日刊 勝ち組スポーツ・勝ちスポ!
鎌倉を散歩するならさんぽす

最上級帆船で巡る最高の船旅

長期休暇を有効に過ごす
一味違った旅の提案

 長期休暇が取れたら、どこかへ旅に出て気分転換をする人も多いのではないだろうか。海外のリゾート地へ行って、のんびりゆったり過ごしたり、世界遺産などをめぐって、新しい刺激を受けたりとその楽しみ方は多種多様。好みと目的で旅先を決めている人が多いと思う。今回は、そのあなたの旅の幅を広げる旅を紹介していきたいと思う。

 豪華客船で巡る船旅がある。さながら海上を移動するひとつの街のような豪華客船。しかし、こういった豪華客船の場合はせっかくなら、世界一周など、かなりの長期間を要した旅に出たいもの。そこで、豪華客船での旅より少しだけ手軽に楽しめる船旅として、帆船で行く旅がある。船旅には変わりないのだが、大きな違いといえば、船の動力の1つに「帆」があるところだろう。これがあるだけで、もう1つ船旅の楽しみが増える。色々な旅が「地球の歩き方オススメ旅行会社100」にて紹介されているので、参考にしてみてほしい。

【写真提供】「Star Clippers(www.fotoseeker.com)」
スターフライヤーズ 帆船での旅
鎌倉を散歩するならさんぽす

現地ドイツでW杯を楽しみませんか?
モバイルオーディオの楽しみ
ネイルサロンに行ってみよう!
上澄みが絶品? 紹興酒を甕(かめ)で買う
60's−80's「大人のROCK」入門ガイド
春の京都でしっとりお花見デート
体験型ギフト〜ギフトが贈る素敵な時間
第73回日本ダービー特集
徹底分析〜「温泉たまご」とは何だ!
とっておきの高級ステーキが食べたい!
携帯灰皿は、男のアクセサリーである。
世界遺産アユタヤ
現代風!? 葬儀・墓参アラカルト
これぞ!とんかつの名店!
携帯の良番を手に入れる
ゲームじゃなく鉄道を運転したい!
帆船での旅

豪華客船だけではない
帆船で船旅を120%楽しむ

 帆船は簡単にいえば、帆のついた船だ。今回帆船の代表として紹介したいのが、スター・クリッパーズ社の「スター・フライヤー」。最大乗客数は170名といわゆる豪華客船の乗客数と比べると、規模はかなり小さめとなっている。しかし、沢山乗れればよいというわけではない。スター・フライヤーの乗員数に対する、乗務員の数が70名ほどと言われており、サービスのよさが伺える。船室も清潔感があり、アメニティも充実しているので申し分なさそうだ。

 気になるのがドレスコード。食事などをフォーマルでいただくのは、確かに悪くはないのだが、毎回それではせっかくの休暇もちょっと疲れてしまう。しかし、カジュアル・エレガントが基本となっているので、襟付きシャツを着用していれば、大体問題はないのも帆船のポイントだ。夕食はコース料理で、3〜4種類の中から好きなコースを選ぶことが出来るのも嬉しい。帆船で巡る世界各地でときにはビーチBBQをすることもあり、飽きることなく旅を過ごすことができそう。海上で過ごす旅もアリなのでは。
社交ダンス〜新たなる魅力への誘い
デキる男の姓名判断活用法
ラフティング これぞ自然のウォータースライダーだ!!
包丁にこだわる!
社交ダンスでモテる男の術を学ぶ
今年の夏はビーチバレー
石鹸にこだわれ!
世界標準!大人のテーブルゲーム
サービスエリアの新名物、速弁がうまい!
今年こそ! 大人のクリスマス
悩みの口臭を根こそぎ消去! 
オリンピック観戦ついでのイタリア
日本の伝統音楽がフィットネスに!
色と香りを楽しむフレーバーソルト
防音マンションで音楽と共に暮らそう。
沖縄のザ・ブセナテラスに行ってきた

帆船だからこそできる
とっておきの時間を楽しむ

 船旅をするなら、何よりも海上で過ごす時間を楽しみたい。たとえば、夕暮れ時の甲板で、潮風を受けながら大海原を眺めるなんていうのも、陸上では味わうことの出来ない時間。さらに、豪華客船で行く旅との違いは「帆」にあるのだから、それも十分に満喫したい。帆を張って、風をたっぷり受けて進む船は、まるで大航海時代に生きているかのよう。大型船とは違い、多少の揺れを気にする方もいるかもしれないが、よほどの悪天候でもない限りは揺れを感じないという。

 そして、水兵のようにマストを登り、船の高い位置から大海原を見下ろしてみるのも良い。見渡す限りの青い海。ところどころに見える白い波。日常を完全に忘れる時間になるだろう。陸上では味わえず、さらに大型客船でも味わうことのできない楽しみを存分に感じよう。


帆船での旅