日刊 勝ち組スポーツ・勝ちスポ!
江ノ島デートスポット

マリー・アントワネットってどんな人?

マリー・アントワネットってどんな人?

 マリー・アントワネット(1755−1793)と聞くと何を思い出しますか?華麗で浪費家、ルイ16世の王妃となった人、ヴェルサイユ宮殿に住んでいた、日々食べるパンがないフランス人に「パンがなければケーキを食べればいいじゃない」と言った人、劇画「べルサイユのばら」に出てくる人…、といろんな彼女のイメージやエピソードが世界中で知られています。今回は話題のマリー・アントワネットについて追ってみましょう!

 まず、彼女の生まれはというと?マリー・アントワネットは、彼女はフランス人というイメージもあるようですが、れっきとしたオーストリア人。オーストリアのウィーンで、ハプスブルク家のマリア・テレジアとその夫、神聖ローマ皇帝フランツ1世の間の娘(16人中の第9子)に生まれました。ハプスブルク家って、単なる貴族の家のように聞こえますが、1547年の領土や1600年の領土は、ヨーロッパの大領土を占領していたことを誇っていたぐらいの権力のあったすごい家です。

 母マリア・テレジアは「偉大なる女帝」と言われた有名な人。しつけは厳しかったにも関わらず、マリー・アントワネットは読書嫌いで父譲りの享楽的だったといわれています。そして、マリー・アントワネットは14歳で当時15歳だったルイ16世と政略結婚させられます。もし母似の性格なら、影の薄いルイ16世をさしおいてフランスを牛耳っていたかもしれないのですが、悲劇はここから始まります。
 
マリー・アントワネットってどんな人?
江ノ島デートスポット

『〜専用』でよりおいしく!
パリのスイーツを極める!
六本木ヒルズグルメランキング・フレンチ
セーヌ川にビーチが?パリ・プラージュ
プライベートジェットを手に入れろ!
季節を体感、満喫デート
断食2週間、究極のデトックス体験
うわさの“つくし飴”その正体は?
最高級から超個性派まで!床屋大集合
銀座の老舗
話題のホビングリッシュに挑戦(子ども編)
「プラセンタ」人気のヒミツ
マクロビオティック…健康で長生きしたい人に
日曜大工にトリトンワークセンター! プロ並の仕上がりを
防音マンションで音楽と共に暮らそう。
ヘリコプターに乗ろう!飛ばそう!
マリー・アントワネットってどんな人?

マリー・アントワネットは当時のファッションリーダーだった?

 マリー・アントワネットは個人の趣味を持ち込んだ唯一の王妃と言われています。そしてその当時フランスになかった彼女の趣味を流行らせたというファッションリーダー的存在だったそうです。では、彼女が何を持ち込んだかというと?
 ●ハンカチ
 当時ハンカチはロココ調で楕円形や長方形でした。これを正方形にするように命じたのはマリー・アントワネットだったそうです。
 ●入浴すること
 母マリア・テレジアからのしつけで入浴好きだった彼女は、貴族でも入浴しなかったフランス人に浴槽や入浴するという習慣を持ち込みました。
 ●軽い香りの香水
 フランス貴族がつけていた体臭消しのムスク系などの強い香水ではなく、入浴好きの彼女は清潔だったため、花やハーブなどで出来た軽い香りの香水を流行らせました。
ヴェルサイユ宮殿では、マリー・アントワネットが使っていたという香水を再現して販売しています。 M.A. Sillage de la Reine(王妃の香り)は限定1000個でお値段が350 ユーロ(約55000円)。 バカラ製25mlボトル入りは限定10個、値段は8000ユーロ(約125万円)。(こちらの収益は、マリー・アントワネットが使っていた家具などの収集にあてるそうです)
 ●お菓子
 クグロフというオーストリアのケーキを持ちこんだのも彼女です。
 ●髪型
 仮面舞踏会好きのマリー・アントワネットが流行らせた髪形は、高く高く編み上げたこと。もう、限界まで上に結い上げ、オマケに船を置いたり、バラを挿したりしたのですからもうすごいの限界を超えていたのだとか。莫大な費用がかかったため、1週間2週間ロクにベッドにゆっくり眠れないまま、シラミやノミが結った髪の中にいたそうですから、入浴好きの彼女も、結った髪の毛をしているときはあまり清潔に出来なかったから結構我慢もしていたんでしょうね。
この冬、めざせ北海道!
ドミノの世界
躍進する27歳社長のこだわりとセンス
焼き鳥屋:バードランドに迫る!
ロボットで遊ぼう 〜ホビーロボット〜
蚊は怖い存在!蚊対策!
世界が誇る「RECARO」の魅力
ブランド&手編みニットの世界
花や緑のある暮らしを楽しみませんか
街乗りを楽しむならレンタサイクルで!
悩みの口臭を根こそぎ消去! 
オリンピック観戦ついでのイタリア
自律移動ミュージックプレイヤーmiuro
下関でふぐを食べつくす豪華旅行
王様の眠りを約束する快眠テクノロジー
黒いトマトから究極のトマトまで〜フルーツトマトの世界

フランス人のマリー・アントワネットの印象は?

 フランスでマリー・アントワネットといえば、日本でいうと徳川家康クラスの歴史上の人ですから、もちろん知らない人はいません。では、フランス人にとってそんなに有名な彼女の印象はというと?
・権力のあるハプスブルグ家(オーストリア)からフランスへやってきた超お嬢様
・多額のお金を浪費したオーストリア人
・彼女だけが贅沢三昧したわけではないと思う
・フランス革命の発端となった人の一人
・彼女についてあんまり詳しく知らないという意見も…

 フランス人にとって、貴族でもない限り一般のフランス国民ですから、フランス革命側にいた飢えに苦しんでいた一般民衆の気持ちが近いです。そのわりに、反マリー・アントワネット派が少ないのは、彼女が大国から来たとかぐらいで、王侯貴族を一まとめにしてお金を使っていたというイメージが強いようです。マリー・アントワネットは、一般の暮らしなんて見たこともないような人ですから、飢えに対して想像が出来る範囲にいる人ではありませんでした。そんな彼女が「パンがなければ、ケーキを食べればいい」と言ったのは語弊があり、ブリオッシュだったという説やそんなこと言っていないという説までありますが、とにかく彼女に悪気があって言ったのではないとかそれぐらいに思っている人も多いようです。
マリー・アントワネットってどんな人?