日刊 勝ち組スポーツ・勝ちスポ!
京都を散歩するならさんぽす

上澄みが絶品? 紹興酒を甕(かめ)で買う

開けたての紹興酒

甕出しがうまいのは本当
上澄みは独特の切れ味

甕で買うメリットは味の違いにある。上澄みから底へと味がグラデーションをなしているらしい。甕内熟成なので、贅沢な不均等が起きる。瓶詰めは全部ドバドバと混ぜてしまうので、そうはいかないとかなんとか。

開けたての甕にひしゃくを下ろし、1杯注いだ。あめ色だ。別に粘性があるわけじゃないだろう、色から受ける錯覚なのだが、何かしらトロトロともったりとして見えるのは幸せな気分だ。

まずはひと口。甕出しの上澄みが絶品と通は言う。本当か? なるほど、すごい香りだ。飲むとひどく切れがいい。まったく甘くなく、すっと喉に落ちる。後味は独特、舌に残る。

紹興酒というよりは日本酒の古酒、その比較的年数の浅いものに近い。後味は安いシェリーか。うまいが、甘みがまったく感じられず、妙な感じだ。見目が甘そうなだけに落差がある。

瓶に移し、食卓へ。ついでにたぶん日本で1番メジャーであろう、塔牌(パゴダ)の紹興酒(赤いラベルでお馴染みですね)と飲み比べることにした。

こうした紹興酒の飲み比べはなかなか機会がない。店で飲むにしても、日本酒や焼酎と違って、飲み比べができるほど種類を揃えたところはまずない。東京では赤坂見附にある黒猫夜ぐらいだろうか。ここは日本一といってもいい数の紹興酒を揃え、利き酒セットもある。
京都を散歩するならさんぽす

翌日もすっきり
健康にもいい紹興酒

何かしら肴も欲しいので、中華風。春巻きと鶏の唐揚げの甘酢かけ、油琳鶏(ユーリンチー)をつまみながら、飲み始めた。地味な食卓だが、魯迅先生も宮廷料理は庶民には合わない、俺の昼飯は干し菜と干したけのこに飯だとか何とか書かれていたと思うわけだ。

塔牌の紹興酒はいつも通りというか、やや甘く飲みやすい。紹興酒はこの味で覚えている。これを甕出しと飲み比べるとどうだろう? まるで田舎娘のような野暮ったさだ。甕出しが華やかな芸妓の酌ならば、塔牌は普通の娘と普通の晩酌。こうも違うかと目が覚めた。

気になった後味も、肴と合わせればすっと消える。食中酒たる紹興酒の面目躍如といった風だ。すすっと切れがいいから、気がつけば2合瓶が空になる。何とも逃げ足のはやい。

玄関に置いた甕からもう1杯、もう2杯。やわやわと酔い始めてから、ふと気がついた。酒の味が違う。最初の1杯の軽さはなく、腰の据わった大年増といった按配か。甕の天地で味が違うとは本当だ。

すっかり飲んで寝て起きたら翌日だった。ずいぶんと飲んだ気がするし、何しろ甕を持ち上げれば軽いのだから仕方がない。なのに気分はいい。紹興酒はアミノ酸が多いのだそうだ。黒酢よりも必須アミノ酸の含有量は多いという。それが肝臓に働くのか。つまみはたんぱく質がいいとも聞くし。

今度は3年物を買って取っておこうと思う。今度、子どもが3歳になる。20歳になるまで取っておいて、一緒に飲もうと思ったわけだ。
紹興酒で一杯