日刊 勝ち組スポーツ・勝ちスポ!
横浜中華街おすすめ食べ歩きマップ

日本上陸!外資系ラグジュアリーホテル

都内ホテル競争が激化

2002年から今年にかけてつぎつぎと新しいホテルがオープンし、客室数の増加に客数が追いつかず、既存ホテルの稼働率が悪化しているといわれている。これが俗にいわれている「2007年問題」であるが、女性客やシニアをターゲットにしたきめ細かなプランを提供するなど、新たなホテル利用の需要が作り出されているのもたしか。政府が掲げるビジット・ジャパン・キャンペーン(訪日外国人旅行客を2010年に1000万人まで拡大)の成果も期待したいところだ。

ここのところ注目を浴びているのが1泊の最低宿泊料金が40,000円以上もするなど高級感が売りの外資系ホテル。「フォーシーズンズ丸の内東京」、「グランドハイアット東京」、「コンラッド東京」、「マンダリンホテル東京」。日系でも、「ストリングスホテル東京」、「ロイヤルパーク汐留タワー」、「パークホテル東京」、「東京プリンスホテル・パークタワー」がつぎつぎとオープンしている。老舗の帝国ホテルが2003年から2005年までに特別階のインペリアルフロアを改修したり、キャピトル東急ホテルが去年末に営業終了し、2010年にフラッグシップとなる新しいホテルをオープンするなど、まさに生き残り競争が激化している。
フォーシーズンズ丸の内東京
横浜中華街おすすめ食べ歩きマップ

映画の世界を旅しよう!
髪の毛から醤油?! つくってみた
マリー・アントワネットってどんな人?
選んで持とう!個性的クレジットカード
ワインだけじゃない!色々ソムリエ資格
パリの高級レストラン”タイユヴァン”
クリスマス間近! ホテルでデート
大人の天体観測
大人の洋食屋特集
ゴールデンウィークの過ごし方
株価予想ソフトDream Catcher
気球に乗ってみよう!
日本の伝統音楽がフィットネスに!
アユ釣り解禁!銀色の女王を釣り上げる!
都会にいながら憧れのログハウスに住みたい
GWはモーツァルトで熱狂しよう!
マンダリンオリエンタル東京

国内最高級「マンダリンオリエンタル東京」

誰もが憧れるホテルは、2005年12月にオープンし、2006年に世界初の6つ星ホテルに輝いた「マンダリンオリエンタル東京」。最高階の38階にレセプションが設けられ、30〜36階に157室のゲストルームと、すべてコーナーに位置する22室のスイートルームがある。客室はすべて50?以上という広さで、窓が天井から床まで一面になっており、東向きの部屋は、隅田川、両国、東京湾が、西向きの部屋は、大手町、新宿、池袋、富士山が見渡せるみごとな眺望。

アメニティはロンドンの老舗アロマブランドの「アロマセラピーアソシエイツ」を採用し、リネンは朝起きても顔にシワのつかないという厳選されたなめらかなイタリア製に、枕は素材や機能の違うものが8種類用意されている。全客室に45インチ以上の液晶テレビとバスルームには20インチのテレビを完備。IP電話を導入し、客室管理システムと連携させ、客室の電話機の液晶ディスプレイに顧客の名前を表示させるなど顧客一人ひとりをVIP待遇するなどの徹底ぶり。

ダイニングは、37階にフランス料理の「シグネチャー」と、中華料理の「センス」がある。どちらもコース12000円〜。オリジナルのスパでは、高層階からの眺めを堪能しながらカップルで受けられるトリートメントあり。気になる宿泊基本料金は65,000円〜とまさにトップクラス。
地球儀アドベンチャーにでかけよう!
競馬ファンの究極“馬主”を目指そう
ベニス・ゴンドラの旅
ecoバッグを持とう!
今、時代はホスピタリティ
なんとも不思議な楽器 テルミンの音色
最高の「お月見」は最高級の旅館で!
こだわりの印鑑
入園・入学祝いの時期が近づいてきた
金沢の金箔貼りを体験!
効果は折り紙つき? 薬売りがつくる健康薬膳
キノコの家? セカンドハウスはドーム型
金の魔力にせまる!
ハリウッド映画製作の裏側
男性も、下着のオシャレが必要な時代!
視力回復のススメ

デザインが自慢のコンラッド東京

2005年7月にオープンした「コンラッド東京」も人気が高い。コンラッドはヒルトングループホテルの最高級ブランド。ワールドクラスのラグジュアリーテイストと日本ならではの和のテイストを融合させ、2006年には「グッドデザイン賞」を受賞している。レセプションが28階、29〜37階に位置するゲストルームはすべて48?以上で、スイートルーム68室を含む全290室で、ベットルームとバスルームのしきりに透明なガラスを使用している開放感あるつくりとなっている。浜離宮と東京ベイを見渡すガーデン側と高層ビルを見渡すタウン側に分かれ、それぞれコンセプトにあったデザイン、オリジナル・フレグランス・アメニティが楽しめる。1400?の広さを誇る水月スパ&フィットネスには、カップルがトリートメントを受け、夜景を望みながら檜風呂まで楽しめる個室あり。

宿泊料金は60,000円〜。ミシュラン3つ星に輝くロンドンの伝説シェフ、ゴードン・ラムゼイがアジアで初めて出店したモダンフレンチレストラン「ゴードン・ラムゼイ at コンラッド東京」と、8mのセラーが圧巻の斬新な中国料理「チャイナブルー」も要チェック。
コンラッド東京