日刊 勝ち組スポーツ・勝ちスポ!
お散歩するならさんぽす

めざせ「おしゃれパパ」スタイル!

“五つ星”バギー

抱っこが重くなったらベビーカー
見た目以上に使える“五つ星”バギー

 抱っこが重くなるころには、いよいよベビーカーの登場です。ベビーカーには生後2カ月から使えるベッドタイプのA型と、腰がすわってから使えるB型、さらにはAB兼用タイプなどがあります。使用月齢でいえば約5カ月しか差はないのですが、このたった5カ月の間に赤ちゃんは飛躍的に成長するのです。赤ちゃんの腰がすわってくるようになると、パパママのお出かけもひんぱんになるころ。そんなとき「おしゃれなベビーカーで出かけてみたい」という希望をかなえてくれるのが「マクラーレン」の3輪車タイプのベビーカーです。

 マクラーレンといっても、F1で有名なマクラーレンとは別物ですのであしからず☆ 日本ではまだまだおしゃれなママたちの間だけで話題になっているベビーカーですが、 全米でのシェアはなんと65%。パパが押してもかっこいい、スポーティーな折りたたみ式のデザインです。 ちなみにイギリスでは、ベビーカーに対して5段階のシートベルトや後輪ブレーキ、二重ロックなど全部で19項目の厳しい決まりがあるのこと。それらをクリアしたこのベビーカー、使用期間は約5カ月〜4歳(約20kg)まで対応可能。3輪車感覚なので、赤ちゃんが大きくなっても楽しみながら乗れ、パパママが押してもカッコよく見えること間違いなし。従来のベビーカーに比べてちょっとお高いけれど、長く使えるという点では五つ星がつくのでは!?
お散歩するならさんぽす

ママバッグはもう古い!\?
カッコいい「パパバッグ」が登場

 スリングにベビーカーまでこだわるのなら、思い切ってバッグもおしゃれにそろえたいもの。おむつやタオル、哺乳びんなどを入れる通称“ママバッグ”はいろいろ入ってとっても便利だけれど、その重さはスーパーヘビー級。それをひょいっと持ってくれるパパがいれば心強いですね。でも、明るい花柄やキャラクタープリントの入ったバッグに抵抗のあるパパもいるはず。「こんなファンシーなバッグを俺が持つわけ?」といったパパの気持ちを解決してくれるのが「OiOi」のおしゃれなメッセンジャーバッグです。

 バッグにはたっぷりと余裕のあるマチ、すぐに物を入れられる両サイドのポケット、おそろいの生地で作られた哺乳びんケースもついています。生地は1960年代のレトロモダンを意識したデザインで、落ち着いたシックな色合い。これならパパとママで兼用も可能です。

 もう一つご紹介したいのが、ニューヨークの子育て中のデザイナーが考案したバッグ「SKIP HOP DUO」。バギータイプのベビーカーへの装着が可能で、サイドポケットは哺乳びんやドリンク入れに。数々の機能を備えていながらスタイリッシュなデザインなので、服を選ばずパパでも持ちやすいバッグです。ショルダータイプなので両手が使えるのもうれしいところ。オムツ替えマットもついています。

 子育ての秘けつは、育てるほうも楽しみながら一緒に成長すること。おしゃれなベビーアイテムで、カッコいいお父さんの“イケメン”ならぬ“イケパパ”をめざしてみてはいかがでしょう?
カッコいい「パパバッグ」