日刊 勝ち組スポーツ・勝ちスポ!
浅草を散歩するならさんぽす

グッドなデザイン、集めてみました

30,000件以上が受賞!
50周年を迎えた「グッドデザイン賞」

皆さんが日ごろ目にする電化製品や生活用品の中に、「G」のマークを見かけたことはないでしょうか。そのマークの意味、もちろんご存じですよね。

そうです、「グッドデザイン賞」。2006年も10月25日に本年度のベスト15の中からグッドデザイン大賞1点、グッドデザイン金賞14点が選出されました。実はこの「グッドデザイン賞」の歴史は長く、かれこれ50年、30,000件以上のグッドなデザインが選出されてきました。1957年に通商産業省によって創立された「グッドデザイン商品選定制度」を母体とする、我が国唯一の総合的デザイン評価・推奨制度です。

この賞は単に美しさを競うデザインコンペではなく、「優れたデザイン」を社会に普及させていくことで、私たちの生活をより豊かにすることと、産業の発展とを同時に後押ししようとする活動だそうです。

今回は過去に受賞したものの中から、アッ驚くような奇抜なデザイン、思わずため息がでるような素敵なデザインをご紹介しましょう。
グッドデザイン賞
浅草を散歩するならさんぽす

ミラコラーレ/「車オタクの総合デパート」を目指して
IKEAが日本進出!
NY行くならミートパッキングディストリクト
自宅で極上のバスタイムを演出しよう
今、時代はホスピタリティ
あなたの口の中は大丈夫?
パパ!忍者になるっ。
唯一無二のウェディング「最高の結婚式」
水難事故から身を守れ
今年の夏こそ本気でサーフィン
うわさのストレスコーチングって何?
映画の世界を旅しよう!
オシャレのエアポケット、ベルトに注目!
どれだけ知ってる?マイナースポーツ
地球のロマン・映画で巡る世界遺産の旅
時を超え自分と再会…タイムカプセル
OXO 大根グレーター

デザイン性豊かな「大根おろし器」
性能もバッチリだから侮れません!

2006年度の金賞のなかで異彩を放つのが『OXO 大根グレーター』。大根おろし器にデザイン性を持ち込んだというユニークさに加え、使用感を損なわない、計算され尽くした美しいデザインが評価されたようです。

デザインはJRの自動改札機Suicaの開発や、日産自動車のデザインで有名な山中俊治さん。職人がつくる銅製おろしの性能を科学的に解析し、十数枚の試作品で歯並びの最適化を試みるなどして、完成までになんと2年以上の歳月を費やしたそうです。

性能の面では力を入れずにおろすことができるのが特徴で、単純往復は普通に、円状におろすとキメ細かくおろせます。そのほか、立てたまま収納ができる点や、磨り減りにくく、耐久性の高いポリアセタールの刃を使用するなど、ユーザーのハートを掴む性能が満載されています。

ただ単にデザインが美しいだけでなく、機能性にも優れているところがこの「OXO 大根グレーター」の素晴らしさ。「グッドデザイン賞」金賞受賞も頷けるところです。
地球儀アドベンチャーにでかけよう!
自分に御褒美を!
ドライビングシューズを履きこなそう!
最高の動物園デート
世界遺産に触れよう!
消しゴム大好き!
地方発 ドライブデートスポット
焼鳥屋で幻の一品? 白レバーを食す
とっておきの高級ステーキが食べたい!
魅惑のラオス。ルアンパバーンぶらり旅
めんそーれ、石垣島
世界最高の輝き!スワロフスキーに夢中
ワンカップで日本全国飲み歩きの旅
大河ロマンの焼酎〜「篤姫」と指宿
高級万年筆を使いこなせ
高級ステーキを食す!

この時期、お部屋の隅で大活躍!
「加湿器」にもデザイン力が必要です

2005年に商品デザイン部門で金賞を受賞した『±0 加湿器』は、“インテリア性の高い、今までの加湿器にない新しさ”、“ターゲット、場所を選ばないシンプルさ”、“光沢塗装で継ぎ目のない、陶器のような外観”が評価されました。

デザインの最大のポイントは、陶器のような外観。金型を磨いて成型し、さらにプラスチックのつなぎ目を職人さんが一つひとつ手作業で磨くことで、陶器のようになめらかな質感と、つなぎ目の無いつるっとした形を実現しています。家電製品の枠を越えた、まさに人の手で創り上げられた「プロダクト・アート」と呼ぶにふさわしい逸品です。

現在、Ver.3が発売中。自動運転を使えばセンサーが適度を感知し、適度な湿度を保つことができ、アロマポットにアロマオイルを入れれば香りも楽しむことができます。

空気に潤いを与える水滴のような艶やかで清潔なやさしい形。ノロウイルス対策は、このデザイン性豊かな『±0 加湿器』でどうぞ。
±0 加湿器