日刊 勝ち組スポーツ・勝ちスポ!
上野を散歩するならさんぽす

一流を感じる 〜リムジンに乗る優越〜

白のハマーと株式会社ACTY社長

リムジン=非日常的なもの
その枠を取っ払う

 リムジンを知らない人はほとんどいないが、実際に乗ったことのある人はそう多くないだろう。「ファーストリムジン」の運営会社である株式会社ACTYの社長は、なぜリムジンを日本で展開することにしたのだろう。

 「ラスベガスやハワイに行くと、日本人の多くがリムジンに乗っています。日本では結婚式などの特別な日にしか乗らなかったのですが、料金を低く設定すればタクシー感覚で乗れると思ったんです」と社長は語る。

 リムジンという乗り物を、もっと日常的に使って欲しいという。せっかく六本木ヒルズなどで高い料理を食べようと思っても、タクシーで乗りつけるのでは何となく味気ない。そんなときに使うのがオススメだ。

 「ファーストリムジン」では、まずは都心を中心に展開を始めるが、ゆくゆくは沖縄や名古屋へと出店する計画もあるそうだ。これからは、リムジンは海外でしか乗れないものではなく、日本でも気軽に乗ることが出来そうだ。友人より先に体験してスマートに乗りこなせるようになっておこう。
上野を散歩するならさんぽす

せっかくのサプライズ
最後までカッコつけていこう

 普段乗る機会がなかなか無いリムジン。予約を入れてはみたものの、目の前にしてどうしていいのかわからないのでは、格好がつかない。そこで、リムジンを提供している社長直伝のスマートな乗り方を、この際押さえておきたいものだ。

 まず、リムジンが到着した時は堂々と構えているべし。あたふたと自分でドアを開けようとしないこと。ドアサービスがあるので、それをちゃんと利用しよう。そして、ドアを開けてもらった後は、モタモタせずにレディファーストで乗車させてあげよう。後は、あなた自身が描いたストーリーをきっちりとこなしていけばOK。堅苦しいルールやマナーがある訳ではないが、最低限「格好よく見える」動作を覚えておこう。

 では早速、次の記念日に予約を取ってみよう。リムジンを利用したサプライズは多種多様。自分なりの最高のおもてなしストーリーを実現して欲しい。

【取材協力】
ファーストリムジン:株式会社ACTY(アクティ)
TEL 03-5789-3079

【関連記事】
憧れのフェラーリをレンタルしちゃおう!
最高のサプライズをリムジンで
株式会社ACTY社長とリンカーン