日刊 勝ち組スポーツ・勝ちスポ!
お散歩するならさんぽす

パリのスイーツを極める!

ベルティヨン

パリで一番のアイスクリームってどんな味?

パリで一番おいしいといわれるアイスクリーム屋さん、”ベルティヨン”。本店であるシテ島に行き60種類のフレーバーの中から好きなものを試すのがアイスクリーム好きにとって一番のおすすめ。カリカリコーンに、チョコンと乗ったアイスクリームはとてもラブリーです。

「出だした頃の方がおいしかった」という声も聞きますが、それでも今でもパリ一のアイスクリーム屋さん。私は、バニラ、マロン、チョコレートを試してみました。小ぶりで、直径5センチほどのアイスクリームの感想は、一言でいうと”繊細”かな。濃い味なのだけれど、アメリカのアイスクリームと違ってさっぱりもしているし、例えばチョコレート・フレーバーなんかも、普通はアイスクリームの味がしてからチョコの味を感じるのですが、ここは正反対。まず、おいしいチョコの味がしてからアイスクリームということに気がつくのです。

シテ島をはじめとし、パリのあちこちのカフェでベルティヨンのアイスクリームが置かれているので、ふらっと入ったカフェでベルティヨンのアイスクリームを食べながら一休みできることももパリならではの楽しみの一つです。

ベルティヨン(Berthillon)
29-31 rue Saint Louis en l'ile 75004
Tel : 01-43-54-31-61
お散歩するならさんぽす

カリスマ・パティシエの
ピエール・エルメのスイーツに感動!

カリスマ・パティシエの”ピエール・エルメ”という名前を聞いたことがありますか?アルザスに4代続くパン菓子職人の家庭に生まれたピエール・エルメは、14歳でガストン・ルノートルに弟子入り、その後、フォーションやラデュレで活躍した後、自らのお菓子を売り出しました。

彼のスイーツは芸術的で、時にはかわいく、時には宝石のようなお菓子にめぐり合えます。味もとにかく素晴らしく、いつも新しいスイーツを出しているのがすごい。特に、ラズベリー&バラのマカロンは彼の自慢の代表作で、女性ならずとも男性もこの美しい味にうっとりしてしまいますよ。チョコレートケーキもいうことなくおいしい。中にいろんな味が入っていて、一口含むだけで、何種類かのチョコレートに、バターやキャラメルのような味も一度に味わえるこの絶妙な組み合わせにウーンとうなってしまうほど。彼の完璧な演出と味は、食べる人へある至福なひと時と与えてくれます。

一流のスイーツは一流レストランと違い、値段的に少し出せばいいスイーツが食べられます。是非心のこもったスイーツを食べてその時間をも満喫してくださいね。

ピエール・エルメ(Pierre Hermé )
72, rue Bonaparte 75006
Tel : 01-43-54-47-77

ピエール・エルメ(日本)
ピエール・エルメ