日刊 勝ち組スポーツ・勝ちスポ!
横浜中華街おすすめ食べ歩きマップ

ロボットミュージアムin名古屋

名古屋・栄に誕生!

 2006年10月12日、日本初のロボットミュージアムが誕生したのを、あなたはご存知だろうか。開館直後から地元名古屋で大きな話題を呼んでいるこの施設は、繁華街の栄駅からすぐという絶好の立地にある。2010年5月まで、44ヶ月の期間限定での開館を予定しているが、既にたくさんの入場者を記録し、名古屋の名物スポットとなっている。

 2階建て、述べ床面積2600?の敷地内は4つのエリアからなるが、なかでも注目なのは、ロボットの歴史や最新のロボットを見て・聞いて知ることができる、ROBOTHINKだろう。一般で1300円の入場料は高く感じるかもしれないが、それ以上の満足が得られること請け合いだ。

 愛知万博以降、脚光を浴び続けている名古屋はまだまだ熱い! 今回は、最新の「ロボット事情」が垣間見ることができる、「ロボットミュージアムin名古屋」をご紹介しよう。
ロボットミュージアムin名古屋
横浜中華街おすすめ食べ歩きマップ

夏はすぐそこ!ビーチサンダル特集!
生活に潜む身近な恐怖!!トランス脂肪酸
なんとも不思議な楽器 テルミンの音色
“真の”ナポリピッツァを食べる
贅沢の極み 〜幻のアラ鍋
触れたらハマる「ダーツ」の魅力!
醤油に凝るなら紅梅しょうゆ!
ビッグスクーターでタンデムツーリング!
悦楽のイタリアンスクーター
すわ!地震 そのときに!
そうだ、宇宙に行こう!
どれだけ知ってる?マイナースポーツ
大人の音楽“モダンジャズ”に浸る
南米熱帯雨林の天恵、アマゾンフルーツ
モバイルオーディオの楽しみ
温暖化で幻となる日も近い?“天然氷”
企画展

1階の企画展示は?

 エントランスでは、愛知万博で活躍していた接客ロボット「ワカマル」が出迎えてくれる。見覚えのある人もいるだろう。頭脳的には中で待つロボットと比べて劣るのだが、なかなか愛らしい。

 オープニングの企画展はロボットラボ展「今日は休みかもしれないーOff-time?―」で、2月4日までの開催だ。カメラで台の上に立った我々のとったポーズを撮影、その輪郭をホワイトボードに描いてくれる「profiler(プロファイラー)」と、ボタンを押せば、ロボットの動作音で様々な音楽を奏でてくれる「instrument(インストゥルメント)」が「遊んで」いる。そう、これは産業用ロボットが「余暇を楽しむ」姿なのだ。どちらも我々が体験し、一緒に「遊ぶ」ことができる。筆者も当然体験してきましたが……いやぁ、いざとなると、どんなポーズをとったら良いのか思いつかず、ありきたりになってしまった。皆さんは、ロボットを困らせるような?楽しいポーズを考えていくことをお勧めする。尚、このフロアではスタッフが丁寧に解説をしてくれるので、マニアでも存分に楽しめるはずだ。
僕らは、貯金箱の快感が忘れられない!
注目のメンズコスメ「VITAMAN」
あなたの為に世界に一つだけの花
地球にも人にもやさしい「蚊帳」
日焼け止めをきわめよう!
情緒を呑み尽くす 京都で大人のデート
異色のウォッチメーカー -Sinn-
グッドなデザイン、集めてみました
ベストセラー作家を目指してみる?!
心に刻む日本の風景を貼り絵で
世界一の高層ビル“台北101”登頂
日本上陸!外資系ラグジュアリーホテル
街を、自然を、MTBで駆け抜けよう
落ちにくいメイク〜Eye Make
今年の夏はビーチバレー
ラフティング これぞ自然のウォータースライダーだ!!

2階でロボットの歴史を学ぶ

 階段を上がればテーマ展示、ロボットクロニクルの始まりだ。ここからの博物館ガイドをしてくれるのは、i-podの音声システム!小学生以上なら無料で借りることが出来る。さすが、センスがいい! ガイドはロングバージョンとショートバージョンが収録されており、ロングを聞けば相当時間がかかるので、時間に余裕があるかどうかで選びたいところ。

 「ロボット紀元前」「ロボット革命」「ロボット成長期」「ロボット飛躍期」「ロボット共生期」の5つのセクションで展開されるコレクションウォール・ヒストリーウォールは見応えがある。世界中のロボットの写真、映像、書籍、グッズなどがここに集結したなかで「あ、この映画観た!」「あぁ、自分の生まれた頃はこうだったよね」「懐かしい〜、これ好きだった」なんて会話があちこちから聞こえる。誰でも何かしら接点の見つかるのが、実はロボットという存在なのかもしれない。スーツ姿の男性も多く訪れているようだ。
ロボットクロニクル