日刊 勝ち組スポーツ・勝ちスポ!
鎌倉デートスポット

徹底解剖!ハタラク中国人のお仕事意識

“会社で働く”ってなんだろう。
日本の常識を疑ってみる!?

 「もう、こんな会社辞めてやるッ!」会社帰りの飲食店。飲み物片手にそんな言葉を口にするサラリーマンは、決して少なくありません。しかし、そのなかで本当に会社を辞めてしまう人は、ごく少数です。

 「困難を耐えてこそ美徳」「入社後すぐは下積みでも当たり前」「自分の会社を裏切るのは恩知らず」なんて、呪文のように繰り返される、日本の企業社会の精神風土。さらには、退職後の身分の不安や世間体の悪さも……。最近は転職市場も活発化していますが、いわゆる「ジョーシキ」という言葉の持つ拘束力は、まだまだ非常に強力です。それゆえに、みんなは不満をいっぱいに抱えながらも、次の朝には当然のように会社へと向かってゆくのです。

 しかし、この「ジョーシキ」は、世界中ではあくまで日本だけで通用するローカルなルール。アメリカやEUの社会のみならず、お隣の中国のビジネスマンの目から見ても、ナンセンス極まりないようです。中国人にとって、会社とはあくまで「自分の提供する労働に対して対価をくれる“だけ”の組織」。日本のように、会社そのものが愛着や帰属意識の対象になるケースは多くありません。自身が起業している仕事ならともかく、自分に報酬のともなわない会社の利益 (=他人がお金を儲けること) のために時間や生活を過度に犠牲にさせられたり、不当に能力を抑圧されることには「オカシイ」と感じてしまうのが普通なのです。

 つい見過ごしがちな、日中間の労働に対する意識の差異。しかし、これをおろそかにして、現地採用した中国人社員にソッポを向かれたり、現地起業に失敗した企業家は後を絶ちません。今回は、そんな中国人のビジネス意識について、紹介しましょう。
“会社で働く”ってなんだろう。日本の常識を疑ってみる!?
鎌倉デートスポット

スパで大人のリラクゼーションを満喫する
大人のホビー「高級ラジコン」
王様の眠りを約束する快眠テクノロジー
男40にして始める羊毛フェルト人形作り
今年の夏こそ本気でサーフィン
あなたの為に世界に一つだけの花
悦楽のイタリアンスクーター
今だからこそ、大人の「バリ島」へ
癒しのメイドin秋葉原
一杯1500円のうどんを食べてみた
プライベートジェットを手に入れろ!
IKEAが日本進出!
ありきたりじゃない旅 〜inアフリカ〜
手軽にできるプチ出家体験 坐禅に挑戦
最高のサプライズをリムジンで
ビルウォールレザーのシルバー、レザー
中国的転職事情報告。会社はどんどん乗り換えろ!?

中国的転職事情報告。
会社はどんどん乗り換えろ!?

 中国語で転職は“跳槽(ティアオザオ)”。ひと昔前に流行った「ホッピング」のように、会社の上をピョンピョンと飛び跳ねて移動するイメージの言葉です。

 中国の社会が事実上の資本主義に移行した80年代以降、若いビジネスマンにとって転職は当然の行為になっています。経験者転職に限らず、新卒採用1ヶ月目での転職も、決して不思議なことではありませんし、社会的にマイナス評価を受けることもありません。むしろ、転職は自分がより高い待遇を受けるための積極的な行動として評価される行為。転職を繰り返す人は、社会から必要とされている、能力の高い人として見られることもめずらしくありません。

 事実、中国国内のシンクタンクが日中で同時に実施した調査によれば、社会人経験15年以内の中国人男女の7割が転職の経験者、転職回数が2回を越える人も全体の5割にのぼるという、日本人にとってはちょっと信じがたいような結果が出ています。また、同調査によれば、転職者のなかの4割強は未経験分野への転職を経験。彼らに人気の職種は、ソフトウェア開発・営業・物流・ファイナンスなどといわれますが、職業選択の理由に、仕事内容への興味よりも給料を選ぶ人も多いようです。
野点で味わうジャパネスク
じわじわ浸透中!南国フルーツ
サステナブルなエコロジーグッズ
役立たずでも面白い! 検定に注目せよ
嗜好品の最高峰・コーヒー。究極の一杯
健康のために求められる「自然食」
大人も面白い! おすすめ児童文学
裁判を傍聴しよう
ワンセグ放送を楽しめ
手首のオシャレを楽しんでみよう
ルーブル美術館は楽しい!
生誕10周年!キシリトールの謎は解けた!
文豪の愛した食事
男の帽子スタイル
ドイツW杯テレビに映らない見所を探せ!
ベストセラー作家を目指してみる?!

中国労働市場・仁義なき戦い。
最後に頼れるのは自分だけ……?

 転職市場が花盛りの中国。しかし、新卒者の就職状況はかんばしくありません。中国の就職戦線は買い手市場。スキルのない人間をムリに育成するより、即戦力になる転職者をリスク覚悟で雇用したほうが、企業の利益になるという発想です。社会保障や労働関係の法律不備もあって、中国企業の人材雇用は極めてシビア。数々の転職を乗り切った勝ち組が登りつめてゆくいっぽう、新卒者は正社員でも非常に低い月給で働かなくてはならないという問題も発生しています。

 「会社」のために働くことが多いといわれる日本人。対して、中国人は「個人(=自分自身)」のために働く人が大多数。そして、現在のかの国の労働市場は、この気質をより強める方向に作用しています。中国のビジネスマンにとって、会社とはいつ自分のクビを切ってくるかわからない相手。もちろん会社にとっても、従業員がいつ他社に移るかわからないため、優秀な者を高給でつなぎとめるいっぽう、未知数の人間に優しい顔はしません。

 そんな彼らにすれば、働く理由はもちろん「自分」のため。職場で高い能力を示してゆけば、雇用側が高給と引き換えに自分を残そうとする。会社の労働に、学校やサークルのような帰属意識を持つ日本人とは違い、中国人にとっての労働は、あくまで個人と会社の「契約関係」なのです。社員であっても、彼らは基本的に「個人」の事業主なのだともいえます。彼らが総じて持つ強い起業志向の理由にも、納得がいきますね。

 玉石混交の膨大な労働人口をかかえる中国。労働市場の冷徹なシステムは、多くの人間から「使える」従業員を選び出したい雇用側と、より自分の利益となる働き場所を探し続ける労働者側の意向が生みだしたものなのです。

【画像提供】
Hello World! 世界旅行
中国労働市場・仁義なき戦い。最後に頼れるのは自分だけ……?