日刊 勝ち組スポーツ・勝ちスポ!
京都デートスポット

核シェルターで安全な未来を

核シェルター・織部精機製作所

核シェルターを作るなら
まずは相談と見積もりをしよう

 地獄の2週間を乗り切るための核シェルターを用意したくなったら、まずはNPO法人日本核シェルター協会へ相談してみよう。日本には、核シェルターとしての基準が存在しないため、中には強度が高くない核シェルターを提供するところもあるという。そうした「まがいもの」をつかまないためにも、まずは核シェルターに関するリアルな情報を収集しておこう。

 どの程度のサイズのシェルターをどこに用意するのかが決まれば、いよいよ施工となる。発注してから、大体4ヶ月ほどで出来上がるそうだ。これは、実際に作る時間だけではなく、役所への許可申請なども必要となるためなのだという。そして一番気になるのは金額だ。たとえば、今住んでいる一戸建ての家に用意する場合は、1400万円くらいから設置が可能だ。庭部分の地下に設置するのが、比較的安くできるパターンだが、実際には家の下に作るほうが、より安全で強度が増すといわれている。家を建てる時点で、核シェルターの設計も含めておけば、800万円から用意できるので、これから家を購入する予定ならば、一考の価値ありだ。もちろん核シェルターは、核爆弾からだけでなく地震などにも強いため、核シェルターがあれば震災の際にも避難所に行くよりも家にいた方が安全なケースも多々あるという。

京都デートスポット

マンションでも安心を買う
手軽に核シェルターを

 ここまで紹介してきた「核シェルター」は、一軒家でないとなかなか用意できないものだ。しかし、マンションに住んでいる場合でも、簡易的なシェルターを用意することが可能。それが「小型換気装置」だ。

 先にも紹介した「織部精機製作所」で用意されている商品だが、部屋に取り付ければ、放射能などの大気汚染から室内を保護することが可能なのだ。取り付けも簡単で、金額も通常の核シェルターと比べて格段に安くなっている。手始めに、今住んでいる室内に「小型換気装置」を取り付けて、勝ち組的安心を得てみるのも良いだろう。

 もちろん、これからの時代を考えれば、備えあれば憂いなしで、核シェルターを持っているというのは、かなりのステータスといえるだろう。他国からの攻撃に攻撃で対向するのではなく、自分の身は自分で守らなくてはならない時代が来ているのかもしれない。

取材先:株式会社 織部精機製作所
     〒655-0029
     兵庫県神戸市垂水区天ノ下町6-22
     TEL 078-707-0020  
     FAX 078-706-7250
核シェルター・織部精機製作所