日刊 勝ち組スポーツ・勝ちスポ!
横浜中華街おすすめ食べ歩きマップ

靴の宝石ベルルッティで最高の一足を

足元のオシャレこそが
ファッションセンスを決める

 オシャレは足元から……という言葉を聞いたことはあるだろうか。ファッションを気にして、スマートなパンツをはいて、素敵なシャツを着る。バッチリ決まって、格好いい俺の出来上がりだ。しかし、足元はどうだろう? いつもはいている革靴かスニーカーで済ませたりしていないんだろうか。もちろん、それが悪いといっているわけではない。せっかく上下をオシャレな洋服で決めたなら、足元も最高のオシャレをさせてあげたいところだ。

 普段の服装に合うような、自分好みのデザインで選ぶもよし、新しいデザインに挑戦するのもよし。新しい場所へと自然と足を運びたくなるような、そんな新しい靴を見つけようではないか。世の中には靴と一言で言っても、デザインはもちろん、素材なども多岐にわたり、その金額もピンからキリまである。今回は、靴の宝石とも呼ばれる、最高の靴を紹介したい。

取材協力
Berluti ベルルッティ青山本店
berluti(ベルルッティ) 革靴
横浜中華街おすすめ食べ歩きマップ

大学発ブランド「近大マグロ」探訪
究極の癒しだ!イヤーエステ初体験
PLCを使って家庭で簡単ネットワーク
六本木ヒルズグルメランキング・和食
文豪の愛した食事
伊豆・河津温泉「抹茶風呂の宿つりばし荘」
賢い選び方はこれ!ペットフード
ホームジムで贅沢ボディに贅肉ナシ!
パリの高級レストラン”タイユヴァン”
冒険&ヒーリング ダイビングのすすめ
ニューヨークの美術館
白クマ・ウォッチング〜カナダ チャーチルの旅
北九州に行こう!
日本が誇る眼鏡職人
防音マンションで音楽と共に暮らそう。
berluti(ベルルッティ) 革靴

最高の靴と出会える場所
それがベルルッティ

 最高の靴は一体どこにあるのだろうか。一流ブランドの靴もいいかもしれないが、せっかく選ぶなら一生物になるような靴を探そう。フランスの「ベルルッティ」がオススメだ。

 ベルルッティの歴史は、100年以上前に始まった。フルオーダーで作る靴を取り扱ってきた。現役のデザイナーはもともと男性靴の職人でもあり、ベルルッティファミリーの一員であり、さらにアートディレクターでもあることから、靴としての性能はもとより、デザイン性も豊かな作品を作り出している。もちろん、早く靴がほしいという時代の流れにあわせ、既製品も制作するようになったという。

 古くからの歴史を受け継ぎ、作り上げられた靴だからこそ持つ、最高の履き心地がある。この履き心地こそが、靴の持つ財産として、ベルルッティは靴を提供してきている。足元を最高の財産で包み込んでみるのも、勝ち組らしくて良いのではないだろうか。



オフィスワーク効率UPの超快適グッズ
映画の世界を旅しよう!
B級グルメ探訪〜東京編
オーロラを見にいく
マカロンはお好き?
行きたい!ドバイへの旅
あの勝ち組社長のブックマークに習おう
異国の“味”がつまった民族楽器
エグゼクティブご用達のブランドバッグ
浴衣で粋な夏をすごす
ニュージーランドに住んでみよう
古くて新しい「古書」売買が今熱い!
60's−80's「大人のROCK」入門ガイド
ワンカップで日本全国飲み歩きの旅
この夏「ヘッドスカーフ」が流行中!
和風クールビズ「手ぬぐい」が大人気!

フルオーダーで作る靴
自分だけの一足を手にしよう

 ベルルッティの靴の特徴は、先ほどから何度も言っている通り「履き心地」だ。デザインを重視するあまり、足を締め付けるものであったりしては、靴としてはまだまだというわけである。素材も良い皮を使用しているため、優しく足を包み込んでくれる。

 ところで、革靴というと黒や茶色の靴を想像してしまう。しかし、ベルルッティの革靴は、ベーシックなカラーだけではなく、グリーン、グレー、イエローなどの革靴も用意できる。もちろん、フルオーダーで靴を作るような場合には、デザインだけでなくカラーも自分の好みで入れてもらうことだって出来るのだ。フルオーダーの靴は、ベルルッティで年に2回(大体5月と11月)、フランスから職人が来日して木型を作るそうだ。早速今年オーダーしてみてはどうだろうか。ほかに二つとない、自分専用の最高級の靴を一生に一足くらいは持ちたいものだ。


お知らせ
第14回目Berluti ベルルッティ「スゥ・ムジュール」受注会
日時:平成18年11月10日(金)〜11月16日(木)  ※13日を除く
場所:ベルルッティ青山本店
電話:03-5775-3451
価格:53万円より(税込み)
berluti(ベルルッティ) 革靴