日刊 勝ち組スポーツ・勝ちスポ!
浅草デートスポット

ゲームじゃなく鉄道を運転したい!

飛行機、鉄道など
シミュレータソフトが大ブーム

日本ではそうでもないが、欧米では飛行機の操縦をシミュレートする「フライトシミュレータ」ソフトにかなりの固定客がいて、大人気だそうだ。フライトシミュレータソフトのなかでもマイクロソフトの「マイクロソフトシミュレーター」は人気があり、いろいろな機体を操縦できたり、データの追加でさまざまな地域を飛行できたりする。また、飛行機の操縦桿を模した操縦ハンドルや操縦席のセットなど販売されており、これらとの組み合わせでよりリアルに操縦を体験できる。

日本では、フライトシミュレータソフトは欧米ほどブレークしていないが、鉄道の操縦シミュレーターであるタイトーの「電車でGO!」が高い人気を持っている。最近では電車でGO!はPSP対応の「電車でGO!ポケット」が発売されたり、任天堂Wii版「電車でGO!新幹線EX山陽新幹線編」が来たる3月1日に発売予定であるなど、今でも人気が衰えず、発展を続けている。ちなみに、「電車でGO!新幹線EX山陽新幹線編」では、初回限定生産の「はじめての電車でGO!セット」(10,479円税込)という専用コントローラ付きのものも発売され、よりリアルに操縦を体験できるようになっている。とはいえ、ゲームのリアルさには限界があるのも事実だ。
電車でGO!
浅草デートスポット

ひと味違うグリーティングカードを
心をデトックス!? 感情モニタリング
大人の遊び「ミリタリーコスプレ」
おさかなスィーツ登場
美よ永遠に!“プリザーブドフラワー”
うわさのストレスコーチングって何?
秋の京都で大人のデート〜宇治名刹巡り
ホルモン焼を食べつくせ!
日本が誇る密室文化!ウォシュレット秘話
男の下着
現代風!? 葬儀・墓参アラカルト
リニアモーターカーに乗ってみた
クリーニングの最新事情を見極めろ!
診察料は子供の笑顔!!おもちゃドクター
NYメンズファッションレポート
ありきたりじゃない旅 〜inアフリカ〜
鹿島鉄道運転体験(現在はやっておりません)

本当に鉄道運転を
一般人が体感できる!

このような乗り物操縦ゲームの影響か、最近では実際の電車を一般人が運転できるサービスがいくつか行われている。普通なら、運転にはライセンスが必要なのに、なぜそんなことができるかというと、乗客の乗り降りがないとか、一定の基準を満たすことで、鉄道法に抵触せずに一般人が運転できるようになっているのだという。現在、いくつかのこのようなサービスが行われているが、終わってしまったサービスもある。

この種のサービスでもっとも手軽なのは、ちょっと前まで鹿島鉄道の石岡機関区で行われていたものだ。これは、駅の構内の側線を使うというもので、約200mの区間を操縦することができた。実際の操縦の前には、いくつかの事前講習が必要となるが、それらを含めて、1日体験という形だった。参加費も一人5000円なので、レジャーとしては悪くないものだったが、さまざまな事情で昨年10月に終わってしまった。やはり、鉄道の操縦には、もっと事前の講習や訓練が必要ということなのかも知れない。

築地でおいしいものを探そう!
今が旬の女子フィギュアスケートに注目
Xマス直前。究極の過ごし方を提案!
最高のサプライズをリムジンで
すわ!地震 そのときに!
六本木ヒルズ、気になるテナント事情
僕らは、貯金箱の快感が忘れられない!
そろそろ日本の男性も肥満をまじめに考てみよう
究極の「焼きいも」を探せ!
街乗りを楽しむならレンタサイクルで!
地球のロマン・映画で巡る世界遺産の旅
最上級帆船で巡る最高の船旅
21世紀、家庭用ロボットの普及!
風を切る疾走感!高級自転車の世界
防音マンションで音楽と共に暮らそう。
アメリカのエコライフとは?

ちょっと本格的な
EF63型電気機関車の運転

現在、もっとも本格的な電車の運転体験ができるのは、群馬県の「碓氷峠鉄道文化むら」の「EF63体験運転」だろう。これはその名前のとおりEF63という碓氷峠専用電気機関車の運転体験ができるもので、約300メートルの旧信越本線の保存線を往復運転できるというもの。往復なので、約600メートルを運転することができる。この体験運転をするためには丸1日をかけた講習である程度以上の成績を収め、修了試験に合格する必要がある。講習は横川〜軽井沢の鉄道についてと、運転するEF63についての学科と、EF63の運転ビデオ講習のあとに実際にEF63機関車運転台での運転練習による実技講習の2つのものがある。試験は3択問題が10問出題され、6問以上正解なら合格。不合格でも、追試を受けることができるので、真剣に講習を受けていれば、普通はまず合格できるだろう。ちなみに18歳以上という年齢制限があるので、中高生では講習を受けられない。

キッチリと知識を身につけた上で、予約を入れて、後日、本物のEF63を運転できるというわけだ。ちなみに講習料金は3万円、運転は1回5000円になる。実際の列車の運転席で練習できることを考えれば、3万円は高くないのではないだろうか?関東近辺に住んでいる人なら、挑戦してみてはいかがだろう。受講申し込みは各回先着順15人で締め切られるのでお早めに。
碓氷峠鉄道文化むら EF63体験運転