日刊 勝ち組スポーツ・勝ちスポ!
鎌倉を散歩するならさんぽす

「プラセンタ」人気のヒミツ

セレブご用達

 永遠の美しさや若さを手に入れたい。それはいまや女性に限らず男性も望んでいること。
 それを可能にすると注目されているのが、プラセンタ。歴史は古く、クレオパトラ、マリー・アントワネット、楊貴妃が愛用していたことでも知られる。もちろんいまや、マドンナといった世界中のセレブたちも。

 プラセンタ(胎盤)とは、母胎から十分な酸素や栄養素を受けて胎児が発育するために不可欠なもの。母体に異常があった場合、胎児を保護する障壁の役目を果たし、10ヶ月の間に1個の受精卵を平均3kgまで成長させるという驚異的な機能を兼ね備えた組織なのである。

 出産後、自然に子宮の壁からはがれてでてくるが、通常そのまま破棄されるパターンがほとんど。ところが、ほかの哺乳類は母親が食べることで再利用している。外敵から子供を守る為、においを残さないように食べるという説もあるが、栄養豊富な胎盤を食べることにより、産後の体力回復や母乳の分泌促進に役立てているという説もある。

 助産院によっては、産後に胎盤を食べさせてもらえるところもあるそうな。味はレバーのようで、わさび醤油で食べるとおいしいらしい。興味はあるが、さすがにそのままで食べるのは抵抗があるかも。

参考リンク:
">プラセンタ専門.com
セレブご用達
鎌倉を散歩するならさんぽす

賢い選び方はこれ!ペットフード
オーダー自転車で街を行こう!
デザイン脱毛でひげ剃りにサヨナラ!
男40にして始める羊毛フェルト人形作り
記録的寒波。辛いモノで内から打ち勝て
ノスタルジックな味わい〜ハンガリー料理
今からチェックするクールビズ
GWはモーツァルトで熱狂しよう!
ゴルフの「醍醐味」は名コースにあり!
粋にいなせに!男の着物
松茸に和牛!秋を食べ尽くす割烹旅館
フランス発 クリスマス便り
悦楽のイタリアンスクーター
ツール・ド・フランス2007年速報!
満天の星空を我が家に!
「髪の毛は一生かけて守るもの」
栄養素たっぷりの万能薬

栄養素たっぷりの万能薬

 日本では、胎盤の一部である「へその緒」を出産記念として桐の箱に入れて残す慣習があるが、これは、子供が大病をした時に、「へその緒」を粉にしたり、煎じて飲ませて病を治したという昔の名残りだといわれている。
 中国では“紫河車(しかしゃ)“と呼ばれ、「不老長寿の薬」として歴代の皇帝の強壮、長寿、美容の秘薬としての歴史が深い。

 では、プラセンタの最も効果的な摂取方法とは?きっとそのまま食べるのが一番いいのだろうが、そういう機会に恵まれる人は多くないはず。
 ヒトの胎盤から有効成分のみを抽出したプラセンタエキスが注射薬に、ブタの胎盤から抽出されたものは内服剤や化粧品に使われている。以前は牛の胎盤エキスも化粧品やホルモン剤として使われてきたが、さすがに狂牛病以来ほとんどおみかけしない。

 プラセンタに含まれる栄養素はじつに豊富で、10種類以上のアミノ酸、脂質、糖質、ビタミン、たんぱく質、ミネラル、酵素、活性ペプチドなど500種類以上の栄養活性物質を含んでいる。医療的には、疲労、肩こり、アトピー性皮膚炎、糖尿病、貧血、関節症、自律神経失調症などに効果があり、美容的効果としては、美白、しみ・しわ、肌荒れ、皮膚の老化防止、コラーゲンの生成を可能にするといわれている。

楽しい自動車メーカー「光岡自動車」
留学・駐在・起業…「大連」の魅力とは
スカンジナビアの優れたデザイン達
もてアイテム・スニーカー
寒天とトコロテンって同じ?違うもの?
サッカーチームを持とう
サバイバル・シミュレーションのススメ
女性の魅力満載のベリーダンス
日本発祥!インスタントラーメン
科学的自己分析入門
今年こそ! 大人のクリスマス
街を、自然を、MTBで駆け抜けよう
JACOB JENSEN(ヤコブ・イェンセン)
これはアートだ!デザインバーコード™
社交ダンス〜新たなる魅力への誘い
文豪の愛した食事

注目のプラセンタ注射

 プラセンタ注射がもっとも即時性があり、効果があると大人気。厚生労働省の認可が下りているのは、株式会社日本生物製剤「ラエンネック」メルスモン製薬株式会社の「メルスモン」の2種類のみ。美容目的では、1ヶ月に2回(1回2アンプル)以上補充するといいとされる。
 クリニックにもよるが、2アンプルで料金はだいたい2000円からなので、じつにお手ごろ。ほとんどのクリニックで、にんにく注射やビタミン注射のコースも用意されているので、症状に合わせて併用してみるといいだろう。

 プラセンタは、肝機能障害や更年期障害の治療として使用される場合は保険適用となるれっきとした治療薬。使われはじめて50年以上の間、重大な副作用があったケースは報告されておらず、安全性が高いことでも知られる。
 ただ、ヒトの胎盤エキスの注射を摂取した人は献血できなくなる。可能性はほとんどないといわれているが、クロイツフェルト・ヤコブ病(vCJD)が輸血によって感染することを予防するためだとか。
注目のプラセンタ注射