日刊 勝ち組スポーツ・勝ちスポ!
横浜中華街おすすめ食べ歩きマップ

断食2週間、究極のデトックス体験

頭が痛い、腰が痛い 悪化する健康状態

頭が痛い、腰が痛い
悪化する健康状態

 なるほど断食は施設に入ってやりなさい、という意味がわかった。会社に通いながらなんて甘い考えを断食は許さない。嫁に
「頭は痛いし腰は痛いしさあ」
 と愚痴を言うと、感心している。何を感心している?
「へええええ。断食で弱いところが痛くなるって、本当なんだ」
 ……。頭が弱いと言いたいわけか。腰も弱いというわけか。複雑だ。

 空腹感は狂気へと近づく。子どもが食べるナポリタンスパゲティを見て、(おや?) 今まで気が付かなかった。油と混じり合い、オレンジ色に浮き上がったトマトケチャップ、こんなにも美しいものか。透明な輝きは、熟した枇杷を渓谷の水に溶かしたようだ。なめらかな甘さが色に変じたようだ。

 このままでは、子どもの顔中に飛び散ったトマトケチャップを舐めてしまう。危険だ。視界は広がり、鼻づまりは完治して外に出ると焼き鳥の匂いや肉の匂いが鮮明で困る。特にスーパー。臭くてたまらない。酒を飲んだ後のように顔中に発疹は出るわ、あくびが異様な匂いがするわ、眠りが極端に浅くなる一方で体はしんどくて起きていられず、冷たいものは体が受けつけなくなる。お腹は四六時中、ぐるぐると動いていて落ち着かない。

 そうやって10日、合間についつい焼き鳥をむさぼり食べたり、子どもの残り物を犬のように横から奪ったりして、これはいけないと完全断食を1週間追加。参った、さらに体調が悪化した。
横浜中華街おすすめ食べ歩きマップ

霧が晴れるように体が変わる
断食で体の修理完了か?

 とうとう心臓まで痛くなった。心臓が痛くなったことなんてないので慌てた。胃潰瘍の経験のある胃は、いつまでも締め付けるように痛い。病院に行くべきか、迷った。でも断食中で、と医者に説明する気にならない。鏡を見て、舌が渓谷のように、ずさっずさっと割れてえぐれていることに気が付いた。中国医療では内臓が熱を持ち、体液の循環が滞ると舌が割れるそうだ。滞りまくっているらしい。

 体中の痛みに耐えているうちに、やがて中学生以来、消えることのなかった顔の吹き出物が消え、体重は68.2kgに。

 完全断食6日目、ウソのように体の痛みが引いた。「家庭でできる……」によると〈後期(第六日以降)・全身倦怠感や悪化したように見えた症状の消失・口臭や舌苔の消失・不安感、緊張感、抑圧感の消失・活力が出てくる ・熟睡していた人が、少し興奮し、睡眠時間が短くなることも〉とあった。感動した。自分ってば、教科書どおりの反応だ。

 翌日が断食明けだ。昼飯に粥を食べた。粥をかんで食べたのは初めてだった。ゆっくりと自然に噛んで飲み込む。胃袋に落ちていく白粥が途中ですっと消えるところまでわかる。梅干がたまらない。2週間、酸っぱい味が決定的に欠けていた。頭の先までぴりぴりした。わずか1杯の粥を食べただけで、腹がはちきれそうになった。

 断食終えて1カ月。ご飯を食べ出すとすぐに体重は3?戻り、現在は71〜2?。吹き出物も出てきた。2週間は長すぎるが、定期的に3日程度の断食を繰り返すのがデトックスにはいいんじゃないかと思うのだ。
霧が晴れるように体が変わる 断食で体の修理完了か?