日刊 勝ち組スポーツ・勝ちスポ!
お散歩するならさんぽす

独占報告!中国若者熱烈的恋愛事情

人前でもイチャイチャしたいんです。
中国青春的恋愛風景。

中国の街を歩いて目に付く光景――それは、ベタベタしているカップルが異常に多いことです。手をつないでいたり、肩に手を回していたりは当たり前。バスや電車の中などでは、公然とキスやペッティングを繰り広げて二人の世界に入り込んでいる人々を見かけることも珍しくありません。これらは、日本でやると確実に「バカップル」扱いをされてしまいそうな行動なのですが、彼らの間ではまったく普通。今回は、そんな中国の若者たちの恋愛事情についてご紹介しましょう。
 
日本とは違い、中国で恋人と同棲や半同棲をする学生は、一部の富裕層を除いてはまだまだ少数派です。最近は変化しつつあるとはいえ、大学生は学内の「宿舎」に住む必要があり、男子学生で6〜12人、女子でも4人以上が相部屋で生活しなくていけません。当然ながら、恋人と部屋でゆっくり過ごす時間は、ほぼ皆無。学外のアパートに住むことも可能ですが、中国では学生のアルバイトは一般的ではないため、実家が裕福な人以外は、なかなか困難となっています(一方で、一人っ子政策の恩恵を受けて、甘やかされて育ったリッチな大学生もたくさんいるのですが・・・)。

そこで、恋人たちが睦(むつ)みあう場所は、必然的に外となります。若くてお金が無いカップルが行く場所は、何と言っても街の公園。恋人たちは、ありあまるほどの時間を、ひたすら相手とのおしゃべりとスキンシップに費やします。もともと、他人の視線をあまり気にしないという文化的な背景もあり、彼らは公然と「外」で抱き合ってしまうのです。

考えようによっては、非常に微笑ましい男女関係とも言えますね。

恋愛占いサイト
文明単位(Model Unit)
お散歩するならさんぽす

都会にいながら憧れのログハウスに住みたい
本格的な忘年会
ニューバランスのフラッグシップモデルに注目!
ドイツ生まれのスタイリッシュ日用品-コジオール(koziol)
一匹10万円?小動物を飼ってみよう!
世界一の高層ビル“台北101”登頂
悪化する治安から身を守れ!防犯対策
楽しい自動車メーカー「光岡自動車」
ハーレーダビッドソンでアメリカン!
暮らしを彩る魅惑の輝き バカラグラス
鳥ハムの魅力にあなたもやみつき!
高級万年筆を使いこなせ
魅惑の泉、チョコレートファウンテン♪
時には贅沢を!フォアグラの楽しみ方
個人情報、個人の安全を見直せ!
パワーアップ風水

愛は惜しみなく与う。
たとえ、親から借りてでも。

しかし、映画『初恋の来た道』のような甘い関係が続くとは限りません。なぜなら、彼らはみんな中国人。人間としての欲望と快楽に対して異常に忠実な人たちなのです。しかも、現在の若者たちはほとんどが一人っ子で、特にワガママな傾向が目立つ世代と言われています。そんな中国の人々の恋愛は、一体どんなふうに進んでゆくのでしょうか?

社会主義国家・中国では、就学や雇用の面では完全に男女が平等ですが、恋愛関係においてそのルールはまったく当てはまりません。異性と食事をした時は、たとえ学生で経済的に厳しくても、男が財布を出すのが暗黙の前提。相手から提案してきたならともかく、男性の側からワリカンを申し出るなんて言語道断です。中国の男性は他人からの視線に頓着しない反面、何よりも「メンツ」を重んじるという気質を強く持っています。たとえ相手がただの友人でも、「男としてのメンツにかけて」お金を出すのです。

恋人との交際が始まると、その傾向はいよいよエスカレートします。彼女の「私を大事にして」という言葉に反応し、プレゼントと食事にお金をつぎ込む中国人男子の姿は、しばしば目にするところ。上海や深センなど都市部の裕福な「ボンボン」ともなれば、付き合って1ヶ月目の恋人にノートパソコンや携帯電話、MP3プレーヤーなどをプレゼントするという、バブル紳士顔負けのケースさえ珍しくありません。しかも注目すべきは、それらにはほとんど「親のお金」がつぎ込まれているという実態です。

これには、日本人の感覚だとかなりの違和感を覚えてしまいますが、男の「甲斐性」や「メンツ」の概念が、日中両国では根本的に異なっていることの証明であるとも言えるでしょう。
王様の眠りを約束する快眠テクノロジー
パリのスイーツを極める!
ヘッドフォンに夢中
ヴィンテージワインで、深いひと瞬間を
死ぬかと思った! 加圧トレーニングを体験
カメラを自作する?ピンホールカメラで遊ぼう
「北」の国から。遼寧省の中朝国境をゆく!
「けん玉」ってこんなにスゴいの!?
恥ずかしくない男性自身を手に入れよう!
クジラを食い尽くせ! 絶品尾の身に驚嘆
夏直前、一足先に都内ホテルのプールで大接近
抗生物質が効かない!?
松茸に和牛!秋を食べ尽くす割烹旅館
ハードボイルドに決める大人のガン遊び
賢い選び方はこれ!ペットフード
古今東西・ソファーいろいろ

私を見てくれなきゃイヤ!
毎日が『猟奇的な彼女』。

もちろん、男性の経済的な暴走に便乗しない、賢明で優しい中国の女性も数多く存在します。しかしそんな彼女たちでも、「私だけを見てよ!」という一点については、何があっても絶対に譲ろうとはしません。これはすなわち、恋人に対する愛情が深く、それだけ心が純粋であるということ。しかし、別の言い方をすれば、「浮気は何があっても絶対に許さないわよ」という意味にもつながります――。

・別の女の子と話していたのがバレて、グーで殴られた。
・パソコンでHなサイトを見ていても、グーで殴られた。
・異性の友人からもらった誕生日プレゼントを、道に捨てられた。
・彼女が話している時にメールを打っていたら、携帯を窓から投げられた。
・女の子からの電話に出て後ろを振り向くと、食卓の手料理がすべてゴミ箱に突っ込まれていた。

これらのハードな報告は、お昼のドラマの脚本ではなく、筆者とその中国の友人たちの実体験にもとづいたエピソードです。中学生の恋愛ならともかく、20歳を超えた人でもこんなことをしでかしてしまうあたりが、中国の女性の恐ろしさ――もとい、気持ちの一途さと言えるでしょう。また、当然のことながら、男性の側で手を上げてしまえば、相手にいくら非があったとしても、「最低のダメ男」の烙印をむこう十年は押されてしまいます。彼女らのホットな愛情をすべて受け止められる、大陸的な寛容さを持つこと。これが、中国の男性には絶対に必要なのです。

中国で一番エライのは、女性。恐れるものは何も無い三国志的豪傑であっても、彼らの恋人や奥さんにだけは頭が上がりません。中国人と深い友人づきあいをする際は、このことを覚えておいて損はないでしょう。