日刊 勝ち組スポーツ・勝ちスポ!
お散歩するならさんぽす

下関でふぐを食べつくす豪華旅行

今年のスペシャルな旅行プラン!
天然とらふぐを求めて下関へ!

 今年も肌寒くなり、ぐつぐつ煮えたお鍋の恋しい季節となりました。アナタはお鍋と言えば、どんな材料を想像しますか?うーん、タラもいいし、キムチも捨てがたい。しかし最も豪勢にきめるなら、やっぱり「ふぐちり」ではないでしょうか!?コラーゲンたっぷりのふぐちりをつつきながら、脳裏にじわっと「幸せ」の二文字が浮かび、寒さなんて吹っ飛んじゃいますよね!

 勝ちスポでも以前に、「特選!超高級ふぐ料理の銘店」として都内にあるふぐの名店とその選りすぐりの料理をご紹介いたしました。「どのお店もおいしそう!早速予約して…」と、いきたいところですがちょっと待った!!今回はさらにスペシャルな、とっておきの名店をご紹介したいと思います。その名店、どこにあるかって?場所は、…いわずと知れたふぐの本場、「下関」!

 そう、今回は思い切って、山口県は下関市まで行ってふぐを食べちゃおうという企画をご提案したいと思います。都内からのアクセスや下関近郊の見所も併せて詳しくご紹介。冬将軍様がやってくる前に、しっぽりと秋の下関でふぐ料理をお腹一杯食べるプラン。彼女と、友人と、家族と…とにかくオススメの大満足コース。必見です。
下関夢タワー
お散歩するならさんぽす

男はワイルドに!〜ハンティング〜
ITがスポーツを科学する!
うわさの“つくし飴”その正体は?
女性の魅力満載のベリーダンス
金沢の金箔貼りを体験!
寒い冬こそ“お取り寄せ”!
マリー・アントワネットってどんな人?
豪華客船クルーズ・飛鳥2デビュー特集
キャンプをワイルドに楽しもう!
タイムスリップ感覚で下町デート
パリの高級レストラン”タイユヴァン”
PLCを使って家庭で簡単ネットワーク
女性は手づくりでイチコロ!フラワーアレンジメント
手軽にできるプチ出家体験 坐禅に挑戦
おもしろグッズ通販サイト
知られざる「観葉植物」のチカラ!
ふぐさし

下関ではふぐは「フク」と呼ぶ!\?
ふぐを食べて福を呼び込もう!!

 下関へのアクセスは様々な方法があります。飛行機はもちろん、JR、バス、なんと航路も!下関市のHPではどのルートも詳しく説明されているので、ご参照あれ。オススメはやはり最短時間の飛行機。なんと山口宇部空港へ直接飛ぶより、まず九州の北九州空港もしくは福岡空港へ飛び、そこからバスに乗ったほうが早いというのが面白いところ。羽田から約2時間40分で下関市に到着です。

 さあ、お次は宿のご紹介。市内の宿ならどの宿も、やっぱりふぐ料理がウリですが、今回はその中でも有名どころをご紹介します。旅行に行ったからには多少無理しても、はずれなしの名店に泊まりたいところですよね?

 まずは創業60年の老舗割烹旅館「寿美礼」。ふぐのフルコース、白子付きプランは3万3千円也。高価ですが絶品ふぐちりとふぐ雑炊を食せば、ぐうの音も出ぬ事間違いなし。

 お財布と相談しつつ、もうちょっとリーズナブルな方が…という方にオススメなのがコチラ。JR下関駅から徒歩5分の好立地にある「すみよし別館」です。なんとコチラは宿の大将が直接ふぐの網を引いているとの事。一泊二食付きで1万8千円から、鮮度抜群のふぐ料理が味わえます。一日15組の限定プランなので、早めに予約が肝心!

 「下関ふく連盟」では、他にも多数の旅館を紹介しています。温泉もあるので、じっくりアナタ好みの宿を見つけてください。
和の粋「火鉢」を楽しもう
優雅に香るシガーが大人を演出します
ファンを増やしつづけるフリークライミング
日本のパワースポットを訪ねる
夏直前、一足先に都内ホテルのプールで大接近
アメリカのエコライフとは?
ベビーサインで赤ちゃんと遊ぼう!!
懐かしき魅惑のおやつ 手焼きせんべい
あの人を呼びたい!講演依頼のHOW TO術
役立たずでも面白い! 検定に注目せよ
B級グルメ探訪〜地方編
親密だから許される、下着のプレゼント
日本の旨い物〜高級珍味
チョコレートは酒に合う
木のお風呂道具で、湯〜たり度アップ!
ユニバーサルデザインの現在

行かなきゃ損!!の唐戸市場!!
ふぐづくしの贅沢を存分に味わおう!!

 さてさて、宿に泊まった翌日はゆっくり朝寝坊して…ダメダメ!!早起きは三文の得ですぞ。宿の朝食もいいけれど、ここまで来たからには思い切って市場へ向かいましょう。「唐戸市場」は市民や観光客に開かれた市場です。賑やかな競り場の見学や買い物が楽しめると人気上昇中。なんとふぐのお刺身やお寿司、みそ汁などが格安、かつその場で食べられます。オススメはふぐの「から揚げ」。あの独特のむっちり・ぷりぷりした感触が市場の活気ある雰囲気の中で弾けてもう堪らない!まさに行かなきゃ損なスポット。

 帰りがけに寄りたいのが、市場の近くにある「カモン・ワーフ」。ふぐのかまぼこや干物といったお土産も多数そろえているので、旅の記念はここでまとめて調達可能。そして、小腹が減ったら「ふぐ天丼」はいかがでしょう?サクサクの衣が美味で昼食にぴったりです。また、このカモン・ワーフでしか購入できない「ふぐバーガー」350円も。ここまで来たらお腹が減っていなくとも、とりあえず味わうしかありません!

 下関満喫ふぐの食べつくしツアー、いかがだったでしょうか?都会が絶対に真似できない、本場ならではの豪快なふぐ料理の数々に巡りあえるこのプランは本当にオススメ。ふぐだけでお腹いっぱい、という最高の贅沢を、たまにはご自分にプレゼントしてみても決してバチは当たらないはず。
市場