日刊 勝ち組スポーツ・勝ちスポ!
上野を散歩するならさんぽす

競馬ファンの究極“馬主”を目指そう

馬を愛する者ならば
だれもが夢見る馬主の実態

少しでも速く走るためだけに改良を加えられ、世代を重ねてきたサラブレッド。生きた芸術とも称されるその姿は美しく、勇壮で、競馬ファンならずとも一目で虜になってしまうことだろう。そんなサラブレッドのオーナーは“馬主”と呼ばれ、社会的にも高いステイタスシンポルとなっている。
しかし、その実態は甘くない。統計によれば、個人馬主の大半が、馬の調教や維持、レース出走にかかる諸費用のおかげで、赤字におちいっているというのだ。一獲千金を夢見る競馬ファンにとってみれば、なんとも夢の無い話ではあるが、これが現実。オーナーは、餌代や調教師への謝礼はもちろん、厩舎のレンタル代や清掃料金などなど、さまざまな出費がかさむのだ。
しかし、そうした中でも名馬を所有することで、多額の賞金を手に入れている勝ち組馬主もまた存在している。“クロフネ”“キングカメハメハ”などを所有する金子真人さんや、“テイエムオペラオー”の馬主・竹園正継さんなどは、すべての馬主たち憧れの的と言えるだろう。今回は、どうしたら馬主になれるのかを研究すると同時に、ひいては、どうしたら馬主として勝ち組に残ることができるのかを検証してみる。
上野を散歩するならさんぽす

リノベーションでデザイン住宅をゲット!
さあ、憧れのマジックを覚えよう。
「京野菜」はただのブランド野菜か?-京マーク-
株価予想ソフトDream Catcher
知っているようで知らない確定申告
女性を夢中にする ホースライディング
究極の酸素システム O2rich
スーパー健康法 バナナ酢
マカロンはお好き?
男だってスクールで自分磨き!
自分に御褒美を!
ペーパークラフトに没頭しよう!
至高の酒・シャンパンを楽しむ
なんとも不思議な楽器 テルミンの音色
この夏「ヘッドスカーフ」が流行中!

まずは財力がなくちゃ始まらない
多数の必要書類をそろえよう!

馬主は、厩舎に預託料を支払わなくてはならない。預託料は、諸経費込みで50万円前後が相場で、これには飼い葉など馬の餌代や、清掃費なども含まれている。馬主には、これらを賄うことができるだけの財力が求められる。
馬主登録を行う申請の際に、“馬主登録申請書”や“経歴書”に加えて、“所得証明”“所得税確定申告書の写し”など、場合によっては“定期預金残高証明書”などが求められ、必要に応じて提示しなくてはならない。
目安としては、中央競馬では年収1500万円、資産1億円以上。地方競馬でも年収700万円はないと苦しいところだろう。競走馬がレースに勝つことで得られる賞金は、必ずしも入るとは限らないので、馬主は本業で、ある程度の収入が求められるのだ。
その他、身分証明書や住民票、印鑑証明書など、基本的な書類をそろえて審査に通れば、晴れて馬主となる権利が与えられる。いよいよ、馬を手に入れる段階だ!
おもしろグッズ通販サイト
「けん玉」ってこんなにスゴいの!?
第133回天皇賞特集
現代風!? 葬儀・墓参アラカルト
スマートフォンはどう凄い?
ロボットミュージアムin名古屋
デキる男の最新ビジネスツールとは
ニュージーランドに住んでみよう
「トイレ」は 自分だけのくつろぎ空間
躍進する27歳社長のこだわりとセンス
新しくなった表参道に行こう!
脳を活性化する「大人の塗り絵」
バレンタインに大人のための生チョコは如何?
ハワイに“天国の館”ハレクラニあり!
勝ちスポ的資産運用術入門
唯一無二のウェディング「最高の結婚式」

サラブレッドの買い方いろいろ
基本は市で競り勝つこと!

各地で定期的に競り市が行われており、馬主はそこで競りに参加し、気にいった馬を競り落とすのが一般的だ。ここ10年ほどは、トレーニングセールといって、実際に馬が走っている姿を確認してから競りに参加することができるなど、才能のある馬を見分ける土壌が整ってきた。事実、阪神3歳牝馬を制したヤマカツスズランなど、活躍馬が顔を並べている。競りで手に入れた馬には(市)マークが付与される。
また、競りで買い手がつかなかった馬をJRAが購入し、補助馬として、買った値段よりも安価に馬主に卸す「抽選馬」というシステムも存在する。競り市の売れ残りといった感は否めないが、 G1や重賞での勝利経験もあるイソノルーブルをはじめ、数多くの名馬を輩出している。これらの馬には(抽)マークが付与される。
他にも、海外の競りで買った場合には(外)マーク(※レース出走に際して、若干の制限が付けられる)。中央競馬の馬主が、すでに地方で活躍している馬を購入した場合には(地)マークが与えられる。競りで売れ残ってしまった馬を、生産者自らが走らせるといった場合も考えると、競りと一口に言ってみても、様々なパターンがあげられるのだ。