日刊 勝ち組スポーツ・勝ちスポ!
お散歩するならさんぽす

あぁ、美味しいプリンが食べたい!

プリンを産んでくれてありがとう!

プリン」と聞いて思い出すのは、小学校の給食。誰かが風邪で休んだりすると、プリンが1つだけ余ったりしてみんなでジャンケン合戦になったのを覚えていますよね。

 そんな大昔に比べると、最近はプリンにもずいぶん友達ができました。マンゴープリン、黒ゴマプリン、豆乳プリン、焼きプリン。個性豊かなプリンがコンビニに並んでいるのを見ると、夜中にも関わらずついつい手を伸ばしたくなりますよね。

 なんでみんな、こんなにプリンが好きなんでしょう?

 そもそもプリン発祥の地は、イギリスだと言われています。といっても今のように甘いプリンではなく、パン屑に小麦粉・塩・卵・ラードといったものを使った、今でもイギリスで食べられているクリスマスプディングの原型です。

 パン屑の始末に困ったイギリス人が考案した、ありあわせの材料を使って蒸し固めた食品で、保存性にも優れていたので航海中の食事にも欠かせなかったそうです。私たちのプリンのイメージとはかなり違いますよね。

 このイギリス式プリンを、カスタードや砂糖を使って甘いお菓子にアレンジしたのはフランスの料理人でした。そして今のプリンの先祖ができたわけです。
プリン
お散歩するならさんぽす

温暖化で幻となる日も近い?“天然氷”
ちょっと知的に歌舞伎鑑賞
自分にあった空間を作る
海外流ビールの楽しみ方
美よ永遠に!“プリザーブドフラワー”
毎日の食卓にカヴァを!
体に美味しいオリーブオイル
「自分の島」を持とう!
うさんぽ、してみる?
香りのフェロモンでモテる!
アメリカ西海岸テーマパークを遊ぶ!
チョコレートは酒に合う
自分のルーツを知る〜家系図
大人も面白い! おすすめ児童文学
さあ、憧れのマジックを覚えよう。
歴史ロマン満載、日本の名城特集
簡単プリンのレシピ

簡単プリンのレシピ

 さて、そんな発祥の歴史を持っているプリンですが、イギリスのおばちゃんが普通に作っていたのですから我々にもやれないはずがありません。市販のプリンにはない家庭の味を作ってみようじゃありませんか。

 というわけで、簡単プリンのレシピを紹介します!

 材料は、卵・牛乳・砂糖・バニラエッセンス・バター、そしてカラメルソース用の砂糖・水・お湯です。

 作り方は、カラメルソースと牛乳・砂糖・卵を混ぜて型に入れ、電子レンジにかけるだけ。分量など詳しいレシピは関連サイトに載っているので参考にしてみてください。特別な調理器具は何も使っていなくて、驚くほどカンタンに出来るそうです。

 市販のプリンは形がしっかりしていないと商品にならないので固めに仕上がっていますが、手づくりなので柔らかくてフワフワのプリンに挑戦してみてください。

 一度作ってみて、慣れたらマンゴーや豆乳を混ぜてみたりして、アレンジバージョンを作ってみても面白いかも。

Xマス直前。究極の過ごし方を提案!
アクアテラリウムを楽しもう。
今、時代はホスピタリティ
留学・駐在・起業…「大連」の魅力とは
日比谷花壇でアレンジの利いたプレゼントを!
スマートフォンはどう凄い?
今だからこそ、大人の「バリ島」へ
グルメの集まる店オーグードゥジュール
自宅に麻雀ルームを作ろう
ヘッドフォンに夢中
ケフィアヨーグルトで今日も健康!
パリのスイーツを極める!
モナコの楽しみ方
競技人口世界2位!クリケットで楽しもう
男のこだわり!氷山の氷でオン・ザ・ロック
インドの古代医学 アーユルヴェーダ

プリンの全国的有名店
パステル

 全国にチェーン展開している「パステル」では、毎月バラエティに富んだ新作プリンを提供しています。その4月メニューをのぞいてみると…、

・なめらかプリンラムレーズン。
(豊かな甘みのサルタナレーズンをジャマイカラムに漬け込み、その風味をプリンに閉じ込めたもの)
ほほう、香りが良さそうですなぁ。

・なめらかイチゴカスタード。
(甘酸っぱいシロップを染み込ませたビスキュイとイチゴをのせ、アングレーズソースで蓋をしたもの)
甘酸っぱいイチゴとプリンの相性が良さそうですね。

・なめらか塩キャラメルプリン。
(ノルマンディー産塩キャラメルをプリン生地に加えて焼き上げました。キャラメル特有の甘みとほろ苦さのなかに、ゲランド塩のまろやかな塩味がたまらない逸品)
うーん。味の想像がつかないだけに、一度試してみたいですよ。

 とっても個性豊かなラインナップです。しかもこれはほんの一部。プリンを選ぶのが楽しくなりますね。


画像提供:パステル
パステル