日刊 勝ち組スポーツ・勝ちスポ!
横浜デートスポット

紅葉の秋、古都・京都でデート!

芸術の秋ならではの、体験デートで
彼女も大満足!

 女性の憧れの街、京都。今の季節、紅葉が美しいですよね。いつもとはチョッピリ違う、しっとりとした古都でのデート。そんな和やかな空間の中、京都ならではの体験をして、彼女との心の絆を深め、多くの思い出づくりをしてみませんか?

 二人で手を繋ぎのんびり散策するのに最適なのが嵯峨野。渡月橋からの紅葉を愛でた後は、トロッコ嵯峨駅に足を運び、トロッコ列車に乗りましょう。かわいい色のレトロな列車、オープンエアの車窓に広がる美しい景観に彼女は、きっと喜んでくれるはず!

 片道7.3km、終点の亀岡駅まで約25分という道のりですが、車掌さんの軽快な案内や、四季折々の表情を魅せる保津渓谷に、時間はあっという間に過ぎてしまいます。帰りは、亀岡乗船場(亀岡駅からバスで約15分)から嵐山下船場まで、保津川下りを楽しむのもよいかもしれませんね。

■関連記事
秋の京都で大人のデート〜宇治名刹巡り
情緒を呑み尽くす 京都で大人のデート
古都・京都を優雅にデート
嵯峨野
横浜デートスポット

焼鳥屋で幻の一品? 白レバーを食す
都会にいながら憧れのログハウスに住みたい
満天の星空を我が家に!
男ならクルマと別荘・中古外車編
風を切る疾走感!高級自転車の世界
仮想世界「セカンドライフ」で人生リセット
ニューバランスのフラッグシップモデルに注目!
茶の湯を覚えて女の子からモテモテに!
日本が誇る眼鏡職人
防音マンションで音楽と共に暮らそう。
懐かしき魅惑のおやつ 手焼きせんべい
愛車のお手入れ
雨が楽しい!そんな「傘」が欲しい!
大人の趣味 手打ちそばに挑戦
デキル男の個性派システム手帳
抗生物質が効かない!?
舞妓

彼女が、女性の憧れ……
舞妓さんに変身?!

 京都といえば舞妓さん。女性なら一度は、美しい舞妓さんの装いをして古都の街並みを歩いてみたいもの!男性も彼女の舞妓姿、是非見てみたいですよね!京都市内には、舞妓体験ができる場所がたくさんあります。「変身舞妓着付協会」なるものがあるので、どこがおススメか聞いてみるとよいでしょう。

 舞妓変身の中でもおススメなのが、町屋「花音」。観光地とは思えないほどの静寂に包まれた京都らしい場所にあり、築100年以上の町家で舞妓さん気分を体験できます。専属のスタッフのみがメイク、着付け、写真撮影をしてくれるので安心です。変身と撮影でOKの方は「紫の上プラン」(10,500円)、変身後1時間自由に散歩ができる「藤壷プラン」13,500円といったコースがあります。

 彼女が美しい舞妓さんに変身したら、一緒に石畳の道を散歩しましょう。町屋「花音」のある路地を抜けると「八坂の塔」、少し歩くと「石塀小路」、お土産物屋さんが立ち並ぶ「二念坂、三寧坂」があるので散歩には最適です。舞妓らしく「おこぼ」の音を響かせながらゆっくり二人で舞妓さん気分を実感してくださいね!
大人のための日帰りバスツアー!
大人の嗜み-スペインワイン
マイナスイオンで快適ライフを送ろう!
オリジナルの「署名」にこだわる!
スカンジナビアの優れたデザイン達
靴の宝石ベルルッティで最高の一足を
男だって紫外線対策!
この冬の「鍋料理」は熱々フォンデュを
カッコいい、頼もしい、頑丈な金庫
水と食品サンプルの町、郡上八幡
男が作る燻製
毎日の食卓にカヴァを!
高級携帯電話でオシャレに決めろ
食事も兼ねた、美術館巡りはいかが?
休日散歩。異文化お参りツアーに行こう
生活に潜む身近な恐怖!!トランス脂肪酸

陶芸体験!
京都「清水焼」にチャレンジ!

 京都市東山区渋谷通東大路西入408(電話: 075-561-3552)にある、清水焼窯元「西村菰軒(こけん)」 で、京都の伝統文化「清水焼」を彼女と二人で作ってみませんか?

 清水焼窯元三代目「西村菰軒」。 西村菰軒の「菰軒」とは植物の「葦」からつけられた名前で、先々代の出身が淀川沿いで淀川の「葦」で「菰(こも)」をくることから由来されているとか……。

 現在3代目の「西村菰軒」を担う西村源治先生は、現在東大寺学園の非常勤講師として生徒やPTA、全国からの修学旅行生に陶芸を教えています。先生の陶芸体験のモットーは「自由な発想で自由に作る清水焼」!この教室ならば、型に捕われず、色々なアイデアを彼女と出しあって、自分達ならではの陶芸品を作ることができますね!

彼女とペアの湯のみやマグカップなどを作れば、ステキな思い出の品となるはず!作品は、乾燥、素焼、施釉、本焼を経て2ヶ月後に送ってもらえます。彼女と二人、思い出話しをしながら、出来上がりを眺める……こんな時間も嬉しいひとときです!芸術の秋、カップルで陶芸を楽しんでみてはいかがでしょう。

季節を体感、満喫デート
清水焼「六兵衛窯」