日刊 勝ち組スポーツ・勝ちスポ!
浅草デートスポット

世界が夢中!憧れの靴マノロ・ブラニク

すべてのセレブがラブコール!
“世界一、女をキレイに見せる靴”

 女性にとって、靴は“魔物”だ。

 恋人よりも身近で、キレイに装った顔や疲れた顔、それらすべてを知っている存在。そして恋のように一目ぼれすることもある。
 毎日、自分の体の重さをたった二つで受け止め、支えてくれる存在はある意味恋人よりも大切なパートナーなのかもしれない。

 そんな靴たちの中でも、おそらく世界中の女性が「一度は履いてみたい」と思うあこがれの一品がある。
それはマノロ・ブラニク(Manolo Blahnik)の靴。
 故ダイアナ元イギリス皇太子妃やラニアヨルダン王妃、マドンナにカイリー・ミノーグなど世界の名だたるセレブたちが愛好している、靴好きならその名を知らぬことはないほど有名なシューズブランドだ。

 デザイナーのマノロ氏いわく「私の靴はファッションではない、ジェスチャーだ」と語るその靴は、流麗なフォルムと10センチを超えるヒールでも驚くほど履きやすい感触が最大の魅力。
 一品ひと品職人によって手作りされた“世界で唯一走れるピンヒール”の異名を持つマノロの靴は、一度足を通せばほかの靴は履けないとまで言わしめるほどの魅力と実用性を兼ね備えている。

 折りしも現在公開中の映画「マリー・アントワネット」では、靴のデザインをマノロ・ブラニクが担当。ソフィア・コッポラ監督の作り出す豪奢でスイートな世界観にふさわしい、華やかなシューズの数々を楽しむことができる。
LUXURY-MANOLO
浅草デートスポット

汐留でお泊りデート
心に刻む日本の風景を貼り絵で
大自然と友情を深めよう(バックカントリー)
マンネリ解消!クルージングデート
「江戸しぐさ」を学ぶ
2006年・花火大会鑑賞プラン
ありきたりじゃない旅 〜inアフリカ〜
笑い文化の原点に触れてみてはいかが?
ワインだけじゃない!色々ソムリエ資格
恥ずかしくない男性自身を手に入れよう!
気球に乗ってみよう!
銀座の老舗
日本で食べる最高のフレンチ ロオジェ
スパで大人のリラクゼーションを満喫する
ハリウッド映画製作の裏側
トライクってかっこよくて楽しいみたいだ
LUXURY-MANOLO

後ろ姿が3割増し美人に!
ミラクルを生み出すマノロ氏って?

 ところで、かんじんのデザイナー、マノロ・ブラニク氏ってどういう人なのだろう?
 同氏は1942年11月28日、スペイン領カナリア諸島でチェコ人の父とスペイン人の母の間に誕生。英語やイタリア語、フランス語にスペイン語が堪能な彼は、ロンドンで「Sunday Times」のファッションフォトグラファーとして活動をスタートしたのだが、それがファッション界に入る直接のきっかけとなった。

 72年には初のコレクションを行うが、なんと当時の彼は靴の作り方を知らなかったため、その後約10年をかけ職人から学んだという。
 デザイナーのオジー・クラークのための靴を作ったときを機に、シューズデザイン一筋となる。そして御年65歳のいま、彼の情熱は衰えることなく世の女性たちの足元を彩っているのだ。

 まさに“歩く芸術”といえるマノロ。とはいえ、一足の価格は通常の百貨店に比べ軽く一ケタをオーバーするという代物。まずは目で見て勉強を……という人には、デザイナー自身の魅力や歴代の名作シューズを堪能できる「Manolo Blahnik」や、ブラニク氏直筆のデザイン画や彼の創造の源に迫るスケッチが満載の「Manolo Blahnik Drawings」で“作品”にふれてみよう。これらは大型書店の洋書コーナーに置かれているのでチェックしてみてほしい。
魅惑の泉、チョコレートファウンテン♪
新時代の音 タイムドメインスピーカー
勝ちデート 隠れ宿で静けさに酔う
変り種ツアーで大冒険
うさんぽ、してみる?
エキゾチックな世界「ドバイ」をENJOY!
今だからこそ、大人の「バリ島」へ
ザ・ウインザーホテル洞爺でリッチなデート
知的空間で、最高の仕事を!
社交ダンス〜新たなる魅力への誘い
パリの高級レストラン”タイユヴァン”
テーマパークごとの超リッチホテル
香水でセクシーな男を演出
今宵、本格焼酎をロックで味わう!
ららぽーと豊洲体験レポート!
ルーブル美術館は楽しい!

マノロを一躍スターダムにのし上げた
米テレビドラマ「Sex And The City」

 「靴のロールスロイス」「靴の王様」と称され、世界中のセレブたちに愛されているマノロ・ブラニクだが、日本でブレークしたのは海外テレビドラマシリーズ「Sex And The City」によるところが大きい。

 いまや世界が注目するファッションリーダーとしても有名な女優、サラ・ジェシカ=パーカー主演の同ドラマは、彼女ふんするコラムニストのキャリーが友人とともにオーバー30の実情を本音でつづった大ヒット作品。
 キャリーは自他共に認めるファッショニスタで、とりわけ高級シューズに目がない女性だ。そんなキャリーの最愛のブランドこそ、マノロ・ブラニク!

 ドラマでは随所にマノロの靴に関するエピソードがちりばめられ、そのどれもが靴好きにはたまらない見ごたえ。中にはキャリーがたくさん衝動買いして破産の危機に陥ってしまうエピソードもあるほど。
 ドラマのおかげでマノロブームは世界的な社会現象にまでなり、マノロ氏がサラ・ジェシカ=パーカーに敬意を表して作ったシューズ「SJP」モデルは現在でも定番として人気を誇っている。

 なお、同作は2004年に終了したのだが、続編を希望する声が多く寄せられたことで映画化の話も進んでいる様子。再びキャリーがマノロの靴を“大人ヤケ買い”するシーンを、今度はスクリーンで見ることができるだろう。


画像提供:LUXURY-MANOLO
LUXURY-MANOLO