日刊 勝ち組スポーツ・勝ちスポ!
鎌倉を散歩するならさんぽす

最新の生活様式“ロハス”を知ろう

自分のみならず、環境にも優しい
今、求められるもっとも健全な生活

“ロハス(LOHAS)”とは。まだ耳なれない言葉だと思う。LOHASすなわち「Lifestyles(生活様式) Of Health(健康) And Sustainability(持続性)」。たんなる一過性のものではなく、継続することで効果を発揮する。自分=人間の幸せや健康だけでなく、地球にも優しいエコロジカルなライフスタイルだ。
米国の社会学者と心理学者が提唱したこのライフスタイルは、いまや静かに生活に浸透しはじめている。とくに本場米国では、すでに一般的な言葉であり、ロハスを新たなビジネスチャンスとして事業を展開する企業も多数存在する。また、ロハスという言葉を知らなかった人でも、ひとつひとつのキーワードには聞き覚えがあることだろう。
“スローフード”“リフォーム”“リゾート”etc.…。
まずは、その入り口から覗いてみよう。
鎌倉を散歩するならさんぽす

ドミノの世界
生誕10周年!キシリトールの謎は解けた!
世界遺産に触れよう!
そろそろ日本の男性も肥満をまじめに考てみよう
かっぱ橋道具街周辺そぞろ歩き♪
脳を活性化する「大人の塗り絵」
うさんぽ、してみる?
アジの干物作りにトライ!
今だからこそ、大人の「バリ島」へ
マリー・アントワネットってどんな人?
さあ、憧れのマジックを覚えよう。
「クロスバイク」で快感通勤のススメ!
蚊は怖い存在!蚊対策!
男、箸にこだわる!
触れたらハマる「ダーツ」の魅力!
僕らは、貯金箱の快感が忘れられない!

快適を求めれば、そこには
ロハスが存在するのだ

“ファーストフード”の対極として、1980年代のイタリアで生まれた“スローフード”の概念は、現在、世界各地でその運動を展開している。
食はロハスの中でも、もっとも重要なパートを担っている。まず、自身が健康でなくては、なにもはじまらないからだ。日本でも、洋食に押されて排他されつつある郷土食や伝統野菜、歴史あるスローフードが存在する。

*参考
日本スローフード協会

◆リフォーム
自宅は、職場や街の喧噪を離れて、もっとも自分らしく過ごせる場所だ。そんな空間を、よりロハスの精神に沿ったふうにリフォームできれば、生活の質は飛躍的に向上する。有害物質によって引き起こされるシックハウスとも無縁。無垢材や古材など、人体はもとより環境にも優しい素材が用いられる。

*参考
「LOHASな無添加リフォーム 自然素材でおいしい空気、癒し計画」
「無垢の家のつくりかた

◆リゾート
ストレスフルな生活を送る現代人にとって、バカンスは欠かせないリフレッシュだ。どんなに日常生活で気を使っていても、万全とはいき難い。長期の休みには、本格的なリゾートホテルを利用して、食・住・サービスにこだわった時を過ごしてみよう。これもまた、ロハスの一環と言えるのだ。

*参考
「ザ・ウィンザーホテル洞爺」/北海道
「ホテルプルミエール箕輪」/福島
「ザ・ブセナテラス」/沖縄
倉敷・最高の地酒を訪ねて
都会の景色を二人占め「セスナで遊覧」
温泉情緒を満喫〜四万温泉
髪の毛から醤油?! つくってみた
夏オフィスでの冷え対策
袖に輝くカフリンクスに注目!
トライアスロンをしよう!
大人の音楽“モダンジャズ”に浸る
デザイナーズチェアを手に入れよう!
焼き鳥屋:バードランドに迫る!
40万円ミシン!超高級家電が日本を救う
「北」の国から。遼寧省の中朝国境をゆく!
とっておきの高級ステーキが食べたい!
クリスマス間近! ホテルでデート
至高の酒・シャンパンを楽しむ
一度はしてみたい“わんにゃんデート”

まだまだあるロハスのキー
生活の質を向上させよ!

ロハスの精神は「金銭の問題より、生活の質と環境への影響を考慮する」。まさに勝ち組のためのライフスタイルと言えるだろう。先に挙げたのはほんの一部。むしろ、このロハスの根幹となるキーワードさえ頭の片隅に置いておけば、すべての生活にロハスが生まれる。
衣食住はもとより、趣味やビジネスの分野でも、心身の健康と環境への配慮は欠かせない。ホルモン異常や環境問題、鳥インフルエンザや狂牛病などの新しい病。多数の問題を抱える現代社会が、全体として取り組まなくてはならない運動と言えるだろう。
これからを担う勝ち組諸氏には、ぜひとも意識を向けてもらいたい。

*参考
「LOHAS(ロハス、ローハス)って何?」
「[[[ Lohas-World ]]] ローハスなライフスタイルのためのポータルサイト」