日刊 勝ち組スポーツ・勝ちスポ!
鎌倉を散歩するならさんぽす

現代風!? 葬儀・墓参アラカルト

ネット墓参り「アイキャン」

故人を偲ぶ気持ちを忘れない
毎日のお参りはどうする?

 葬儀は大概において、慌しく終了するもの。それは、故人と関係があった人々が悲しい気分に浸る時間できるだけ少なくするためとも言われる。葬儀が終われば初七日や49日などでまた故人を偲ぶこととなる。そうした日には、故人への思い出にたっぷりと浸ることもあるかもしれない。しかし、大切な人にはできるだけ沢山会いたいものだ。

 お墓に入ってしまったあとは、お墓参りやお仏壇へのお参りが、大切な人との対話の時間になる。自宅から近ければ頻繁にお墓参りし、供養することもできるが、なかなかそれは難しい。お墓まで行くとなれば、時間もかかってしまい、忙しい勝ち組としては、ジレンマになることだろう。しかし、現代はIT全盛期のデジタルな世の中だ。 「アイキャン」では、インターネットを利用したお墓参りのサービスを無料で提供している。

鎌倉を散歩するならさんぽす

いつでもどこからでもできる
ネットでお墓参りをしよう

 普段のお参りならば、家に仏壇をおけばいいと思う人もいるだろう。確かにそれでも良いが、長い出張や旅行で帰宅できないときはどうだろうか。そういうときでも、お参りできる仕組みがアイキャンの提供する「ネットお墓参り」だ。インターネット上に架空のお墓を用意し、世界中のどこからでもどんな時間でも故人への冥福をお祈りすることが可能となっている。

 お墓の画像には実際のお墓の画像を利用することが出来るので、実際にお墓参りしているのと何ら変わりはない。その上、お供えものやお線香まで用意されているのが嬉しい。しかも、実際にお線香を供えれば煙が立つなど、お墓参りの厳かな雰囲気がそのまま再現される仕組み。忙しい現代人ならではの、お墓参りのシステムだ。しかしながら、いくら便利だからといって、お盆などには実際のお墓参りも欠かしてはならない。もしものときには、こういった仕組みも利用して、ないがしろにすることなく過ごしたいものだ。

ネット墓参り「アイキャン」