日刊 勝ち組スポーツ・勝ちスポ!
横浜中華街おすすめ食べ歩きマップ

今宵は誰と頬張る?あったか「おでん」

冬の定番「おでん」の歴史と伝統の味を
そのまま今に引き継ぐ下町の名店

寒い冬のあったかメニューの定番としての確たる地位を築いている「おでん」。大人から子供まで老若男女を問わず、広く親しまれているこの三文字のひらがなに、何とも言いがたい郷愁とぬくもりを感じてしまうものだが、このネーミングの由来は江戸の昔に遡る。

豊作祈願の農村芸能であった「田楽」という舞踊の、一本の棒に捕まって人が舞い踊る姿が串刺しの豆腐に似ていることから、当時の冬の庶民の定番B級グルメであったその串刺し豆腐料理を「田楽」と呼び、それが転じて「おでん」となったといわれている。

その当時の串刺し豆腐には甘辛い味噌が塗られていて、それが豆腐からこんにゃくへと素材が変わり、やがてそのこんにゃくが芋と一緒に味噌仕立ての鍋で煮られるようになって、現在の「おでん」の原型を作ったと言われている。多くの落語や怪談でも取り上げられている、冬の夜に江戸庶民から大いに愛された大衆食である「夜鳴きそば」と並んで、屋台で振舞われる「おでん」もまた、日本が誇る伝統ある食文化のひとつと呼んでも過言ではない。

そんな古き良き時代の「おでん」を現在に伝える名店をご紹介するとしよう。あの「こち亀」の舞台として有名なJR「亀有駅」から徒歩5分、下町情緒たっぷりの路地の奥にひっそりと佇む「まづいや」さんである。実はこのお店、グルメサイトでも必ず上位にランキングされるほどの隠れた名店。このインパクトある店名は、ご主人が約30年前に屋台を引いていた頃、お客さんに「これ、まずいや」と言われたことがあったことから、初心を忘れるべからず、という戒めをこめてのネーミングだということだ。
亀有・おでん「まづい屋」さん
横浜中華街おすすめ食べ歩きマップ

男性美容・デキる男のリフレッシュ!午睡を満喫
NYメンズファッションレポート
憧れのツリーハウスを建ててみよう
ワンセグ放送を楽しめ
おしゃれ愛犬グッズで充実ドッグライフ
ブランド&手編みニットの世界
水難事故から身を守れ
触れたらハマる「ダーツ」の魅力!
レアもの発見 B級お宝発掘入門
食欲増進にもいい人気の和風リキュール
僕らは、貯金箱の快感が忘れられない!
ビールだって自分で作れば断然うまい!
自宅でそろえる高級健康器具
浴衣で粋な夏をすごす
独占報告!中国若者熱烈的恋愛事情
ハワイに“天国の館”ハレクラニあり!
亀有「まづい屋」さんのビッグなおでん

リーズナブルなプライスとビッグなタネ
噂の名店は近所でも愛される大衆の味!

初めて訪れる人は、店頭にドカンと据えつけられた風呂桶大のおでん鍋に驚かされることだろう。もうもうと湧き上がる湯気と食欲をそそるような匂いが、辺り一面にたちこめている。近所の小学生が自転車に乗ってきて「おでん」を買い求める姿がちらほら。聞けば、自分のお小遣いを握り締め、ちょっとしたおやつに一品だけ買っていく下町っ子も多いという。ビッグサイズのちくわぶなどを串に刺して渡してくれるのが楽しい。記者の世代といえば、赤塚不二男が描いた強烈キャラ「チビ太」の串刺しおでんを連想する人も少なくないはず。

また、空のお鍋を持って「おでん」を買いに来るおばあさんの姿を見ても、このお店がいかに地元の人から愛されているのかがよくわかる。店内はカウンターとちょっとした座敷のある1Fと、宴会も可能な大きな座敷がある2Fからなり、下町の飲食店さんといった風情。

2Fの広々とした座敷に陣取ってメニューをみると、おでん単品で50円から、高くても350円とリーズナブル。「頼みすぎたかな?」というくらいオーダーして、なおかつお銚子を一本つけても5000円でお釣りがくるくらいだ。思うがままにオーダーすると、アツアツの盛り合わせがすぐに運ばれてくる。まず、その具の大きさにびっくり。前述の「ちくわぶ」や「はんぺん」はさることながら、「がんもどき」や「餃子巻」、「スジ」もかなり大きい。決して取り皿は小さくはないのだが、三、四点も盛ればいっぱいになってしまう始末。

肝心のお味の方は、これ絶品。薄口のダシの味がしっかりと具に染み込んでいて、口に頬張ればジュワッと汁が染み出してくる。その温かく家庭的な味に感動。噂の名店の味に大満足だった。
知っているようで知らない確定申告
自律移動ミュージックプレイヤーmiuro
街を、自然を、MTBで駆け抜けよう
テーブルサッカーで、もう一つのW杯!
男の料理!カレー編
これを使えば断然便利!AVリモコン
VEXzodiaでゴルフクラブをオーダー!
笑い文化の原点に触れてみてはいかが?
カップルで行く大阪ベイエリア
伊豆・河津温泉「抹茶風呂の宿つりばし荘」
豪華おせちで新年を演出しよう
クルマ・ジャガー所沢 ハンユウ株式会社
ベニス・ゴンドラの旅
この夏「ヘッドスカーフ」が流行中!
おせち料理は作る派? 買う派?
戦場のオアシス「ミリメシ」とは何ぞや?

おでんの存在を寄り身近なものにした
「コンビニおでん」の止まない「進化」

さて、この「おでん」がこれほどまでに我々の生活に馴染んでいった要因としてあげられるのが、「コンビニおでん」の存在である。今や「コンビニおでん」の代名詞ともいえるのが、「セブンイレブンのおでん」。店内に入った途端に立ち込めるあの独特のいい匂いは、もはや季節の風物詩にもなっているほど。一人暮らしの男性にとっては、冬場必須のありがたいメニューといえるのではないか。

ダシや具が年々グレードアップしていて今なお進化し続ける、この「セブンイレブンのおでん」が誕生したのは1977年のこと。当初は技術的な問題もあって販売されていなかった「大根」や「タマゴ」といった主力商品も1982年には売り出され、1990年頃にはほぼ現在のスタイルになったとのこと。

後発の「ローソン」や「ファミリーマート」、「サークルKサンクス」、「スリーエフ」なども販売を開始し、すっかりポピュラーになった「コンビニおでん」は、関西系の薄口で後味が残らないあっさり風味が人気の「ローソン」や、前述の「チビ太」をイメージした串刺しおでんが好評の「サークルKサンクス」など、各店とも特徴あるラインナップでユーザーにアピールしている。そんな中で、ダシや具へのこだわりは当然ながら、品質維持、温度管理、鍋を洗う時間などもきっちり決めていて、味のピークを過ぎた具は出来るだけ消費者に渡らないように徹底している「セブンイレブンのおでん」を支持するユーザーは多い。

今後も各コンビニがしのぎを削るサービス合戦で、その美味しさがさらなる進化を遂げていくのならば、我々ユーザーにとってもこれほど嬉しいことはないといったところだ。

【参考リンク】
赤塚不二夫さん公認サイト「チビ太のいえ -これでいいのだ!」
セブン-イレブン・味自慢のおでん