日刊 勝ち組スポーツ・勝ちスポ!
上野デートスポット

留学・駐在・起業…「大連」の魅力とは

北の都・大連
中国有数の文化都市に魅せられて

出張、駐在、語学留学……。日本でアクティブに生活し、精力的に仕事をこなすほど、中国の現地に長期間の滞在が必要となる局面が発生します。しかし、日本人にとって、中国社会で生活する事へのストレスは決して少なくないもの。不当価格・治安問題・衛生環境・反日感情・インフラ面での日本との相違など、軽視することの出来ない問題が数多く発生することでしょう。

北の文化都市・大連の魅力は、この種の問題が中国国内の他地域と比べて、ぐっと少ない点です。実際に街を歩いてみるとわかりますが、大連市内の衛生環境は中国ではかなりの高水準。治安の面に関しても、その他の華北・東北地区の都市とは比較にならないほど良好です。また、我々にとって何よりも嬉しいのは、人々の日本語学習率が高く、日本に対するイメージが良い点。ふらりと入った地元の食堂のマスターや、タクシーの運転手が(カタコトではありますが)日本語を話してくれることもあります。それでいて、いわゆる「ぼったくり」に遭う確率は北京や上海よりもずっと少ない。この街が日本人留学生や駐在員の間で人気が高い理由にも、うなずける気がします。
中国・大連
上野デートスポット

おしゃれな照明効果でモテモテに!?
男性美容講座・増毛-薄毛の悩み-
目覚めスッキリ!羽毛布団で快眠ライフ
抗生物質が効かない!?
今風・酒の薦めは「立飲み」でキマリ
防音マンションで音楽と共に暮らそう。
浜松町で鉄板焼きを手軽に喰らう-粉八-
小粋でいなせなイマドキの屋形船事情
診察料は子供の笑顔!!おもちゃドクター
和風クールビズ「手ぬぐい」が大人気!
浴衣で粋な夏をすごす
いざ!UMA発見の旅へ!
「クロスバイク」で快感通勤のススメ!
大人の科学 「大人のための科学キット」
大冒険を満喫できる究極の乗馬とは?
食事も兼ねた、美術館巡りはいかが?
快速軌車の改札と、大連のタクシー

レトロと近代性の融合
黄海に浮かぶビジネスシティ

大連の市街は、中山広場を中心として道路が放射状に広がっています。広場の周りを取り囲む、大連賓館や中国工商銀行などの古めかしい建物は、どれも往時の日本人が建設したもの。これらのレトロな建築物と背後にそびえるビル群との対比は、大連の街を象徴する奇観です。かつて日本による都市計画に基づき建設された市内中心部は、駅や港・繁華街などがコンパクトにまとまっており、都市の利便性の良さは特筆すべきでしょう。

日本人ビジネスマンがしばしば訪れることになるのは、郊外に位置する経済技術開発区。開発区では特に外資系ハイテク産業に対する所得税の減免処置が取られることもあり、日本や世界各国企業の生産拠点や工業団地が整然と立ち並んでいます。大連市内から開発区へは、「快速軌車」と呼ばれる最新型都市交通で結ばれており、相互のアクセスは極めて良好です。

また、大連市内・空港・開発区・郊外ベッドタウンの金州市などは、どれも遼東半島先端の数十キロメートルの範囲内に点在しています。これらの地域は、それぞれタクシーで1時間以内、日本円にして300〜1500円程度の費用で移動が可能。また、市内の運転手のマナーは、中国の他都市と比較すればかなり優秀です。

安全・清潔・アクセス至便。中国ビジネスの一大拠点としての大連の優位性が、こういった点からも垣間見られますね。
ベニス・ゴンドラの旅
MNP、3.5世代携帯電話って何?
愛と夢が凝縮された「キャラ弁」の世界
本気で遊ぶ!エンジンラジコンを楽しもう
落ちにくいメイク〜Eye Make
紅葉と癒しの高級旅館
一般人だって、歯は命!
徹底解剖!ハタラク中国人のお仕事意識
デザイナーズチェアを手に入れよう!
袖に輝くカフリンクスに注目!
社交ダンスでモテる男の術を学ぶ
自律移動ミュージックプレイヤーmiuro
ボジョレー・ヌーボーの解禁日−パリ
男がハマる“おりがみ”の世界
「サイエンスカフェ」で頭脳を磨く
女性は手づくりでイチコロ!フラワーアレンジメント

まずは現地に住んでみる?
快楽的大連ライフの大解剖

続いて、大連における現地生活について見てゆきましょう。

日本人も中国人も、大連っ子のシティライフに欠かせない存在が、労働公園のすぐ近くにあるショッピングセンターのマイカル(麦凱楽大連商城)です。店内では、日本の食品や電化製品を大量に扱っているほか、日本語を話せるスタッフが常駐。日本国内のデパートとほとんど変わらない感覚で利用できるため、駐在員や留学生にとっては心強い存在です。

また、大連生活の情報収集に欠かせないのが、現地の日本語無料情報誌(フリーペーパー)の存在。その中でもチャイナ・コンシェルジュ社発行の『コンシェルジュ大連』は有名です。こちらは最大手だけのことはあり、現地の実用情報から気軽に読める娯楽記事まで、非常に充実した内容。ほかにもi.D大連eyesなどのほか、多数の雑誌が存在しており、現地事情を知ることが可能です。日本語の通じる料理店やバー、KTVやマッサージなどのナイトライフ・スポットに関する情報も、ここから得ることができます。

市内には、三菱東京UFJ銀行やみずほ銀行といった日系銀行の支店が存在しており、中心医院をはじめとした日本語が通じる医療施設も整備されています。留学に駐在に。大連は、はじめて中国に足を踏み入れる日本人にとって、優しい街であると言えるでしょう。
大連の高層マンションと、『コンシェルジュ大連』