日刊 勝ち組スポーツ・勝ちスポ!
鎌倉を散歩するならさんぽす

和の粋「火鉢」を楽しもう

心の中も暖まる
粋でいなせな火鉢を楽しむ

寒い冬。あなたの部屋では、どんな暖房器具をお使いですか。
コタツ、エアコン、ストーブ、ヒーター、そして最近流行りの床暖房と、暖房器具にもいろいろありますが、「火鉢」ほど和的なインテリア性に富んだものは他にないでしょう。
火鉢とは、灰を入れた陶器製、金属製、木製や石製の鉢の中で炭を焚いて使用する、日本古来の暖房器具のひとつ。おもに手や足をかざして暖をとるもので、部屋の中全体を暖めるほどの暖房能力はありませんが、木を燃やして使う暖炉や囲炉裏とは違って、燃料に炭を使用するので煙が少なく、どんな部屋でも手軽に利用することができます。
また、鉄瓶などを載せてお湯を沸かしたり、酒を燗したり、網をひいて餅やキノコを焼いたりと、レトロ感覚溢れる様々な用途に使えるのも大きな魅力。
現在では、テレビの骨董鑑定番組などの影響で急激に需要が増え、暖房器具という本来の目的よりも、インテリアとして重宝されることが多くなりました。
また、エアコンが苦手というナイーブな人たちを中心に、心の中をも暖めてくれる炭火の遠赤外線効果が見直されはじめています。
粋でいなせな男なら、ぜひ「火鉢」を使いこなしたいものです。
和の粋「火鉢」を楽しもう
鎌倉を散歩するならさんぽす

ヴィンテージワインで、深いひと瞬間を
勝ち組の為の結婚相談所
悦楽のイタリアンスクーター
自宅で極上のバスタイムを演出しよう
笑い文化の原点に触れてみてはいかが?
この値段でこのボリューム!名古屋モーニング
ベビーサインで赤ちゃんと遊ぼう!!
卵は進化する 高品質卵を食べた!
アジの干物作りにトライ!
岩盤浴でデトックス
今年の夏こそ本気でサーフィン
男ならクルマと別荘・中古外車編
大きいパネライにかわいいAIBO
一度は体験したい!豪華寝台特急の旅
ワンカップで日本全国飲み歩きの旅
話題のホビングリッシュに挑戦(子ども編)
和の粋「火鉢」を楽しもう

和の伝統
奥の深い火鉢の世界

火鉢をはさんでお茶を飲み、会話を楽しむ。
時代劇などでよく見かけるそんな光景から、「火鉢」は江戸時代頃に発祥したものだと思われがちですが、意外にもその歴史はもっと古いのです。
起源は定かではありませんが、炭を燃やすという習慣自体は奈良時代から行われていたらしくで、東大寺の大仏が作られるときにも、銅を溶かすために炭が用いられていたそうです。
また、清少納言の「枕草子」に火鉢の前身にあたる火桶というものの記述がみられることからも、平安時代にはすでに普及を始めていたことが推測できます。
その後、薪を使う囲炉裡などに比べて炭を使う火鉢は煙が出ないことがウケて、武家や公家の間で使用されていたものが一般にも普及していきました。
そして江戸時代に入ると、銅製の金火鉢も使用されてはいましたが、木製で箱型の「箱火鉢」や横長の「長火鉢」と呼ばれるものが主流となっていきます。ちなみに、陶器製の火鉢は明治時代以降に登場します。
江戸時代以降の火鉢はインテリア家具としての様相が色濃くなってきます。
時代劇でおなじみの箱火鉢や長火鉢はもちろん、彫金を施された金属製の火鉢や、鮮やかな彩色をされた陶器製の火鉢など、この頃の火鉢には個性的で洒落たものが多いのが特徴です。大きさも50cmを超えるものから、「手あぶり」と呼ばれる15cm程度のものまで実に様々。
火鉢の世界は奥が深いのです。
「トイレ」は 自分だけのくつろぎ空間
おもしろグッズ通販サイト
缶詰、うまさ再確認
地球儀アドベンチャーにでかけよう!
インドの秘境 アジャンター・エローラへ
街乗りを楽しむならレンタサイクルで!
木のお風呂道具で、湯〜たり度アップ!
街を、自然を、MTBで駆け抜けよう
裁判を傍聴しよう
大人の科学 「大人のための科学キット」
横浜ベイサイドでの新感覚デートとは
エキゾチックリゾート 長崎
40万円ミシン!超高級家電が日本を救う
オフィスワーク効率UPの超快適グッズ
包丁にこだわる!
「カナル型イヤフォン」ってどう?

手間すらも、粋
炭をおこす男の余裕

火鉢を使うには、まず底に小さな石を敷き、その上から灰を半分程度入れます。ただし、灰を入れる炉が銅板で作られている場合は石が湿気を含んでいると錆びてしまうので、灰だけを入れます。灰は断熱材なので深さ10cmもあれば熱の心配はありません。
灰の準備が出来たら、二三本の炭を火おこしに入れ、炭全体が赤く色づくまで加熱します。それをひしゃくの様な形をした器具「十能」に入れて運び、火鉢の中央に間隔をあけて並べます。面倒な場合は固形燃料で火をつけても結構です。それでも火がつかない場合は、豆炭を使用するといいでしょう。
火力の調整は炭の量の増減や配置を調整することによって行います。手で扱うと火傷をするので、必ず火箸を使いましょう。火箸は金属製の長い箸で、使わないときは火鉢の隅に突き刺しておきます。ご飯を食べるものではありません。
また、鉄瓶で湯を沸かしたり鍋や網を乗せたりしたいときは「五徳」という器具を使います。これは、鉄や真鍮、銅製の円形の輪に三本の足が付いた架台です。ガスコンロや電気コンロに使われている架台も五徳といいますが、あれと同じです。五徳は、灰の中に2〜3cmほど埋め込んで固定します。
ちなみに「十能」は十の使い道があるという意味で、「五徳」は儒教の「仁」「義」「礼」「知」「信」の五つの徳がその名の由来だそうです。
火を消すときは炭を灰の中に埋めるか、火消し壷に入れます。
火鉢を使う際にいちばん気を付けなければいけないのが換気。炭が燃える際に一酸化炭素が発生しますので、換気には充分な注意が必要です。
和の粋「火鉢」を楽しもう