日刊 勝ち組スポーツ・勝ちスポ!
浅草デートスポット

自律移動ミュージックプレイヤーmiuro

新しい音楽の楽しみ方を提供する
ミュージックプレイヤー

 あなたの趣味はなんですか? と聞かれて、映画鑑賞と答える人は多い。それ以上に多いのは、音楽鑑賞を趣味とする人ではないだろうか。音楽は日常の様々なところにあるもの。現代では、もはや音楽なしの日常など考えられないのではないだろうか。それほどまでに音楽が人々の中に当たり前のように存在している。

 最近では、ipodの爆発的な普及や、携帯電話での楽曲再生が可能になったことで、音楽がいつでもどこでも身近に聞けるようになった。かつてのウォークマンから始まり、音楽を携帯することが当たり前の時代だ。音楽好きな人ならば、移動中などの少しの時間でも音楽を聞く人も多いだろう。もちろん、家に帰ってから、自分の時間を楽しむために音楽を聴く人も多いはずだ。今回は、身近な音楽を、これまでにない新しい距離感で楽しむことができる、そんなアイテムを紹介していこう。
自律移動ミュージックプレイヤーmiuro
浅草デートスポット

MOOG(モーグ)の音色に酔いしれる
ハワイに“天国の館”ハレクラニあり!
金の魔力にせまる!
独占報告!中国若者熱烈的恋愛事情
デートにモノレールを使ってみる
カプセル内視鏡 一錠10万円?医療を変える小さな技術
ホームシアターをより快適空間に
世界の牡蠣を食す!オイスターバー
笑い文化の原点に触れてみてはいかが?
手抜き家事のススメ、掃除ロボット参上!
大学発ブランド「近大マグロ」探訪
死ぬかと思った! 加圧トレーニングを体験
ザ・ウインザーホテル洞爺でリッチなデート
一澤信三郎帆布に注目!
色で痩せる・カラーダイエット
ニューバランスのフラッグシップモデルに注目!
自律移動ミュージックプレイヤーmiuro

自ら移動して来るから
音楽がさらに身近になる

 ところで、音楽を聴こうと思ったとき、あなたはどうしているだろうか。たとえば自宅で食事をしているとき、ふと今の食事にあった音楽を聞きたくなったような場合。こんなときに、オーディオがあるのは別の部屋だったら、食事をしながら音楽を聴くのはあきらめていないだろうか。音楽が身近になったようでいて、実は音楽を楽しめるシーンは「音楽を再生する機械のある場所のみ」で展開されている。再生する機械が増えたため、身近になったように感じているが、これまでは音楽を楽しみたかったら、まず人が動かなくてはならなかったのだ。

 しかし、「miuro」の登場で、そんな当たり前のことが覆されることとなった。音楽を聴きたい場所で聞く。自分が移動しなくても、遠隔操作で音楽の方が移動してきてくれる。そんな時代がやってきた。

(写真提供(C)2006 ZMP INC.)
仮想世界「セカンドライフ」で人生リセット
文豪の愛した食事
「熟成古酒」はコク深い大人の味わい
フランス式エコライフとは?
スローに、ハードに水と戯れる カヤック
気になるカエルのお菓子箱。オフィスグリコ
今話題のマヌカハニーって何?
今年こそ! 大人のクリスマス
男の料理はカタチから!
密かに、じっくり!大人の昆虫採集!
2007年 今年こそは初日の出が見たい!
神仏に出会う霊場巡礼
ビルウォールレザーのシルバー、レザー
唯一無二のウェディング「最高の結婚式」
倉敷・最高の地酒を訪ねて
クリスマスカードを送ってみよう!

ロボットのパイオニアによる
自律移動ミュージックプレイヤー

 miuroは家庭用人型二足歩行ロボットのパイオニアであるZMPが開発した、世界初の自律移動ミュージックプレイヤーだ。ミュージックプレイヤーはそのままの意味で理解できるが、「自律移動」とはどんな物なのかがピンと来ない人も多いのではないだろうか。要は、「自律」=「自分で考えて」移動するのである。家の中で、miuroが自分で考えて、自らが移動して、音楽を楽しませてくれるという新しいミュージックプレイヤーの形だ。

 機能的にも、パワーアンプには4chデジタルアンプを搭載し、80mmウーファーと25mmソフトドームツィーターをそれぞれ2機搭載するなど、ミュージックプレイヤーとしても十分な力を備えている。移動には本体両脇の円形スピーカー部分が車輪の役割を果たし、縦横無尽に動き回ることができる仕組みだ。その他に、カメラセンサーなども搭載して、部屋のレイアウトなどを自動で感知出来るようになっているようだ。

(写真提供(C)2006 ZMP INC.)
自律移動ミュージックプレイヤーmiuro