日刊 勝ち組スポーツ・勝ちスポ!
鎌倉を散歩するならさんぽす

マカロンはお好き?

マカロンの魅力

 これを読んでいる方のなかには「マカロンって何?」という人から「マカロンを見たら買わずにいられない」という人までいることでしょう。ショートケーキを知らない人はいないでしょうが、マカロンはと言うと、お菓子好きでないと知らないケースも多いようです。

 一度マカロンを食べたことがあれば、はまってしまう理由が分かるでしょう。一口食べたら、あの食感!“サクッ”“フワッ”“もっちり、ねっちり”が一度にやってくるのです。そして間に挟まれたクリーム……想像しただけで、おいしそうじゃないですか?ええ、実際においしいんです。最近は更にチョコレートをコーティングしてパリパリ感を出したり、敢えて塩を足すことで味に深みや驚きを加えたり……進化はとどまるところを知りません。

 マカロンに目がない方も、マカロンのことをよく知らない方も、これを機会に「マカロン通」になってみませんか?
ピエール・エルメ・パリ
鎌倉を散歩するならさんぽす

ザ・ウインザーホテル洞爺でリッチなデート
この夏「ヘッドスカーフ」が流行中!
ガンボってなんだ?食ってみよう。
オーロラを見にいく
心をデトックス!? 感情モニタリング
大冒険を満喫できる究極の乗馬とは?
鞄は実用?それともオシャレ??
あの人の思い出をいつも〜骨壷の事情
金沢でしっとり大人のデート
ロマンティック! 水上に住まう暮らし
優しい香りに包まれて心を癒そう!
“真の”ナポリピッツァを食べる
あそこに広告出すにはいくら?
「いまどきラジオのススメ」
オリジナル現像で、写真にこだわる!
グルメの集まる店オーグードゥジュール
ダロワイヨ

マカロンってどうやって生まれたの?

 時は16世紀。イタリアのフィレンツェからアンリ2世の元へ嫁いできたのが、フランスに数々のお菓子を伝えたことで知られる、カトリーヌ・ド・メディシスでした。その“数々のお菓子”のなかには、マカロンも含まれています。イタリアの“元祖マカロン”はシンプルなものだったそうですが、フランスの食通に愛されるようになってからは様々なアレンジがなされました。

 現在の主流は“マカロン・リス”“マカロン・パリジェンヌ”“マカロン・レジェ”などと呼ばれるもの。表面はスベスベで、ふっくらと焼き上がりです。材料は、粉砂糖、卵白、アーモンドプードルが基本。
 これに様々な材料を加えることであの、繊細な食感を持ち合わせた、色とりどりの美しい一品ができあがる訳です。元々はプティフールとして食べられるのが主流だったそうですが、現在は単品で、気軽に購入できるようになりました。
「カナル型イヤフォン」ってどう?
フランス式エコライフとは?
素敵な時間と温泉を貸し切りデート
寒天とトコロテンって同じ?違うもの?
地上最後の楽園「タヒチ」を満喫しよう
ホルモン焼を食べつくせ!
おさかなスィーツ登場
サービスエリアの新名物、速弁がうまい!
下関でふぐを食べつくす豪華旅行
未来をかけたレアメタル競争勃発!
生ジュースでフレッシュな毎日を!
恥ずかしくない男性自身を手に入れよう!
男性美容・デキる男のリフレッシュ!午睡を満喫
今からチェックするクールビズ
ヨーロッパの古城を持つ!
神仏に出会う霊場巡礼

あの店のマカロンが食べたい!

 最近は、あちこちの店でマカロンを見かけます。ちょっと高めな価格帯の店でも、マカロンは1個150円前後と、気軽に購入できるのも嬉しいところ。

 数ある店のなかでも根強い人気を誇るのが「ダロワイヨ」。1832年からマカロンを作り続けているという、老舗中の老舗です。定番商品のヴァニーユ、カフェ、シトロン、ショコラ、ピスターシュ、フランボワーズに加え、季節のマカロンも魅力です。自家製パートダマンド(=アーモンドの入った生地)をベースにメレンゲを加えてつくられたマカロンは、甘さのなかでアーモンドの香ばしさがアクセントになっています。

 ピエール・エルメ・パリのマカロンは、いかにもパリらしい、しっかりとした味わいと甘さ。「日本のお菓子は上品だけど何だか物足りない」という人にピッタリ!なかでもマカロンプレニチュードは、フルール・ド・セル、天日塩入りチョコレート片とカラメル入りチョコレートガナッシュを使用。チョコとキャラメルがかなり濃厚な一品です。 

 他にも、チョコレート系のデザートがお好みなら、ジャン・ポール・エヴァン、美しさなら、ジョエル・ロブションなど、お土産にも喜ばれますよ!

ダロワイヨ