日刊 勝ち組スポーツ・勝ちスポ!
お散歩するならさんぽす

六本木ヒルズ、気になるテナント事情

勝ち組のシンボル
六本木ヒルズで働く

 もはや、勝ち組の象徴として定着した「六本木ヒルズ」。このビルで働いていなければ、勝ち組ではない!とまでは言わないが、このビルには、そこで働いているというだけで社会的なステータスとなるくらいの魅力と知名度がある。ご存知の通り、六本木ヒルズ森タワーは地下の駐車場から、地上54階までを有する高層ビルだ。そして、7階から48階がいわゆるオフィスフロアとなっている。時代の先端を行く様々な事業がこのオフィス内で展開され、日本を引っ張っている。もちろん、ビルにはオフィスだけではなくレストランや流行のカフェ、ショップなども入っているので、遊びも充実。平日、土日、昼夜問わず大勢の人が集まるスポットとなっている。

 六本木ヒルズには、テナントを賃貸してオフィスを構えることができる。現在入っているオフィスの多くがそうであろう。勝ち組と一員としては、ぜひとも勝ち組の象徴である「六本木ヒルズ」にオフィスを構えたいもの。それにはまず、六本木ヒルズに詳しくなるところから始めてみよう。

関連記事:気になる「あの一流ビル」のテナント料

六本木ヒルズ
お散歩するならさんぽす

Xマス直前。究極の過ごし方を提案!
讃岐うどんの魅力に迫る!!
男の爪はステイタスの証!?
ホームジムで贅沢ボディに贅肉ナシ!
ヘタでいい、ヘタがいい〜絵手紙入門〜
サッカーチームを持とう
蜂蜜酒にバラの酒 これからの酒は“甘い”
驚きのアイテム勢揃い USBを楽しめ!
映画を作るには?
ヴィンテージカー値上がりランキング
人気沸騰中!米粉のパン&洋菓子
すぐにでも実践したいホビングリッシュ(大人編)
ウワサの「炭酸泉」
「米ぬか」はカラダにもお肌にも栄養満点!!
髪の毛から醤油?! つくってみた
男ならクルマと別荘・中古外車編
六本木ヒルズ

オフィスとして充実の設備
さらに最高の眺望も

 テナントの詳しい情報や料金については、「森ビル」のホームページをご参照いただきたい。貸室の広さなどははもちろん、部屋によって前後すると思われるが、オフィスとしてかなりの有意義であることが容易に想像される。室内には、電源配線が収納でき、スマートな床にできるような装備や、セキュリティなども標準で備えているようだ。建物自体は地震時に強い制震構造をとっており、災害時でも心強い。また、天井の高さもゆとりを持って作られているので、のびのびと仕事に打ち込むことができそうだ。

 この環境がそろえられれば、仕事が必然とはかどり、なんだか業績も伸びそうだ。実際、現在このビルにオフィスを構える企業や、住居として利用している人々からは、眺望のよさなどの評判もかなり高いという。仕事に行き詰ってきたら、窓の外を眺めるだけでもよい気分になれるだろう。仕事を効率よく充実させるには、適度な息抜きが必要だが、このビルではそれがすでに備えられているというわけだ。

「廃墟」の魅力を解く
雑穀で健康ボディ
黒いトマトから究極のトマトまで〜フルーツトマトの世界
運命の出会いを求めて〜パーソナルチェア〜
男が作る燻製
ドライビングシューズを履きこなそう!
五・七・五は魂のリズム!
古くて新しい「古書」売買が今熱い!
街を、自然を、MTBで駆け抜けよう
季節を体感、満喫デート
パワーアップ風水
テーブルサッカーで、もう一つのW杯!
日本発祥!インスタントラーメン
アマ野球チームを作ろう!
魅惑の世界遺産を巡る旅・エジプト

ヒルズ族になる準備
まずは下調べから始めよう

 会社で働く人間に対して、かなりの魅力を持つ六本木ヒルズ。いわゆるヒルズ族になるために資格は必要なわけではない。実際には、空きがなければ借りることはできないし、すぐさまオフィスを構えられるとは限らない。タイミングなども重要になってくるだろう。ここでオフィスを構えたいと考えている方は、情報を細かくチェックしておこう。いつか、アナタのために空きがでるかもしれない。ちなみに、現在入っているテナント総数は40社となっており、IT企業や外資系金融、法律事務所などの割合が比較的多いようだ。

 まずは、オフィスを構える前に、六本木ヒルズを訪れよう。カフェやそこを訪れる人々の様子や働く人々の姿を見て、自分がここでどのように時間を過ごすのかシミュレーションしておこう。実際にここに根を張ったときには、まるで昔からいたかのように、時間を過ごすことができ、思い描いたとおりの仕事をこなすことが出来るだろう。



六本木ヒルズ