日刊 勝ち組スポーツ・勝ちスポ!
京都を散歩するならさんぽす

浜松町で鉄板焼きを手軽に喰らう-粉八-

自らがエンターテイナーとなり
飽きない食事を

 生きていく上で絶対に欠かすことのできない行為に「食事」がある。我々は、毎日何かしらを食べることで日々生活をしている。そんな毎日の行動だからこそ、出来るだけ美味しいものを食べたいと思うのは至極当然のこと。幸い、日本の料理は何を食べても美味しい。もちろん、日本人が日本人の口に合わせて作っているのだから、当然だ。しかし日本にいながらにして、他国の料理を美味しくいただけるのは幸せなことだ。

 ところで、食事には美味しいものを……と思うのはもっともだが、どんなに美味しいものを出してくれる店でも、毎日通えば飽きてしまうというもの。しかし、1つのお店で色々な料理を最高の品質でいただけるとしたらどうだろう? 

 今回はビジネスの中心地である浜松町/大門でカップルに大人気の鉄板焼き「粉八」を紹介しよう。このお店では他にはないコンセプトで料理を提供し、お客様自身が料理のエンターテイナーとなれる。
お好み焼き/粉八
京都を散歩するならさんぽす

王様の眠りを約束する快眠テクノロジー
香りのフェロモンでモテる!
相撲を楽しんだあとは“ちゃんこ”を満喫
役立たずでも面白い! 検定に注目せよ
大人のための日帰りバスツアー!
アニメで見て憧れたアノ食べ物を徹底追求
オーガニックで行こう!
古代魚を飼いたい!
気になるカエルのお菓子箱。オフィスグリコ
この夏「ヘッドスカーフ」が流行中!
笑い文化の原点に触れてみてはいかが?
MOOG(モーグ)の音色に酔いしれる
発明でどーんと稼いじゃおう!
マイナスイオンで快適ライフを送ろう!
彼女とぶらり小旅行 上高地・立山の旅
男の癒しバスタイム
お好み焼き/粉八

それぞれが好きなようにできる
それが「お好み」ということ

 粉八は「イタリアン」と「お好み焼き」の職人がそれぞれの持つ技を発揮し合いコラボレートする店。一見まったく関わりがないように見えるこの料理だが、「鉄板」というアイテムで見事に連携している。オススメメニューは、お好み焼きなら「山芋たっぷりとん平焼き」(714円)。イタリアンなら「シェフおすすめの鮮魚のカルパッチョ」(1,134円)だ。その他にもメニューには書かれていないウラメニューとして「カルボナーラ」や「アラビアータ」といったパスタも頂くことが出来る。もちろん、お好み焼きも多数用意されている。そして、イタリアンとお好み焼きのコラボを実現した料理には「イタリアン風ピザ天」(1,239円)などがある。

 ここでの楽しみ方に決まりはない。たとえばカップルで来て、女性はイタリアンを男性はお好み焼きをそれぞれ頼んでもいい。今日食べたいものが違っても、ここならば一緒に楽しむことができるのだ。お客様自身の「お好み」に合わせて自由に楽しむことができる。それが「OKONOMI DINING」。

ヴィンテージワインで、深いひと瞬間を
暮らしを彩る魅惑の輝き バカラグラス
新しくなった表参道に行こう!
ご当地名物「ゆるキャラ」を探せ!
ビールだって自分で作れば断然うまい!
made in japan
情緒を呑み尽くす 京都で大人のデート
黒いトマトから究極のトマトまで〜フルーツトマトの世界
ゲームじゃなく鉄道を運転したい!
オーダー自転車で街を行こう!
鞄は実用?それともオシャレ??
満天の星空を我が家に!
現地ドイツでW杯を楽しみませんか?
クロスカントリーを観よう!楽しもう!
日本上陸!外資系ラグジュアリーホテル
下関でふぐを食べつくす豪華旅行

五感をフル稼働させて過ごせば
大切な時間を演出できる

 ある程度お腹が満たされてきたら、次の主役はゆったり飲めるお酒と語りあい。粉八の店内は暖かく優しい雰囲気に包まれているから、ゆったりと語り合うのにもぴったりの空間になっている。BGMに聞こえてくるのはジャズ。お互いの言葉が途切れても、ジャズが間を繋いでくれるので、堅苦しくならずに過ごすことが出来る。さらに、カウンター席に座れば、目の前の鉄板で料理が作られていくところを見て楽しむことも出来るのでオススメだ。

 粉八ではゆっくりとした時間を感じることが出来る。その秘密は、どうやら座席にあるようだ。座席同士の間隔を広くとっているため、隣の話し声が気にならない。つまり開かれた空間でありながら、プライベートな空間を感じられるのだ。カウンターや壁面のデザインにもオーナーのこだわりがある。洗練されたクールなデザインを導入しつつ、色使いで暖かい雰囲気を出し、お客様の居心地のよさを追求した。実はこのデザイン、『金スマ』でもおなじみのリフォームの達人、?TUNE代表の新保達矢氏によるものとか。ヨーロピアンなイメージを大切にした塗り壁からは、どこかアットホームな匂いすら漂ってくる。この店では気疲れすることなく時間を過ごすことができるのだ。
お好み焼き/粉八