日刊 勝ち組スポーツ・勝ちスポ!
京都を散歩するならさんぽす

“真の”ナポリピッツァを食べる

真のナポリピッツァ協会とは?

 今や日本全国で食べられる、ピッツァ。“30分以内にお届けします”のデリバリーから、本場の味が楽しめる本格的な専門店まで。様々なお店が点在していますから、食べたことのない人はいないでしょう。そして、ピッツァ発祥の地がナポリだということも、多くの人が知るところです。しかし「真のナポリピッツァ協会」を知る人は、まだまだ少ないのではないでしょうか?

 イタリアでより質の高いピッツァを作り続けるために、1984年に職人たち自らが立ち上げたこの協会は、現在全世界へと広まりを見せています。2004年には、イタリア政府からも公認され、ヨーロッパにおいては伝統的な特産物としての保証、「S.T.G認定(Specialita’ tradizionale garantita)」を受けました。
 昨年2月には日本支部が誕生。本物のナポリピッツァを日本国内で広く正しく普及させ、日本におけるナポリピッツァの価値を守り高めるための活動が続けられています。協会では1年に1回行う厳格な審査に合格できたピッツエリアにナポリピッツァ協会認定証を与えており、現在16店舗が認定されています。

Vera Pizza日本支部 
京都を散歩するならさんぽす

科学的自己分析入門
ルーブル美術館は楽しい!
ニュージーランドに住んでみよう
勝ち組男性が綺麗なのは絶対です!
ワンカップで日本全国飲み歩きの旅
おせち料理は作る派? 買う派?
イタリア モテる男の条件は手料理!
パワーアップ風水
寒天とトコロテンって同じ?違うもの?
ウワサの「炭酸泉」
ボクシングで心も体もリフレッシュ
MNP、3.5世代携帯電話って何?
「クロスバイク」で快感通勤のススメ!
最上級帆船で巡る最高の船旅
made in japan
こだわりの印鑑
Vera Pizza日本支部 

真のナポリピッツァの定義とは?

 この協会がなぜ必要なのか、それは海外で、日本人から見たらありえないものを日本料理と謳って提供されている事実を考えればお分かりでしょう。日本レストランを開くオーナーの多くは韓国、台湾、中国の人だそうです。本当の日本食を一度も食べたことがないまま日本食とは程遠いメニューの揃う店も多いのです。
 日本でもこれは同様です。例えば、餅や海苔、おかかの載ったピッツァなど、日本人の口に合ったピザ。これはこれでおいしいのですが、本来のピッツァかと言われれば「違う」ということになります。どれが本場同様のピッツァなのかを私たちに教えてくれるのが、ナポリピッツァ協会認定証。真のナポリピッツァ協会は、“真のナポリピッツァ”を次のように定義しています。

1生地に使用する材料は、小麦粉、酵母、塩、水の4つのみ
2生地は手だけを使って延ばす
3窯の床面にて直焼きする
4窯の燃料は薪もしくは木くずとする
5仕上がりはふっくらとして、「額縁」がある
6上にのせる材料にもこだわる

 これらを満たしたピッツァこそ、世界的に認められた「本場もの」なのです!
「米ぬか」はカラダにもお肌にも栄養満点!!
裁判を傍聴しよう
天満天神繁昌亭で上方落語ブームを体感!
倉敷・最高の地酒を訪ねて
水筒でカフェを持ち歩こう
ビールだって自分で作れば断然うまい!
躍進する27歳社長のこだわりとセンス
豪華おせちで新年を演出しよう
“ネイルタトゥー”体験レポート
パーソナルコーディネートで変身!
男40にして始める羊毛フェルト人形作り
ハードボイルドに決める大人のガン遊び
日本で食べる最高のフレンチ ロオジェ
ヴィンテージワインで、深いひと瞬間を
「一服を楽しむ銘茶を探そう」
「心に、体に」おいしい水

実際に食べてみました!

 「ナポリには行けないけれども、本場のピッツァは是非とも食べてみたい!」ということで、実際に食べてみることにしました。今回訪れたのは、都内で本格的なナポリ料理を戴ける、恵比寿・広尾の人気店「パルテノペ」。広尾店が165、恵比寿店が166番目の「真のナポリピッツァ協会」加盟店。今回は恵比寿店に伺いました。ナポリから取り寄せた薪窯で焼き上げたピッツァを気軽に楽しめるとあって、多くの人で賑わいを見せています。(ほとんどの店で窯があっても燃料はガスを使用しているのが現状ですが、こちらのお店を始めとする認定店は薪を使用する本格派です)

 加盟店の証である、VERA PIZZA Napoletana の電光看板を見ながら店内へ。イタリアンタイルなどで装飾され、雰囲気からして本場さながら?入ってすぐ、レジ前には、栄えある認定証や写真の数々が飾られ、その奥にはカラフルな薪窯が。おのずと期待も高まります。

 
パルテノペ