも一度は手にしたことのある、ぐりとぐら。二匹が大きなかすてらを作る様子を見て、思わず食べたくなってしまったこと、ありませんか?

 100万回生きたねこは、100万回生まれ変わって初めて、自分以外の存在を大切に思う気持ちが芽生えたねこの話。大人の今になって読んでも、考えさせられる話でしょう。

 宮沢賢治の作品は、大人向けに文庫化された短編集でも読むことができますが、絵を見ながら読めば、宮沢賢治ワールドが何倍も広がるでしょう。あの独特のイメージは、いくつになっても色あせることがありません。

 海外からも一つ。レオ・レオーニによる作品は、作者の名前こそ聞いたことがなくても「スイミー」や「あおくんときいろちゃん」といった作品は読んだことがあるのではないでしょうか?美しく繊細な印象の絵は、大人になった今の方がより楽しめるかもしれません。
雑穀で健康ボディ
毎日の食卓にカヴァを!
キノコの家? セカンドハウスはドーム型
なんとも不思議な楽器 テルミンの音色
ビッグスクーターでタンデムツーリング!
最新の生活様式“ロハス”を知ろう
アートとしての青白磁、その美の魅力
女性を撃ち抜くセクシートランクス
ファンを増やしつづけるフリークライミング
ドイツW杯テレビに映らない見所を探せ!
日本が誇る密室文化!ウォシュレット秘話
ミニベロの誘惑!
上澄みが絶品? 紹興酒を甕(かめ)で買う
蜂蜜酒にバラの酒 これからの酒は“甘い”
「和傘」その美しさに魅せられる世界
漂泊の自由人・ゴーギャンの誘惑

やなせたかしさんの名作
アンパンマンを読んでみる

 お次は、今でこそ、アニメーションの方が有名なアンパンマン。実は放送開始の15年も前から絵本への掲載が始まっていたことは、ご存知でしょうか?アニメーションは、比較的原作に忠実ですが、それでも絵本独特の温かな色合いは、手元に置いておきたくなる仕上がりです。ストーリーもとても味があり決して子供騙しの話ではありません。登場人物が多いのも特徴。何冊も読めば知らないキャラクターの存在に、思わず「へぇ〜」と言ってしまいそうです。

 ところで、アンパンマンのモデルには、様々な説があります。作者、海軍の特攻隊であった、作者やなせたかしさんの弟さんがモデルだと言う説は、アンパンマンが自分も傷つくことで正義をまっとうしている姿を指しているようです。また、自分のパンを与える姿は、まさしくイエス・キリストだと言う人もいます。真実はいかに?考えれば、より深く読めるかもしれません。

 アンパンマンの世界をさらに深めたいなら、四ツ谷消防署近くにある、アンパンマンショップへ。これでもか!とグッズが揃いますよ。
アンパンマン