日刊 勝ち組スポーツ・勝ちスポ!
京都を散歩するならさんぽす

体に美味しいオリーブオイル

料理で使われるオリーブオイル
様々な製品になっているのはご存知?

 最近では特に珍しいものでもなくなってきた「イタメシ」。パスタなどは女性に人気が高く、ランチなどで気軽に食べられるところも人気の秘訣だろう。そんなイタリア料理に欠かせないのがオリーブ・オイル。普通の油と比べても体に良いらしいというのは、有名な話だ。
さらに、このオリーブは平和のシンボルでもあるのです。そう言われて食事に臨めば、なんとなくありがたいような気持ちになってくるかも……?
 いわくも実績も十分なオリーブオイルについて、今回は改めて紹介していこう。

 オリーブオイルといえば、イタリアやスペインを思い浮かべるが、それはやはり栽培に適した気候にあるからに他ならない。もちろん、栽培されるということは、それだけ国内での消費量も多いことになる。オリーブオイルは、食用としてはもちろんのこと、女性の使うクレンジングオイルとしてや石鹸としても多いに活躍してくれる存在だ。
料理で使われるオリーブオイル 様々な製品になっているのはご存知?
京都を散歩するならさんぽす

自然にやさしく強くて軽いダンボール家具
モテるバイクはスタイルで選ぶ!
日本の伝統音楽がフィットネスに!
勝ち組の為の結婚相談所
一匹10万円?小動物を飼ってみよう!
未来をかけたレアメタル競争勃発!
今、ゴルフのできる女性がアツイ!
男一匹、観劇する
ありきたりじゃない旅 〜inアフリカ〜
雨が楽しい!そんな「傘」が欲しい!
エベレストっておいくら?
初日の出を見る!
文豪の愛した食事
新横乗り系?フリーラインスケート
ダッチオーブンで七面鳥を焼く
かっぱ橋道具街周辺そぞろ歩き♪
最高の一品はエクストラバージンオリーブオイル

最高の一品は
エクストラバージンオリーブオイル

 オリーブオイルはオイルとは言っているものの、どちらかというとドレッシングに近いようなイメージもある。というのも、イタリア料理で出てくるサラダなどでは、野菜にオリーブオイルをかけ少しの塩などで味付けをして食べるなんてこともありえるからだ。
 というのも、オリーブオイルは日本のサラダ油のようなものとは違い、ある程度の酸味を持っており、それだけでも調味料となれる存在なのである。

 そんなオリーブオイルにも、いくつかの種類がある。オリーブから油を抽出する工程で出来るもので、果実から絞りたての「バージンオリーブオイル」、精製した「精製オリーブオイル」、いわゆる普通に市販されている「オリーブオイル」がある。
 このオリーブオイルというのは、実はバージンオリーブオイルと精製オリーブオイルを混ぜ合わせたもの。これも十分に味わいのあるものだ。しかし、一番はやはり絞りたてのバージンオリーブオイルで、その中でも「エクストラバージンオリーブオイル」ではないだろうか。

 特に、「サルバーニョ」という有機栽培で造られたまろやかなオリーブオイルは、どんな料理にでも合うと評判だとか。ぜひ一度お試しいただきたい。
小粋でいなせなイマドキの屋形船事情
オール電化体験記
気になるカエルのお菓子箱。オフィスグリコ
癒しのメイドin秋葉原
イタリア モテる男の条件は手料理!
現地ドイツでW杯を楽しみませんか?
唯一無二のウェディング「最高の結婚式」
憧れのフェラーリをレンタルしちゃおう!
今が旬の女子フィギュアスケートに注目
手首のオシャレを楽しんでみよう
ドイツ生まれのスタイリッシュ日用品-コジオール(koziol)
食欲増進にもいい人気の和風リキュール
「江戸しぐさ」を学ぶ
PLCを使って家庭で簡単ネットワーク
クルマ・Garage RITMO
日本上陸!外資系ラグジュアリーホテル

食べるだけが脳じゃない
肌に優しい石鹸にもなる

 オリーブオイルが体にいいというのは、何も食用としてだけではない。女性の使う化粧落としようのクレンジングオイルの中には、エクストラバージノリーブオイルを使用したものもあるほどなのだ。天然成分だから、肌への刺激も少なく効果があるということだろう。

 もちろん、それだけではなく、オリーブオイルを使った石鹸もある。代表的なのが「サボンドマルセイユ」。自然素材の商品を取り扱う「環境といのちを守る会」でも提供されている商品で、一切の化学薬品や香料、保存料を使っていない商品だ。たかが石鹸と思われるかもしれないが、こうした商品を選ぶことは、人の肌(自分の肌)を優しくいたわるだけでなく、環境にも優しいものだから、プチ社会貢献にも繋がるというわけだ。石鹸は泡立てばいいものではなく、たまには「優しさ」で選んでみてはどうだろうか。
食べるだけが脳じゃない 肌に優しい石鹸にもなる