日刊 勝ち組スポーツ・勝ちスポ!
京都デートスポット

この冬の「鍋料理」は熱々フォンデュを

そもそもフォンデュって何?

 チーズフォンデュ、オイルフォンデュ、チョコレートフォンデュなど、皆さんもどこかのお店で一度は見聞きしたことがあるでしょう。実際に食べたことはありますか?まだ、という方もけっこういるのではないかと思います。

 「フォンデュ」とはフランス語で「溶ける」という意味。とろりと溶けたチーズをバケットなどにつけて食べるチーズフォンデュは、発祥の地スイスでは冬の定番料理です。日本で冬になるとおでんや鍋を食べたくなるのと同じ感覚でしょうか。

 オイル(ミート)フォンデュは、肉や野菜を素揚げにしながら食べます。様々なソースをつけて味を変えながら楽しめる料理です。日本ではあまりお目にかかれませんが、フォンデュ・シノワーズという、しゃぶしゃぶのようなメニューもあります。

 そして、これらをデザート用にアレンジしたのがチョコレートフォンデュ。果物やケーキの生地、マシュマロなどがよく合います。

これからの季節にぴったりの、フォンデュ料理。あなたも試してみませんか?
フォンデュ
京都デートスポット

クルマ・ジャガー所沢 ハンユウ株式会社
北京近郊ぶらり旅 中国世界遺産特集
密かに、じっくり!大人の昆虫採集!
地上波デジタル放送をそろそろ導入したい!
ワンカップで日本全国飲み歩きの旅
パリの高級レストラン”タイユヴァン”
IKEAが日本進出!
ネット活用で春こそ大人デート!
食事も兼ねた、美術館巡りはいかが?
マカロンはお好き?
エグゼクティブご用達のブランドバッグ
ヘリコプタークルージングで眺める極上の夜景
そうだ、宇宙に行こう!
袖に輝くカフリンクスに注目!
漂泊の自由人・ゴーギャンの誘惑
唯一無二のウェディング「最高の結婚式」
チーズフォンデュ

知ってるようで知らない
フォンデュの食べ方

 温まっていい具合にとろけたチーズに、フォンデュ用フォークで刺したバケットなどを絡めていただくチーズフォンデュ。それだけでも十分楽しめますが、せっかくですから「本場仕込」の食べ方をしてみませんか?
本場でチーズフォンデュを食べる際、バゲットを鍋に落とすと罰ゲームがあるそうです。男性が落としたらワインを振舞い、女性が落としたら隣の男性にキスを! このルール、あなたは採り入れますか?

 わいわいと食べ進めたチーズフォンデュが残り少なくなってきたら、ここで一工夫。生卵を割りいれ、すぐにかき混ぜます。固まらないうちにパンへ付けて召し上がれ。現地ではこんなアレンジもされているそうです。

 ちなみに、チーズフォンデュを食べるときには白ワインがよく飲まれています。これは味の問題だけではなく、チーズの消化なども考えてのこと。よっぽどお酒が苦手ということでなければ、ワイン片手に食べてくださいね。どうしてもアルコールが駄目な方は、飲み物は温かいものがベター。チーズが口の中で固まってしまわないように・・。
未来をかけたレアメタル競争勃発!
プチグランドサークルドライブ
目覚めスッキリ!羽毛布団で快眠ライフ
鞄は実用?それともオシャレ??
特上キャビア丼!国産キャビアは美味絶品
茶の湯を覚えて女の子からモテモテに!
地上最後の楽園「タヒチ」を満喫しよう
クジラを食い尽くせ! 絶品尾の身に驚嘆
福臨門魚翅海鮮酒家でお手軽飲茶ランチ
大人の男はシングル・モルトを極める
今、時代はホスピタリティ
日曜大工にトリトンワークセンター! プロ並の仕上がりを
「熟成古酒」はコク深い大人の味わい
よみがえる古代ロマン 恐竜
夏オフィスでの冷え対策
沖縄のザ・ブセナテラスに行ってきた

おすすめ!フォンデュが食べられるお店

 さて、おいしいフォンデュはどこに行けば食べられるのでしょうか?長野県に本店がある、アトリエ・ド・フロマージュは、チーズ専門店。東京・目白にも店舗があり、手軽に本格的なチーズフォンデュを楽しめます。ワインの香り、とろっとしたチーズの食感がたまりません。軽井沢店にはカップルフォンデュセットもあるので、機会があれば是非試してみましょう。

 東京・西日暮里にあるのは、シャレースイス ミニ。ハーブガーデンのあるログハウスという景色、なかなか都内で見られるものではありません。スイス人オーナーによる店で、3種のチーズに白ワインを加えた濃厚ながらなめらかな味わいのチーズフォンデュはもちろん、ミートフォンデュやチョコレートフォンデュも楽しめるお店です。スイスワインや、じゃがいもといただくスイス定番料理、ラクレットもあります。何とスイス土産まで手に入り、気分はスイス!? ただし、2日前までに予約が必要なのでご注意を。
シャレースイス ミニ