日刊 勝ち組スポーツ・勝ちスポ!
鎌倉小町通りを食べ歩き

これぞ!とんかつの名店!

横浜の老舗、勝烈庵

 「肉の王様は牛肉だ」果たして本当にそうでしょうか? 分厚いステーキはまぎれもなく「ご馳走」ですが、豚肉の旨みも、なかなか捨てがたいものがあります。なかでもみんなに愛され続けている、とんかつ。衣のなかに肉汁をギュッと閉じ込めた、不朽の名作です。あなたは本当においしいお店でとんかつを味わったことがありますか?今回ご紹介するお店は、ハズレなし! お気に入りのとんかつを見つけて下さいね! 

 トップバッターは、横浜で古くから親しまれているとんかつ屋、「勝烈庵」。勝烈定食は一般の店でいうひれかつ定食のこと、ロースかつ定食ともども1370円、手軽に楽しめる横浜の味です。サックリとした食感の衣、野菜と果物を煮込んでつくられた味わい深い無添加ソースが、豚肉を引き立てます。ロースは、三元豚、やまゆり、桃円豚といったラインナップもあり、さらにパワーアップした味わいを堪能できます。赤出汁のしじみ汁とともに箸が進みそうですよね。ちなみに、冷めても美味しいカツ弁当もお勧め。お土産にも最適ですよ!
とんかつ 勝烈庵
鎌倉小町通りを食べ歩き

イタリアの高級別荘地 コモ
アクアテラリウムを楽しもう。
男のこだわり!氷山の氷でオン・ザ・ロック
王様の眠りを約束する快眠テクノロジー
「熟成古酒」はコク深い大人の味わい
「心に、体に」おいしい水
歴史ロマン満載、日本の名城特集
競馬の楽しみ方
高級携帯電話でオシャレに決めろ
コンビニクーラーと扇風機どっちにする?
「和傘」その美しさに魅せられる世界
オーロラを見にいく
サステナブルなエコロジーグッズ
パリの高級レストラン”タイユヴァン”
男の料理!カレー編
大人のホビー「高級ラジコン」
上野とんかつ御三家

上野とんかつ御三家

 東京も負けていられません。とんかつ激戦区、上野から、御三家と呼ばれる人気店をご紹介しましょう。蓬莱屋では、塩・こしょうのみで味付けしたひれかつを。はじめ高温で肉汁を閉じ込めてから、低温で火を通して揚げられます。細かいパン粉の食感を楽しみながら噛締めれば、一口ごとに味わいが広がります。筋肉の出汁で作った味噌汁や、こしょうの効いた串かつも人気。女性も1人でペロリと平らげてしまうのだとか。 

 洋食屋、ぽん多本家は「肉を食べさせる」お店。人気のかつは、旨みがあるロースのみを使用しています。4代目になるご主人が初代の味を守り抜き、厳選した材料を提供。揚がったかつは他の店と比べて白っぽい印象。お店の雰囲気そのままの上品な味です。 

 ご主人が「いい肉はたくさん手に入らないから、昼しか営業しない」と話すのは、双葉。こだわりの肉はロースのみ。レモン、大島の塩、ソース、ケチャップと味わい方はお好みで楽しめますが、まずはそのまま、肉そのものの甘みを楽しんでみて! 合鴨米のご飯と自家製のおしんこもついて至福のひと時でしょう。
勝ち組の為の結婚相談所
古都の旅情を満喫〜京都・柊家旅館〜
フランス全国民が祝うパリ祭をレポート!
この夏「ヘッドスカーフ」が流行中!
勝ち組ブログ・レジャー業界で有名なあの社長が登場!
あなたが選ぶ、今年のベストカーは何?
社交ダンス〜新たなる魅力への誘い
効果は折り紙つき? 薬売りがつくる健康薬膳
今はクルーザーがモテる時代!
触れたらハマる「ダーツ」の魅力!
午前0時発。眠らぬ都市・東京を歩く
将来のための別荘探し
高級ステーキを食す!
最新の生活様式“ロハス”を知ろう
ドイツ生まれのスタイリッシュ日用品-コジオール(koziol)
キミは、ふんどしを締められるか!

2代目主人の揚げる
とんかつを

 「とんかつ」という名称を生み出したと言われているのが、新宿の王ろじ。豚汁に至るまで、注文を受けてから1つ1つ作っているというこだわりようなんです。 

 こちらで食べてみて欲しいのが「とん丼」。元祖カツカレーとも言われている、見た目にもインパクトのある一品です。950円で老舗の味を楽しめるだけでも嬉しい話ですが、少し甘めのカレーと、サクサク衣、肉はやわらかなかつがよく合います。セットの王ろじ漬も、この店ならでは。大根を薄切りにした漬物は隠れファンの多い、独特の味付けです。 

 見た目のインパクトでは負けますが、この店ならではのメニューが「とんサンドイッチ」。同じ値段だったらカレーの方がお徳に感じるかもしれませんが、いやいや、この味は他では絶対味わえないんです。一口食べれば、パンのフワフワ感に驚くはず。わざわざパンを蒸しているのだから当然です。カリっとしたとんかつと合いまり絶妙の歯触り! かすかにカレールーが塗ってあり、計算され尽した味わいです。

とん丼 王ろじ