日刊 勝ち組スポーツ・勝ちスポ!
横浜を散歩するならさんぽす

驚きのアイテム勢揃い USBを楽しめ!

さあ、USBアイテムで
陽気に遊んじゃおう

キーボードやマウスの接続から、DVDドライブ、外付けハードディスクまでを簡単に接続できるなど、現在のパソコンに欠くことのできない接続規格が「USB」だ。普段、パソコンを使っているときは縁の下の力持ち的に地味な部分だが、最近ではいろいろ遊べるUSBアイテムが登場してきている。今回は、おもしろUSBアイテムを紹介していこう。

ごく普通にパソコンを使うにもUSBハブやケーブルはもっとも基本的なもの。そんなベーシックな部分でも、いろいろ遊べちゃうアイテムがある。ソリッドアライアンスの「ケーブルgaナポリタン」(価格:2万4800円)は、単なるUSB延長ケーブルなのだが、まるでレストランのナポリタンの食品サンプルのようなルックス。この大きさなのにハブ機能などの機能はなく、単なる延長ケーブルにしか使えないという贅沢な製品。これを見た人が「なんだろう?」とクビをひねるのは間違いない。

また、USBパーツのなかでハブは地味なパーツだが、なんと金塊の形をした「金塊ハブ」(5980円)というものもある。商売をしている人なら縁起物として欲しくなるアイテムかも。
ソリッドアライアンス
横浜を散歩するならさんぽす

美よ永遠に!“プリザーブドフラワー”
北京ダック-全聚徳-
あそこに広告出すにはいくら?
おさかなスィーツ登場
五・七・五は魂のリズム!
有名建築家がデザインしたパリのカフェ
花や緑のある暮らしを楽しみませんか
触れたらハマる「ダーツ」の魅力!
シンガポールでゴージャスデート
ワールドグッドデザイン 京仏壇『壇』
今、ゴルフのできる女性がアツイ!
生ジュースでフレッシュな毎日を!
あなたの口の中は大丈夫?
色才兼備の時計「クロード・メイラン」
「クロスバイク」で快感通勤のススメ!
パリ・メンズファッションレポート
ソリッドアライアンス楽天市場店

ビジネスの必携品
USBメモリに楽しい演出を

かつてはパソコンのデータはフロッピーディスクなどに記録することが多かったが、今では「USBメモリ」にとって代わられている。USBメモリは携帯電話のストラップにつけてアクセサリのように使うこともできるが、本当にアクセサリのようなルックスのUSBメモリもある。この分野でもソリッドアライアンスはユニークな製品をいろいろ販売している。

「FoodDisk-エビフライ (256MB)」(9580円)はまるでエビフライのようなルックスで、これをポケットから取り出してPCにつなぐのを見れば、一瞬、ドキッとするのはうけあいだ。同様な食べ物シリーズに、「FoodDisk-シュウマイ (256MB)」(7980円)、「FoodDisk-しゃちほこフライ (256MB)」(1万2800円)などもある。どれも256MBメモリなので、フロッピーディスク100枚以上のデータが記録できて十分に実用的。

もっと大容量が欲しい人には「SushiDisk-大トロ(1GB) 」(2万4600円)というものもある。さすが大トロだけあって1GBという大容量だ。使いでもあるが、値段もちょっと高めだ。

そこまで大容量はいらないがスシが欲しい人のために「SushiDisk-まぐろ (256MB) 」(7980円)もある。食べ物以外でも、雪だるま型「Snowman USBメモリ(256MB)」(キャンペーン価格1980円)、太ったクマ型「FATBEAR USB flash drive 256MB」(3980円)などもある。
セレブな空間!高級癒しスポット
ニュージーランドのボート特注
イタリア モテる男の条件は手料理!
ドイツが誇るスーツケースRIMOWA
今からチェックするクールビズ
目覚めスッキリ!羽毛布団で快眠ライフ
クリスピークリームドーナツ、もう食べた?
これぞ!とんかつの名店!
魅惑のラオス。ルアンパバーンぶらり旅
大学発ブランド「近大マグロ」探訪
天満天神繁昌亭で上方落語ブームを体感!
春の京都でしっとりお花見デート
シーズン到来!タラバガニを食べよう
クジラを食い尽くせ! 絶品尾の身に驚嘆
アートとしての「磁性流体」
政治家になろう〜市議会議員編〜

仕事に退屈しないために
気分転換アイテムを

USB機器には、仕事で使うものだけでなく、いろいろユニークなものもある。「ゴーストレーダーUSBメモリ(256MB)」(5980円)は、周辺の幽霊を探知してしまうというアイテム。社内で使うのはもちろん、ノートパソコンとともに持ち運べば、出先の周辺のお化けを探知できる。「それ、何ですか?」と興味を持った人とのコミュニケーションツールとしても楽しめるだろう。本当に検知してしまったら、ちょっとゾッとして、スリルと緊張感を楽しめる。

子供の頃作ったプラモデルなどでは、ミサイル発射機能などを搭載した飛行機や戦車があったものだが、デスクの上でミサイルを発射するアイテムもある。「USBサーカスキャノン(人間大砲)」(4980円)は、パソコンに接続して、パソコンからの操作で方向を変更し、人間大砲を発射できるというアイテム。最大3メートル飛ぶが、弾がスポンジなので当たっても怪我をしにくい安全なものになっている。たとえ発射しなくとも、「いつかコロス」と思っている相手に狙いを定めるだけでも楽しいものだ。発射するのは自己責任でヨロシク。

タカラトミーの「秘密基地をつくろう」シリーズも遊び心溢れるUSB機器。ボタンを押すことでPCを終了できる「エマージェンシーボタン」(3990円)、電光掲示板に情報を表示する「グリッターパネル」(5985円)などは、退屈な日常をアレンジしてくれる楽しいアイテムだ。
秘密基地をつくろう