日刊 勝ち組スポーツ・勝ちスポ!
鎌倉を散歩するならさんぽす

目覚めスッキリ!羽毛布団で快眠ライフ

悪い布団だと睡眠が浅くなるんです。

 「多少高くても、やっぱり頻繁に使うものだから」と、身の回りの文房具やサイフなどにこだわる人は多いと思います。そういった日用品は普段からお世話になるモノだけに、使い心地には特にこだわりたいですよね。

 ところが、おそらく一日の中で最も使用時間が長いと思われる「布団」についてウンチクを持っている人は意外に少ないんじゃないでしょうか。

「最近あまり眠れない」
「睡眠が浅い気がする」
「起きたとき疲れが残っている感じがする」

 そんなふうに感じたことがある方は、快眠をめざす寝具について再考してみる必要がありそうです。…と言うと多くの人はアロマなどを思い浮かべるかもしれませんが、むしろ大切なのは基本となる布団です。

 寝ている間、温度や湿度の管理は布団に一任されることになり、暑すぎても寒すぎても睡眠は浅くなってしまいます。長く使っていると悪臭がする布団や、体にフィットしない布団なども睡眠を妨げる要因となります。

 というわけで今回は、布団の王様「羽毛布団」を特集します!

 羽毛布団の種類や選び方を知って、毎日の疲れをリセットしましょう!
日の本寝具
鎌倉を散歩するならさんぽす

ゴージャス!ルイ・ヴィトンの魅力
汐留でお泊りデート
初日の出を見る!
金沢でしっとり大人のデート
一度は体験したい!豪華寝台特急の旅
休日はドッグランで愛犬とリフレッシュ!
秋の京都で大人のデート〜宇治名刹巡り
テーマパークごとの超リッチホテル
勝ち組ブログ・レジャー業界で有名なあの社長が登場!
世界標準!大人のテーブルゲーム
ヨーロッパの古城を持つ!
楽器をつくる
日本各地に眠る埋蔵金伝説に触れる
靴の宝石ベルルッティで最高の一足を
最後のこだわり?オリジナルなお墓 
人気沸騰中!米粉のパン&洋菓子
日の本寝具

「羽毛」って言っても色々あるんです。

 「ダウン」とも呼ばれる羽毛は、水鳥の胸の辺りの毛が用いられています。水鳥たちの天然の肌着を使用しているわけですから、羽毛布団やダウンジャケットが暖かいのも納得ですよね。

 ただし、羽毛布団の中身が全てダウンで出来ているわけではありません。ダウン製品を指で押したりすると、細くて固いものが手に当たることがあります。これはフェザー(羽根)の部分であり、ダウンに比べて保温性など全ての部分で劣っている素材です。
 羽毛布団のラベルには「ダウン〜%」という表示があるのでチェックしておきましょう。一概にダウンが多ければいいと言うわけでもありませんが、一つの目安にはなります。

 また、同じダウン素材でも水鳥の種類によって違いがあります。

 羽毛布団で一番メジャーなものは「ダックダウン」と呼ばれる、あひるの羽毛です。安価で手ごろな素材なので多く用いられています。

 他には、ガチョウの羽毛を使った「グースダウン」という素材もあり、保温性・耐久性などでダックダウンよりも優れています。さらに、長期間育てられた、ガチョウから取った「マザーグースダウン」という品質の高い上位素材もあります。

 羽毛布団を選ぶときは、ダウンの多さ・水鳥の種類をまずはチェックしましょう。



画像提供:日の本寝具株式会社
アメリカのエコライフとは?
悦楽のイタリアンスクーター
セレブな空間!高級癒しスポット
大人の音楽“モダンジャズ”に浸る
めんそーれ、石垣島
勝ちデート 隠れ宿で静けさに酔う
クラシックコンサートへ行こう!
海底に7ツ星ホテル!?夢の海底生活
競馬の楽しみ方
40万円ミシン!超高級家電が日本を救う
クリスピークリームドーナツ、もう食べた?
南米熱帯雨林の天恵、アマゾンフルーツ
悩みの口臭を根こそぎ消去! 
そうだ、宇宙に行こう!
和風クールビズ「手ぬぐい」が大人気!
ハードボイルドに決める大人のガン遊び

数値だけを信用してはいけない

 もう一つ、羽毛布団には「かさ高」という重要な指標があります。この数値は、羽毛の塊におもりを乗せて数分間放置し、おもりを取り除いたときに羽毛がどれだけ復元するか(ふくらむか)を測定したものであり、羽毛布団のふわふわ感を測る重要な目安になります。

 日本羽毛寝具製造協同組合の品質表示ラベルによれば、羽毛のかさ高120mm以上を「ニューゴールド」、145mm以上を「エクセルゴールド」、165mm以上を「ロイヤルゴールドラベル」、180mm以上を「プレミアムゴールドラベル」と定めています。

 ただし、これも数値が多ければ良質かと言われれば落とし穴もあります。かさ高を高めるために樹脂加工がされていたり、未熟な短い羽毛が使われている可能性があるからです。短い毛は反発力が強いので、かさ高が上がるのは当たり前なんです。

 これらの悪質布団を見分けるには、「水洗いができるか」「日干しができるか」という2つのポイントをチェックすると効果的です。

 羽毛布団のラベルにはこれらが禁止されているものがありますが、よく考えれば水鳥の毛が水洗いに弱かったり、日干しを出来ないはずがありません。

 そう。水洗いや日干しに弱いのは、羽毛に施された樹脂コーティングの部分なんです。こういった布団は、寝ているときに悪臭やムレを感じたりします。

 数字や品質表示だけでは、本物の羽毛布団は得られないことを心得ておきましょう。
おふとんの人