日刊 勝ち組スポーツ・勝ちスポ!
横浜デートスポット

マイナスイオンで快適ライフを送ろう!

「マイナスイオン」というけれど
その正体は、いったい何なの?

みなさんは「マイナスイオン」に対して、どのようなイメージを持っていますか? おそらく、ほとんどの人が「なんとなく体によさそう」と思うことでしょう。でも、実際にマイナスイオンがどのようなものなのかと問われれば――困ってしまう人も多いのでは?

正体不明なのに、なんだか体にいいという意識だけが一人歩きしているマイナスイオン。その正体は空気中に含まれているマイナスの電気を帯びた物質のことです。電気といっても、ごくわずかなものなので感電するようなことはありませんのでご心配なく!その物質は私たちの身の回りに存在していますが、量はほーんの少しです。ところが、場所によっては驚くほど豊富にマイナスイオンが発生しているところがあるのです。

それは滝や噴水、森など。空気がきれいで水しぶきが発生するような場所です。水辺付近では、新たな水滴が生まれるたびに付近の空気にマイナスイオンが発生する「レナード効果」と呼ばれる現象によって、日常よりも多くのマイナスイオンが存在しています。さらに天気がよく、温度や湿度が快適な状態にある場所では大気中のマイナス静電圧が強くなり、空気中にマイナスイオンが多く含まれます。そのため、森の中でも同様の効果があるといわれているのです。
「マイナスイオン」の豊富な所
横浜デートスポット

アメリカのエコライフとは?
日焼け止めをきわめよう!
自宅でそろえる高級健康器具
世界遺産に触れよう!
水筒でカフェを持ち歩こう
漂泊の自由人・ゴーギャンの誘惑
今、時代はホスピタリティ
福臨門魚翅海鮮酒家でお手軽飲茶ランチ
古都・京都を優雅にデート
男性美容・デキる男のリフレッシュ!午睡を満喫
なんとも不思議な楽器 テルミンの音色
ANAインターコンチネンタルホテル東京
高級万年筆を使いこなせ
映画の世界を旅しよう!
テーブルサッカーで、もう一つのW杯!
新生活を彩る超クールな冷蔵庫!
自然のミラクル マイナスイオンの効果

睡眠障害や偏頭痛、ぜんそくにも!
マイナスイオンの驚くべき効果

ところで、なぜマイナスイオンが体によいと言われているのでしょう。 さまざまな臨床データから、マイナスイオンは体に好影響を与えるということを示しています。にもかかわらず、具体的な作用についてはいまだほとんど解明されてないのが現状です。不思議なことですが、科学では説明できない“自然のミラクル”がマイナスイオンにはあるようなのです。

みなさんの中にも、マイナスイオンの多い場所に行くとストレスが減り、リラックスした経験をもつ人がいるかと思います。そういった効果のほかにも睡眠障害やぜんそく、偏頭痛や更年期障害など、マイナスイオンはさまざまな威力を発揮するということが医療文献からも確認されています。

現代人は常にストレスと隣り合わせ。これらと上手につきあっていくため、マイナスイオンの力を借りてみるのもひとつの方法です。悲しいことに、都市生活ではなかなかマイナスイオンの豊富な場所がありません。そこで登場したのが、自動的にマイナスイオンを発生させる「マイナスイオン製品」なのです。

今ではさまざまなアイテムに「マイナスイオン効果でリラックス」というようなキャッチコピーがついています。そう書かれていると、みなさんも思わず手にとってしまうのでは? 最近では、さらにパワーアップしたマイナスイオンアイテムがショップに充実しています。
香水でセクシーな男を演出
缶詰、うまさ再確認
携帯灰皿は、男のアクセサリーである。
「カナル型イヤフォン」ってどう?
男ならクルマと別荘・中古外車編
古代魚を飼いたい!
いざ!UMA発見の旅へ!
クリスピークリームドーナツ、もう食べた?
男の癒しバスタイム
イタリアの高級別荘地 コモ
鉄道模型はリッチマンの証
ママの味?シェフの味?イマドキのカップケーキ事情
クジラを食い尽くせ! 絶品尾の身に驚嘆
シーズン到来!ビアガーデン
豪華おせちで新年を演出しよう
夏はやっぱり、アロハシャツ!

知らなかった!
マイナスイオングッズの選び方

そこでチェックしたいのが、正しいマイナスイオングッズの選び方。ただ「マイナスイオン効果で〜」とうたっていても、十分な効果を感じられるかどうかはアイテムごとに異なるのです。

マイナスイオン製品で必ずチェックしてほしいのが、おおよそのマイナスイオン発生量です。製品のデータに発生量の表示がない場合は、販売店などに問い合わせて確認してみましょう。なぜならマイナスイオンは一定の広さの中でしっかり拡散しなければ本当の効果を発揮できないからです。また、マイナスイオンは減少しやすい成分なので、大量の発生量が表示されていれば、その効果が得られる目安になるのです。

では、どれくらいの発生量であればいいのでしょう? 特に基準が決まっているわけではありませんが、例えばマイナスイオン発生器や空気清浄機、ドライヤーなどの場合、吹き出し口で1cm3あたり数万〜数百万個の発生量をもつ製品が主流のようです。

リングなど、直接身につけて使用する製品の場合は発生量が少なくても効果を期待できますが、発生量が極端に少ないものや、発生量を問い合わせてもきちんと回答が得られない商品は注意が必要です。
マイナスイオングッズの選び方