日刊 勝ち組スポーツ・勝ちスポ!
京都を散歩するならさんぽす

ボジョレー・ヌーボーの解禁日−パリ

解禁日が一番早いのは日本??

11月初旬、「そういえば、もうすぐボジョレー・ヌーボーの解禁日よね・・・」そんなことをフランス人の友人にいうと、「そうなんだよ!日本はラッキーだねっ。だって、日付線の関係で、日本が一番早くボジョレーが飲めるんだよ!!」と急に興奮気味になり、「へぇー、そうなんだ、日本が一番早く飲めるのか。知らなかったわ」と感心していたら、「今年の解禁日は、11月16日(木)で、水曜日の12時を過ぎたら解禁だから、その後からボジョレーを飲み始めるんだ。せっかくだから、水曜日の12時にバーに飲みに行こう!!」ということで、何だか分からないままに初めての解禁日の様子をパリで体験することになった筆者。今回は、2006年パリのボジョレー・ヌーボー解禁日の様子をお伝えします。

ところで、このボジョレー・ヌーボー解禁日は、毎年11月第3木曜日。なぜ、中途半端にも感じる木曜日が解禁日で、土曜日とか日曜日でないと思いますか?それは一重に、フランスをはじめとしたヨーロッパは、日曜日はデッド・タウンで基本的にどこもお店が閉まっているんですね。だから、供給する側にとっても飲む側にとっても、とても都合がいいという訳だからなんです。

【関連リンク】ボジョレー・ヌーヴォー2006(サントリー)
ボジョレー・ヌーボーの解禁日
京都を散歩するならさんぽす

男の下着
「トイレ」は 自分だけのくつろぎ空間
今からチェックするクールビズ
JACOB JENSEN(ヤコブ・イェンセン)
豆乳せっけん&ゆき肌豆腐
あそこに広告出すにはいくら?
シュヴァルの理想宮って知ってますか?
デザイン脱毛でひげ剃りにサヨナラ!
クジラを食い尽くせ! 絶品尾の身に驚嘆
手首のオシャレを楽しんでみよう
最高の「お月見」は最高級の旅館で!
食うか食われるか クマと戦う
第133回天皇賞特集
鍼・灸で今日もうつくしく
生命の起源 「水」 を考える
贅沢の極み 〜幻のアラ鍋
ボジョレー・ヌーボーの解禁日

で、ボジョレー・ヌーボーって何?

日本では、ボジョレー・ヌーボー、ボジョレー・ヌーボーとお店側が騒いでいても、あんまり何がどうと知らずに楽しく飲むという無礼講が許されてしまう日本!おいしかったらいいじゃない、なんて思うけど、せっかくだから、ちょっとだけマメ知識を持ってても、リードする男性にとって損はありません。そこで、少し味わう前にちょっぴり予習を・・・。

●まず、ボジョレー・ヌーボーとは?
→ボジョレー・ヌーボーのボジョレーはフランスの「ボジョレー地区」、ヌーボーは「新しい」という意味。

●ボジョレーはどこで出来るの?
→フランスの都市リヨンから1時間ほどの郊外のボジョレー地方で作られるワインで、その中の「ボジョレー」「ボジョレー・ヴィラージュ」の新酒だけが「ボジョレー・ヌーボー」と呼ばれるワインになります。葡萄は、ガメイ種を使用することが法律で決められています。

●期間はどれくらいで出来るの?
→仕込んでからわずか2ヶ月足らずで発売されます。

●解禁日が設けられた理由は?
→まず、「ボジョレー・ヌーボーがよく売れる!」ということで各メーカーがどこよりもいち早く出荷しようと競い合いすぎて、ついにはワインとして出来上がっていないにも関わらず商品として出回ってしまったことがきっかけで解禁日が設けられました。

●ボジョレー・ヌーボーは、どれだけ輸出されるの?
→フランス国外へは、70%、そのうち25%が日本へ輸出されます。
エコはかっこいい 〜ふろしき〜
モテ男必携?「お化け探知機・ゴーストレーダー」
クルマ・Garage RITMO
アニメで見て憧れたアノ食べ物を徹底追求
蜂蜜酒にバラの酒 これからの酒は“甘い”
“いざ”その時のために…「喪主」
今年こそ禁煙を成功させよう
パートナーのハートをがっちり掴むデート術
五・七・五は魂のリズム!
温泉ロマンで心もほかほか
街を、自然を、MTBで駆け抜けよう
髪の毛から醤油?! つくってみた
男性美容講座・増毛-薄毛の悩み-
ゴルフの「醍醐味」は名コースにあり!
マイナスイオンで快適ライフを送ろう!
ルーブル美術館は楽しい!

気になる今年のボジョレーのブドウの出来は?

毎年秋になると「今年はヌーボーの当たり年らしい!」といつも聞きますよね?あれ、昨年もそんなことを聞いたような・・・感じるのは私だけでしょうか?といっても、解禁されるまで誰も味見が出来ないから、とにかく毎年買って飲んでみて、それからあーだこーだいうしかないのです。それも、ボジョレー・ヌーボーの楽しみの一つかもしれませんね。

ボジョレー・ヌーボーは、簡単にいえば、”出来たてワイン”。たいていのワインが高価ではなく、味もたった2ヶ月で出来るので、深みやコクはないという声も。でも、口当たりのよい軽めのワインで、どの料理にも合うので、秋の風物詩の一つとして是非飲みたいワインです。


気になるブドウの出来はというと、今年は、昼間は30度を超え、夜は冷えた風が吹くという最高の気候でした(ボジョレー地方であろうが、山梨県であろうが、一般的においしいブドウが出来る条件は同じ。昼間は温かく太陽が照り、夜は冷えるという気候が、おいしい実を作り上げます)。
ボジョレーのブドウの実はとても甘く、カシス、フランボワーズ、いちご系のフルーツを感じさせる美しい赤い実が出来上がりました。お天気にも恵まれ、最高のボジョレー・ヌーボーが味わえる年となりました。
ボジョレー・ヌーボーの解禁日