日刊 勝ち組スポーツ・勝ちスポ!
鎌倉を散歩するならさんぽす

文豪の愛した食事

作家は何を食べている?

 日本には数多くの名作がある。そしてもちろん、それを生み出す偉大な作家の面々がいる。執筆の合間に、打ち合わせに、プライベートで、彼らが味わった様々な料理。それは文豪の糧となり、作品に反映されたことも数え切れないほどあるのだ。

 日本を代表する作家はどのようなものを食べ、歴史に残る文章を生み出したのだろうか?現存する、文豪を魅了した食の数々をご紹介しよう。

 最初にご紹介するのは、銀座の維新號。山口瞳が最後に外食した場所として知られている。元々この店を贔屓にしていて、叉焼麺と肉まんを注文することが多かったという。吉川英治や谷崎潤一郎、留学中の魯迅も訪れた店だ。肉まんは池袋東武などでテイクアウトすることができ、手軽に文豪の気分を味わえる、かもしれない。フワフワの皮のなかにはジューシーな餡がたっぷり入り、今も尚多くの人に愛されている。
作家が通った店
鎌倉を散歩するならさんぽす

寒天とトコロテンって同じ?違うもの?
ロマンティック! 水上に住まう暮らし
自然が生み出す奇跡。中国:九寨溝
今、時代はホスピタリティ
目覚まし時計が、光る!香る!飛ぶ!
楽しい自動車メーカー「光岡自動車」
野点で味わうジャパネスク
紅茶の楽しみ方
躍進する27歳社長のこだわりとセンス
週末は三浦海岸で地引網
大人のホビー「高級ラジコン」
危険いっぱいの魅惑の世界へ 冬山登山 
made in japan
男性美容・デキる男のリフレッシュ!午睡を満喫
キミは、ふんどしを締められるか!
究極の「焼きいも」を探せ!
神楽坂 たつみや

著名人御用達?
神楽坂 たつみや

 井伏鱒二や常盤新平が直木賞の知らせをここで聞いたというのが、神楽坂の鰻屋、たつみや。アラーキーや岡本太郎、ジョンレノン&オノヨーコ夫妻も贔屓にしていたという、著名人御用達の店だ。

 メニューには載っていないのだが、こちらではまず、肝焼きを注文して欲しい。数に限りがあり、食べられないことも多いのだが、もし残っていれば幸運。肝の臭みがまったく感じられない、鰻を食べ歩いている人でも感動の味に出会えるだろう。柳川や白焼きを頼み、日本酒とともにチビチビとやってから、〆にうな重だ。値段の違いは単純に量の違いなので、お腹の具合次第で決めると良い。しばし蓋を取らず、蒸らしてから、いただこう。備長炭で焼かれフックラとした身、継ぎ足され続けたタレが合わされば思わずかっこみたくなる美味さだ。

 場所は、毘沙門天斜め前、肉まんで有名な「五十番」の角を曲がってすぐ。お腹に余裕があれば合わせて楽しんでもいいかも。
ニュージーランドのボート特注
勝つためのヒント! 将棋でデキる男になる
セレブなワインテイスティング会
彼女との距離も縮まる?冬の花火!
ゴールデンウィークの過ごし方
男の料理はカタチから!
香道、自分の内にあるものを味わう道
おもしろ・マイナースポーツ
地上波デジタル放送をそろそろ導入したい!
パワーアップ風水
どれだけ知ってる?マイナースポーツ
勝ち組男性が綺麗なのは絶対です!
新「会社法」で誰でも社長になれる
楽器をつくる
『ハゲを隠すな』劣等感に逆転勝利!!
源泉掛け流し温泉に行こう!

永井荷風が毎日通った
浅草 尾張屋

 あめりか物語、濹東綺譚などの作者として知られる永井荷風。離婚後は生涯一人身だったが、市川の自宅から毎日浅草に通い、ストリップ劇場に入り浸っていたという。その際、雨の日も風の日も毎日通い続けていたというのが、尾張屋だ。荷風の来店時から店に出ていた女将は語る。

 「毎日決まった時間、決まった席で、かしわ南蛮を召し上がっていました。必ず筋を残されるので、途中からは筋のない部分を選んでお出ししてたんですよ。うちの看板メニューは天ぷらそばなんですけど、見向きもしませんでしたねぇ。必ず同じ席にお座りになるんで、一度意地悪してその席に前もって他の客を座らせてしまったことがあるんです(笑)でも、その日の先生は不機嫌で不機嫌で。以来、その席は時間になると空けておくようにしました。元旦のお休み以外、本当に毎日召し上がってましたね。最後にいらっしゃった日にトイレで倒れられて。タクシーを呼んで店の者が乗せたんですが……数日後、新聞で亡くなったことを知りました。」

 荷風の愛したかしわ南蛮だが、女将によれば「天ぷらそばの方が何倍もお勧めなんです。この値段でこれだけのものを出せるのは、海老屋と直接取引きしているから。先生にも一度くらいは食べてもらいたかったですねぇ」だそうだ。 
浅草 尾張屋