日刊 勝ち組スポーツ・勝ちスポ!
浅草デートスポット

マカロンはお好き?

マカロンの魅力

 これを読んでいる方のなかには「マカロンって何?」という人から「マカロンを見たら買わずにいられない」という人までいることでしょう。ショートケーキを知らない人はいないでしょうが、マカロンはと言うと、お菓子好きでないと知らないケースも多いようです。

 一度マカロンを食べたことがあれば、はまってしまう理由が分かるでしょう。一口食べたら、あの食感!“サクッ”“フワッ”“もっちり、ねっちり”が一度にやってくるのです。そして間に挟まれたクリーム……想像しただけで、おいしそうじゃないですか?ええ、実際においしいんです。最近は更にチョコレートをコーティングしてパリパリ感を出したり、敢えて塩を足すことで味に深みや驚きを加えたり……進化はとどまるところを知りません。

 マカロンに目がない方も、マカロンのことをよく知らない方も、これを機会に「マカロン通」になってみませんか?
ピエール・エルメ・パリ
浅草デートスポット

歴史ロマン満載、日本の名城特集
手抜き家事のススメ、掃除ロボット参上!
ネスプレッソ〜エスプレッソマシーン〜
南米熱帯雨林の天恵、アマゾンフルーツ
オープンカーで颯爽と!
一杯1500円のうどんを食べてみた
ユニバーサルデザインの現在
ニュージーランドに住んでみよう
スーパー健康法 バナナ酢
今風・酒の薦めは「立飲み」でキマリ
蜂蜜酒にバラの酒 これからの酒は“甘い”
美味を生み出す魔法の器-汽鍋-
いざ!UMA発見の旅へ!
鞄は実用?それともオシャレ??
新生活を彩る超クールな冷蔵庫!
ダロワイヨ

マカロンってどうやって生まれたの?

 時は16世紀。イタリアのフィレンツェからアンリ2世の元へ嫁いできたのが、フランスに数々のお菓子を伝えたことで知られる、カトリーヌ・ド・メディシスでした。その“数々のお菓子”のなかには、マカロンも含まれています。イタリアの“元祖マカロン”はシンプルなものだったそうですが、フランスの食通に愛されるようになってからは様々なアレンジがなされました。

 現在の主流は“マカロン・リス”“マカロン・パリジェンヌ”“マカロン・レジェ”などと呼ばれるもの。表面はスベスベで、ふっくらと焼き上がりです。材料は、粉砂糖、卵白、アーモンドプードルが基本。
 これに様々な材料を加えることであの、繊細な食感を持ち合わせた、色とりどりの美しい一品ができあがる訳です。元々はプティフールとして食べられるのが主流だったそうですが、現在は単品で、気軽に購入できるようになりました。
防音マンションで音楽と共に暮らそう。
「廃墟」の魅力を解く
ヘリコプタークルージングで眺める極上の夜景
マルティメディア絵本の世界へようこそ
大人の趣味 音楽で自分の世界を楽しもう
ANAインターコンチネンタルホテル東京
携帯の良番を手に入れる
憧れの高級車が数万円から!?
スパで大人のリラクゼーションを満喫する
究極のフィッシング「マグロ釣り」!
スマートフォンはどう凄い?
現地ドイツでW杯を楽しみませんか?
触れたらハマる「ダーツ」の魅力!
断食2週間、究極のデトックス体験
“ネイルタトゥー”体験レポート
競馬ファンの究極“馬主”を目指そう

あの店のマカロンが食べたい!

 最近は、あちこちの店でマカロンを見かけます。ちょっと高めな価格帯の店でも、マカロンは1個150円前後と、気軽に購入できるのも嬉しいところ。

 数ある店のなかでも根強い人気を誇るのが「ダロワイヨ」。1832年からマカロンを作り続けているという、老舗中の老舗です。定番商品のヴァニーユ、カフェ、シトロン、ショコラ、ピスターシュ、フランボワーズに加え、季節のマカロンも魅力です。自家製パートダマンド(=アーモンドの入った生地)をベースにメレンゲを加えてつくられたマカロンは、甘さのなかでアーモンドの香ばしさがアクセントになっています。

 ピエール・エルメ・パリのマカロンは、いかにもパリらしい、しっかりとした味わいと甘さ。「日本のお菓子は上品だけど何だか物足りない」という人にピッタリ!なかでもマカロンプレニチュードは、フルール・ド・セル、天日塩入りチョコレート片とカラメル入りチョコレートガナッシュを使用。チョコとキャラメルがかなり濃厚な一品です。 

 他にも、チョコレート系のデザートがお好みなら、ジャン・ポール・エヴァン、美しさなら、ジョエル・ロブションなど、お土産にも喜ばれますよ!

ダロワイヨ