日刊 勝ち組スポーツ・勝ちスポ!
横浜を散歩するならさんぽす

話題のホビングリッシュに挑戦(子ども編)

英会話スクールはもう古い\?

 「幼稚園では遅すぎる」(ソニー創設者である故・井深大氏の著書)以来、早期教育に人気が高まっているが、厚生労働省が2004年末にまとめた「第3回21世紀出生児縦断調査」によると、いまや2歳半の子どもの約14%がなんらかの習い事をしているという。

 人気ナンバーワンは、幼児教育、つづいて英語、水泳の順。幼児教育は幼稚園や小学校のお受験用であることが多く、水泳は基礎体力づくりが目的らしい。英語については、インターネットの普及や国際社会への適応といった意味でこのご時世欠かせないツールとなってきている。

 中・高・大と10年間も勉強しておきながら英語が話せない日本人。そんな状況を奪回しようとする狙いか、ホビー(趣味)とイングリッシュ(英語)を合体させた“ホビングリッシュ”が人気だ。好きなことをやりながら英語を習得する方法である。
 ただやみくもに単語やフレーズを覚えるのは容易ではないが、遊びながら楽しみながらであれば、自然と頭に入っていくだろうというわけだ。そんなホビングリッシュを実践する注目の3つのスクールを見学してきた。

子供の習い事.net
横浜を散歩するならさんぽす

デザイナーズチェアを手に入れよう!
世界中の舌をうならす伝統の味!醤油
笑い文化の原点に触れてみてはいかが?
価値観の違い!100万円の使い道。
徹底分析〜「温泉たまご」とは何だ!
独占報告!中国若者熱烈的恋愛事情
大空を泳ぐ!スカイダイビング
ロボットミュージアムin名古屋
雨が楽しい!そんな「傘」が欲しい!
紅葉の秋、古都・京都でデート!
ラフティング これぞ自然のウォータースライダーだ!!
変り種ツアーで大冒険
1度はやりたい!ドクターフィッシュ
ヨーロッパの古城を持つ!
高級ステーキを食す!
都心に広がる天空 セレスティンホテル
キッズ英会話スポーツ教室e-kids

体を動かしながら集中力を高める

 まず訪れたのは、「キッズ英会話スポーツ教室e-kids」(東京都中野区)のキックボクシングクラス。元プロキックボクサーで、英会話スクール講師の経験を持つ窪田豊彦さんが4〜12歳までの子どもを対象に教える。
 まず最初に英語で自己紹介を行って見本をみせ、生徒が一人ずつそれにつづく。リズムカルな音楽をバックに、英語でカウントしながらストレッチしてからいよいよグローブとミットをはめてキックボクシングスタート。

 「Left Kick(左キック)」「Quick(速く)」など瞬時に言葉をキャッチして行動することが求められるが、子どもたちは迷うことなく正しい足で蹴っていた。
 体を動かしながらだと、集中力が高まっていいのだという。フラッシュカードも取り入れて新しい単語も覚えさせる場面も。クラスの途中に数回水分補給するなどのブレイクタイムを入れ、子どもの体を気づかう。

 男女比率はクラスによって違うが、見学したクラスでは女の子が半分いた。入会して2ヶ月ほどだという5才の男の子に感想を聞いてみると、「楽しい」と笑顔で一言。6歳の女の子もオヤツを食べずに通ってくるほどハマっているのだとか。
 この日のフレーズ「It’s about time for me to go home.」(そろそろ帰宅する時間です)を最後にクラスは終了した。


取材協力&写真提供:
キッズ英会話スポーツ教室e-kids
東京都渋谷区代々木4-18-9-201
TEL/FAX: 03-4292-0677
あの人を呼びたい!講演依頼のHOW TO術
伊豆・河津温泉「抹茶風呂の宿つりばし荘」
幻の沖縄豚「アグー」
ヒートアイランド現象を食い止めろ!
毎日の食卓にカヴァを!
ecoバッグを持とう!
リニアモーターカーに乗ってみた
楽器をつくる
幻想的な美しさ、進化する砂のアート
将来のための別荘探し
大輪の胡蝶蘭5本立
美よ永遠に!“プリザーブドフラワー”
フランス式エコライフとは?
女性は手づくりでイチコロ!フラワーアレンジメント
自然の恵みを堪能する宿、マッカリーナ
高級携帯電話でオシャレに決めろ

外国人のママとお友だちに

セレブなママが集う東京都港区元麻布にある、サンフランシスコ発のジンボリープレイ&ミュージックは、2006年5月にオープン。オリジナルソングを使って先生と一緒に歌ったり、カラフルな滑り台、マット、ボールなどのオリジナルグッズを使って遊びながら身体だけでなく、知性をも培っていく。

 毎回テーマに沿ってプログラムが進行する。この日は22〜28ヶ月向けのGymboree 5に参加。クッキーをオーブンで焼くという内容で、隠されたボール(卵)みんなで探したり、オーブンに見立てた滑り台の下でブロック(クッキー)を焼く。
 出来上がったクッキーをママに渡して食べさせるといったアクティビティを通じて想像力やコミュニケーション力を高めるのだ。先生の指示を聞きながら、シャボン玉をたたいて遊んだり、お片づけを手伝ったり、子どもたちは楽しみながら存分に英語に触れられる。

 そのほか、ベビーサイン、ミュージック、アートなど月齢に合ったプログラムが提供されている。すでに会員は300名以上という人気ぶりで、生徒は外国人の子どもが半数で、アメリカ、ロシア、フィンランド、ブラジルなど、じつにインターナショナル。会員のみが参加できるインターナショナルなパーティはオススメ。また、クラスのない時間帯にはプレイジムが自由に利用できるという特典もある。


取材協力&写真提供:
ジンボリープレイ&ミュージック
東京都港区元麻布2-3-30 元麻布クレストビル1階
TEL:03-5449-2311 / FAX:03-5449-2312
ジンボリープレイ&ミュージック