日刊 勝ち組スポーツ・勝ちスポ!
京都デートスポット

天満天神繁昌亭で上方落語ブームを体感!

上方落語界悲願の定席
『天満天神繁昌亭』

今、関西、とくに大阪界隈はちょっとした落語ブーム。それというのも、2006年9月15日、大阪天満宮横に上方落語界悲願の寄席小屋「天満天神繁昌亭」がオープンしたからです。

関西では1945年の大阪大空襲以来、約60年ぶりに復活した落語の定席(毎日公演している小屋)とあって、オープンから数ヶ月経った今も、連日大入りの賑わいを見せています。

もちろん、物珍しさだけでなく中身も充実。昼席は週替り公演で若手からベテランまでの落語が楽しめ、夜席は独演会や一門会など、各落語家が主催する会を中心に日替り企画が催されています。

また、落語以外にも色物と呼ばれるマジックや漫才、太神楽などの演芸も楽しめる本格的な寄席なのです。また、すぐ近くには全長2.6kmに及ぶ日本一長い商店街「天神橋筋商店街」があり、商店街を挙げての盛り上げムード。

来場者は年配の方だけでなく若い人たちの姿も目立ち、関西の新しいデートスポットにもなりつつあります。
「落語はお年寄りだけのもの」なんて考え方はもう古い!そこで今回は「天満天神繁昌亭」のツウな楽しみ方や裏話を、落語家・桂文福さんにお伺いしました。
天満天神繁昌亭
京都デートスポット

モテ男必携?「お化け探知機・ゴーストレーダー」
徹底分析〜「温泉たまご」とは何だ!
スローに、ハードに水と戯れる カヤック
洗顔&シェービングで男を上げる!
なんとも不思議な楽器 テルミンの音色
目で、味で、食べ方で楽しむ輸入菓子
この夏「ヘッドスカーフ」が流行中!
ロールスロイスを見て触って乗ってみた
個人情報、個人の安全を見直せ!
2007年の夏は、さわやかポロシャツ!
社交ダンス〜新たなる魅力への誘い
「北」の国から。遼寧省の中朝国境をゆく!
天満天神繁昌亭で上方落語ブームを体感!
デザイナーズチェアを手に入れよう!
人のために役立つこと〜パピーウォーカー
腐った日本を救え! 国会議員への道
ナニワの爆笑王 桂文福さん

ナニワの爆笑王・桂文福が語る
天満天神繁昌亭の魅力

桂文福さんは、和歌山県出身の上方落語家。昭和47年に故五代目桂文枝師匠に入門。平成元年に吉本興業から独立して、(有)文福落語プロモーションを設立、主に関西圏を中心に活動している人気落語家さんです。「天満天神繁昌亭」にはオープン前のプレ公演から出演し、去る11月20日の夜席公演「桂文福一門会・ええかげんに師弟会」では繁昌亭の観客動員新記録を達成するという人気ぶり。

左の写真は文福事務所でのひとコマ。古い演芸のポスターや、ご自身が大ファンでもある大相撲のレアなアイテムが所狭しと並べられています。そんな桂文福さんが語る「天満天神繁昌亭」……

「年中無休で、誰でもいつでも落語が楽しめる。それが一番の特徴でんな」と、人懐っこい笑顔をほころばせる文福さん。関西ではこの60年、各地でやっている落語会をわざわざ調べて出かけなければ落語を楽しむことは出来ませんでした。もちろん、吉本興業や松竹芸能など大手のホールの興行では演目に落語はあるものの、出演できるのはベテランや有名どころの噺家に限られています。「おじい、おばあの噺家だけやなくて、若手の中にはイケメンやベッピンさんの噺家もいてますしね。まあ、ボクもその一人ですけど」

後半はさておき、旧来の落語ファンだけでなく、若い世代にも気軽に楽しんでもらえる場が出来たと、嬉しそうに話す文福さん。
北京ダック-全聚徳-
香道、自分の内にあるものを味わう道
携帯灰皿は、男のアクセサリーである。
ハイエンドオーディオ(超高級オーディオ)
街乗りを楽しむならレンタサイクルで!
大人の天体観測
2007年 今年こそは初日の出が見たい!
男だって紫外線対策!
一生モノの逸品「匠の革トランク」
ニューヨークの美術館
デキる大人のデンタルケア
六本木ヒルズ、気になるテナント事情
防音マンションで音楽と共に暮らそう。
『〜専用』でよりおいしく!
紅葉の秋、古都・京都でデート!
あなたの口の中は大丈夫?

繁昌亭の隅々に込められた
落語家のこだわりと熱い想い

「もちろん、落語通の人にも楽しんでもらえる“こだわり”が満載でっせ」と、文福さんが説明してくれたこだわりの数々。

繁昌亭の前に立つとまず目につくのが、入口横の真っ赤な人力車。初代桂春團治師が愛用していたという人力車を復元したものだそうです。こけら落としの日には、三代目の桂春團治さんがこれに乗り、桂三枝さんが車夫に扮してパレードした様子が多くのメディアでも取り上げられました。「ところでこの人力車、何で赤いか分りまっか?」実はこれ、多額の借金による「火の車」の洒落。さすが落語家のマイカーです。

中に入ると、舞台正面に掲げられた「楽」の一字が目に飛び込みます。こちらは人間国宝でもある三代目桂米朝さんの直筆だそうです。「昔の寄席にも実際にこういう額が飾ってあったんですよ」楽という字は「落語」と「楽しい」を掛けたものですが、昔の寄席では「薬」という文字を掲げていたとのこと。笑いは最良の薬というところでしょうか。

舞台はヒノキの板に座布団一枚。すっきりとしていて、上方の「粋」を感じさせます。出囃子はもちろん三味線や太鼓の生演奏。そして上方落語ならではの見台や膝隠し(座布団の前に置く物)にも落語家の想いがこもっています。「実はこの膝隠し、うちの師匠の愛用品ですねん」上方落語界の四天王として、関西の落語を支え続けてきた故五代目桂文枝さん。「師匠も喜んでると思いますわ。繁昌亭を楽しみにしてましたからねえ」と、目を細めて亡き師匠を語る文福さんの横顔に、思わずホロリ。
天満天神繁昌亭の人力車