日刊 勝ち組スポーツ・勝ちスポ!
京都を散歩するならさんぽす

入学シーズン! 子どもの勉強机を自作する

親バカだから作ってあげたい。
息子の勉強机

入学の日は息子に勉強机を作ってあげたい。

夜中に呟く寝言は「くさいよ、おならくさいよ」だったりする息子も、いずれは小学生。初めての登校日、父は勉強机なぞを作ってみたい。まあ本人が勉強するのかどうかは知らないが、机の後ろにはゲーム機や漫画やエロ本を隠したりできる役立ちスペースも付けてあげたい、そんな親バカ。

ベンチャーフェアという、自立心溢れる起業家たちの製品展示会に行った。手書きの文章が携帯メールで送るソフトとか過冷却を使った新感覚ドリンクマシンとか、いろいろ面白かったのだが、その1つにネットでオーダーできる組み立ての勉強机というのがあったのだ。

新潟県のストーリオは、家具を自作したい人のための家具屋さんである。新学期シーズンに向けて、同社が力を入れているのが“「おやこのじかん」親子で手作り家具キット”シリーズ(画像)だ。

組み立てといっても、ホームセンターのカラーボックスなんかとは違う。本格的なもので、Do It Yourself、日曜大工の世界だ。寸法に裁断された木材が届くから、それを塗装して組み立てる。図面を引いて木を切って、となると手が出ないけれど、部材のホゾをかみ合わせ、ビスで留めるぐらいは何とかなるのではないか。塗料も販売されているから、一緒に買えばホームセンターへ行く手間も省ける。シーラーとかオイルステインとか、何をどう塗ればいいのか、そこからわからないお父さんの方が多いだろうが、セット買いなら失敗はない。

ストーリオを利用すれば、プラモデル感覚で子どもの勉強机を作ることができる。子どもと一緒に色を塗ったりすると、かなり盛り上がるのではないか。
ストーリオ
京都を散歩するならさんぽす

大人の嗜み-スペインワイン
クルマ・Garage RITMO
満天の星空を我が家に!
究極のフィッシング「マグロ釣り」!
日本の伝統音楽がフィットネスに!
ゴージャス!ルイ・ヴィトンの魅力
最新の生活様式“ロハス”を知ろう
アンティーク着物、あなたはどう着る?
大空を泳ぐ!スカイダイビング
ドライビングシューズを履きこなそう!
恥ずかしくない男性自身を手に入れよう!
生活に潤いをくれるコンフィチュール
愛車のお手入れ
泳ぐ芸術品「錦鯉」を育てよう!
水難事故から身を守れ
彼女とめぐる発祥の地デート in横浜
ストーリオ

国産杉を使った高級机
組み立てには3時間程度

「サイズはミリ単位でオーダーできます。全部インターネットで申し込めるので簡単だと思います」
 とストーリオの社長、木村和久さん。97年、DIY愛好家のための材料販売事業「日曜大工応援隊」を開始、ベンチャー支援事業「2004にいがた・ニューエジソン育成事業」にも選ばれた。04年からストーリオ株式会社として事業を展開している。

90年代にはDIY用に同様のビジネスを展開する家具会社が多かったというが、現在は多くが事業から撤退、中でもストーリオのように自分で作る手作り家具に特化した会社はほとんどない。

“「雪国の杉」学習机”の素材は杉。最近は中国産の安い杉が多く出回っているが、この製品は新潟と秋田の杉を使用、締まった木目が美しい。ホルムアルデヒド対策も施されており、また長く使っても反ったり歪んだりしないように合板の重ね方を考えてあるそうだ。子供用にはもったいない出来上がりである。値段は手ごろな4万4,000円。本棚は別売で1万2,800円。量販店で売られている学習机は3〜5万円ぐらいだから、価格は同レベル、安いパイン材などを使った量産品よりも格段に質は上がる。

「おやこのじかん」親子で手作り家具キット”には他にロッカーやタンス、幼児のママゴト用ミニ台所、黒板などがある。組み立てにかかる時間は3時間程度だそうだ(塗装は除く)。
疲労回復アンプルに挑戦!ニンニク注射
大人の科学 「大人のための科学キット」
セレブなワインテイスティング会
ラフティング これぞ自然のウォータースライダーだ!!
都内でブドウ狩りを楽しむ
北九州に行こう!
格付けって何?あなたの会社が評価される
癒しのメイドin秋葉原
漂泊の自由人・ゴーギャンの誘惑
定番だからこだわるジャケット・コート
小粋でいなせなイマドキの屋形船事情
NY行くならミートパッキングディストリクト
南国・宮崎を旅する!
自宅で極上のバスタイムを演出しよう
バレンタインに大人のための生チョコは如何?
男一匹、観劇する

スケッチだけでオーダー可能
世界でひとつのワガママ家具

ストーリオでは、自分だけのオリジナル家具を発注することもできる。手書きで構わないので、自分の欲しい家具のラフスケッチを描き、予算とだいたいのサイズを添えてメールを送ると、ストーリオで設計図面を起こしてくれる。図面は3D画像で作られるので、画像を回転させるなどしてデザインや実際の大きさを把握することができる(画像)。図面に従って裁断された素材が届くので、あとは自分で組み立てる。

“Storio日曜大工応援隊!”は自分で図面を引き、必要な素材を発注するシステム。木材の種類と選び方から図面用のPDFファイル、棚や机を作る際に必要な材料と指定方法など日曜大工を始める基本的な情報もサイト内にコンパクトにまとめられている

工具や塗料などの通販、基本的なデザインが決まっている組み立て家具にサイズ変更を加え、自分の気に入った家具に仕上げてもらうサービスなどがあり、サイトを見ているうちに自分も頼んでみようかなという気になるわけだ。趣味:木工、ちょっとカッコいい。

最後にノコギリを使ったのは、たぶん隣の家まで伸びた枇杷の枝を切った2年前で、日曜大工には程遠い生活だけれど、だんだんやれそうな気がしてくるから危険だ。
ストーリオ