日刊 勝ち組スポーツ・勝ちスポ!
鎌倉小町通りを食べ歩き

これぞ!とんかつの名店!

とんかつ茶漬け すずや

とんかつをお茶漬けに!
すずやのとんかつ

 「とんかつ茶漬け」を提供しているのが、すずや。3種類の食べ方を楽しめるこちらのメニューは、とんかつのひつまぶしとでも言いたくなります。鉄板の上でジュウジュウと音を立てている、一口大のとんかつ。1、始めはとんかつとご飯を別々に食べて、2、途中からご飯にとんかつをのせて、3、最後はお茶漬けにして……残りはお好きな食べ方で楽しみましょう。茹でたキャベツとお店オリジナルのタレ、とんかつの組み合わせが何とも合うんです! 

 「とんかつを湿らせるなんて」と思っているあなた、最初は筆者もそうでした。しかし、元のとんかつが美味しいからでしょうか。どの食べ方でも美味しく戴けます。かつ以外はお替り自由ですので、たっぷりと楽しめます。実は「とんかつはちょっと脂っぽい」と感じている方は、緑茶をたっぷりとかけて。「千切りキャベツがちょっと苦手」という方は、茹でたキャベツをたっぷり添えて。どんな方にもお勧めできる店ですよ!

鎌倉小町通りを食べ歩き

イベリコ豚を使用
贅沢なとんかつ

 最後にトリとしてご紹介するのは、西麻布にある「豚組」。豊富なメニューのなかでも是非ともチャレンジしてほしいのが、限定10食の「イベリコ豚」ロース4800円です。 

 スペイン西部地方にのみ生息すると言われるイベリコ豚は、どんぐりを食べ伸び伸びと育った黒豚。上質の脂肪と美しいサシの入った赤身が特徴で、本場スペインでも貴重だと言われる高級品です。霜降りのステーキを思い出す見事な肉を使用し、パン粉で旨みを閉じ込めて揚げたとんかつは最高! イベリコ豚と言えば生ハムなどが有名で、あまり日本食のイメージはないかもしれませんが、実は旨みを最大限に味わえるのがとんかつなんです。 

 他にも、ロースだけで「南の島豚」「青空放牧豚」「飛騨けんとん豚」「白金豚」が揃う充実振り!思わず目移りしちゃいそうですが、イベリコ豚が残っていれば、迷わず注文して下さいね!

イベリコ豚 豚組