日刊 勝ち組スポーツ・勝ちスポ!
江ノ島デートスポット

男40にして始める羊毛フェルト人形作り

40歳にしてアーティストへの転身をした
フジイミツグ氏主催「男の羊毛カフェ」

 何かを創造していくという行為は、ある意味で人間の本能のひとつである、といっても過言ではあるまい。

 子供時代には誰もがアーティストであった。空想を楽しみ、無意識のうちに既成概念では計り知れないようなモノや絵を生み出していたものだ。

 それがだんだんと年齢を重ねていくごとに、社会との折り合いをつけるため、何かを創り出すという行為の悦びを心の奥底にしっかりと封印してしまわざるを得なくなってくる。そう、それこそが大人になるための儀式であると言わんばかりに。

 なぜ、こんなことを書いたかというと、今回取材をさせてもらった「男の羊毛カフェ」の主催者であり先生でもあるフジイミツグさんは、なんと40歳の時にアーティストに転身したと聞いたからである。
 しかも、それまではごく普通に工場勤務をしていたという。36歳のときに職を失ったのをきっかけに、それまで携わっていたCADの知識を生かし、キャラクターのデザインを始めた先生。それが、今ではTVや新聞からも引っ張りだこの人気アーティストへと上り詰めていったのだ。

 先生がすごいところは、常に「アートとビジネスの融合」を考えているというバランス感覚のよさ。
 これこそがまさに「大人の」アーティストと呼べる所以であり、我々のような40代のオヤジに多大なる勇気を与えてくれるところなのだろう。まさに、先生は私たちに「あきらめるのはまだ早い」と言っているかのようだ。

 そんなフジイミツグ先生が今、もっとも力を入れているという「男の羊毛カフェ」にお邪魔しようと思ったのは、そんな先生の生き様に興味を持ったということもある。
 そして、いつしか封印していた創作の喜びを取り戻すためでもあるのだ。
40歳にしてアーティストへの転身をしたフジイミツグ氏主催「男の羊毛カフェ」
江ノ島デートスポット

男一匹、観劇する
カップルで行く大阪ベイエリア
デキる大人のデンタルケア
テーマレストランで楽しいデート
話題のホビングリッシュに挑戦(子ども編)
オーディオは音にこだわれ!
意外と知らない「出産祝い」のツボ
抗生物質が効かない!?
男だったら肉を食え!
北京近郊ぶらり旅 中国世界遺産特集
アクアテラリウムを楽しもう。
クリスピークリームドーナツ、もう食べた?
「ブドウ糖」で脳内パワーをチャージ!!
一生モノの逸品「匠の革トランク」
知られざる「観葉植物」のチカラ!
ヘリコプタークルージングで眺める極上の夜景
あえて「男の」と銘打つにはワケがある シンプルかつワイルドな工程は男向け!?

あえて「男の」と銘打つにはワケがある
シンプルかつワイルドな工程は男向け!?

 まずは「羊毛カフェ」とは何ぞや、ということから説明しよう。
 東京地区での開催は今回で4回目となるこのイベント。簡単に言えば、人形作りである。お茶やお菓子をいただきながら、和やかな雰囲気の中で数人が寄り合って羊毛フェルトのキャラクター人形を作るのである。

 そのキャラはもちろん、フジイミツグ先生オリジナル。なんだ、人形作りか、と馬鹿にすることなかれ。あえて先生が「男の羊毛カフェ」と銘打ったにはそれなりのワケがあるのだ。

 まず、作業内容がかなりワイルドなのである。人形作りというと裁縫などの針仕事を想像しがちだが、同じ針仕事でも、「男の羊毛」は一味違う。カラフルな羊の原毛を、ニードルと呼ばれる針でひたすら突く! 突く! 突く! 
 原理はといえば、羊毛の表面のキューティクルが、針で突っつかれることで複雑に絡み合って、固まっていく。すなわち、ふわふわの羊毛が固まって、フェルトの塊になるっていうことだ。

 なるほど、サンプルの人形を触ってみると確かに硬い。これがまた、軟弱なフワフワ人形と違う男らしさを醸し出しているというのだ。
 サンプルなどを見ながら説明を受けると、興味もわいてくるし、確かに記者でもできそうだ。物事の面白みというものは、とにかくやってみないことにはわからない、というのが記者の持論。

 ということで、男40歳にして羊毛フェルト人形作り初チャレンジの運びとなったわけだ。
ドミノの世界
アユ釣り解禁!銀色の女王を釣り上げる!
サステナブルなエコロジーグッズ
とっておきの高級ステーキが食べたい!
エコはかっこいい 〜ふろしき〜
食うか食われるか クマと戦う
徹底解剖!ハタラク中国人のお仕事意識
ボジョレー・ヌーボーの解禁日−パリ
消しゴム大好き!
めんそーれ、石垣島
ドイツが誇るスーツケースRIMOWA
古代魚を飼いたい!
エキゾチックな世界「ドバイ」をENJOY!
ニューバランスのフラッグシップモデルに注目!
社交ダンスでモテる男の術を学ぶ
愛車のお手入れ

街角アーティストが集う街・深川の
ユニークなアートスペースで受付開始

 今回、「男の羊毛カフェ」をプロデュースしたのは「深川いっぷく」という元調剤薬局を改造して作られた多目的スペース。
 マネージャーの白濱万亀さんがアートコディネーターということもあり、そこはさながらギャラリーのごとく、多くのアーティストたちのためのオープンスペースになっていて、ウクレレやハープなどのライブや落語会や各種ワークショップも開催されるという。

 本来は「男の羊毛カフェ」もここ「深川いっぷく」にて開催される予定であったのだが、参加人数が予想以上に増えたため、急遽近くの集会場にて実施することになったとのこと。今回の参加者は12名。記者を含め、7名が初心者。各メディアに取り上げられた結果、注目度が高まっている証拠だ。

 その日、「深川いっぷく」のある深川資料館通り商店街では、「第7回 花みずき街角誰でもアーティスト」なるイベントを開催していて、この「男の羊毛カフェ」をはじめ、朗読会や展示、各種アートパフォーマンスが繰り広げられていた。

 店先に展示された作品などを眺めつつ、参加者全員で会場まで移動。参加者の顔ぶれを見ると「男の…」と銘打っているのにも関わらず、男性は記者を含めて2名のみ。あとは、うら若き女性ばっかり…。

 しかし、ココまで来たからには気後れすることなかれ。美しい女性に囲まれながらの「男の羊毛カフェ」っていうのも、いいじゃないですか…。

街角アーティストが集う街・深川のユニークなアートスペースで受付開始