日刊 勝ち組スポーツ・勝ちスポ!
浅草デートスポット

賢い選び方はこれ!ペットフード

百花繚乱の品揃え
ペットフード最前線

 まさしく無数の花が咲き誇る花園のごとく…おりからのペットブームに並行し、ペットフードはそのような状態になっている。

 我々人間でさえ、自分で食する食べ物の選択は非常に難しい。
 大量の種類の食材・食料品が手に入るようになったぶん、食に関する情報も氾濫し、何をどう食べれば最も体にいいのかということがわからなくなってしまっている。

 そんな人間の食の事情と同じように、あまりに種類が増えすぎたペットフードの選択も大変に難しくなっているのは、ペットを飼っている人なら既に実感しているはずだ。

 そして、そうした戸惑いに追い討ちをかけたのが、例のアメリカでの事件。危険な化学物質が混入していたとみられるペットフードを食べたペットが次々死んだこの事件は、ペットだけではなく人間の食の安全にも警鐘を鳴らす事件として世界を駆け巡っている。

 この件は中国のずさんさが原因だが、ペットは家族や肉親と同様の存在。その健康を守り、一日でも長い付き合いをしたいというのは誰もが願うことである。

 正しい食をさせることこそ、ペットの健康管理の中枢であることはいうまでもない。今回はペットフードの最前線、そして成分の正しい見方などを取り上げてみたい。
百花繚乱の品揃え ペットフード最前線
浅草デートスポット

未来をかけたレアメタル競争勃発!
ヘリコプタークルージングで眺める極上の夜景
ドライビングシューズを履きこなそう!
自分のルーツを知る〜家系図
パワー&ヒーリングスポット、セドナ
日比谷花壇でアレンジの利いたプレゼントを!
夏はすぐそこ!ビーチサンダル特集!
大学発ブランド「近大マグロ」探訪
競馬の楽しみ方
「北」の国から。遼寧省の中朝国境をゆく!
核シェルターで安全な未来を
ヒートアイランド現象を食い止めろ!
ヘリコプターに乗ろう!飛ばそう!
ヘッドフォンに夢中
花や緑のある暮らしを楽しみませんか
日本には法規制無し ゆえに飼い主は勉強必要

日本には法規制無し
ゆえに飼い主は勉強必要

 これはあまり知られていない事実かもしれないが、ペットフードは、欧米では「飼料」として扱われている。
 つまり家畜に与える食料としてそれを取り巻く厳しい法に基づき品質が管理されている。

 ところが日本では、飼料としても食品としても実は扱われていないのである。ということは、市販のペットフードはどのようなものを入れようが、それを規制する機関や法がないというのが現状なのである。

 同様に、ペットフードに貼り付けてられているラベルの表示にも厳密な規格がなく、メーカーごとの表記はばらばら。 だから、現在の日本ではペットフードの原料に何を使用してもよく、どのような添加物をいれてもいいということになる。

 現在は業界内で「ペットフード工業会」、「ペットフード公正取引協議会」という組織が発足し、ペットフード製品の内容基準、効果、効能、商品の表示や公正な競争規約について規制などを設ける動きが出てきているものの、法の不整備はペットを飼う人にとってかなり大きなものであることは間違いない。

 それだけにペットフードを購入する際には、しっかりとその中身について積極的に把握していかなければいけないのである。
ファイヤーキングをコレクションする
気球に乗ってみよう!
中国ビジネスの鍵はニセモノ対策!?
ベストセラー作家を目指してみる?!
うわさのストレスコーチングって何?
第133回天皇賞特集
PLCを使って家庭で簡単ネットワーク
体に美味しいオリーブオイル
ワールドグッドデザイン 京仏壇『壇』
ニュージーランドに住んでみよう
恥ずかしくない男性自身を手に入れよう!
社交ダンス〜新たなる魅力への誘い
セラミックで白くてキレイな歯をGET
あの人の思い出をいつも〜骨壷の事情
手軽にできるプチ出家体験 坐禅に挑戦
和風クールビズ「手ぬぐい」が大人気!

無添加、手づくりなんでもござれ
要は正しい物を選べるか

 各メーカーとも様々な商品を販売しているペットフード。そんな中からどやって良いものを選んでいけばいいのか?

 先に触れたように、添加物など何を入れてもいいというのがわが国のルールなら、購入する物に何が含まれているかを確かめなければいけない。
 ペットフード公正取引協議会では、加盟メーカーの製品には次の表示を義務付けている。

1.ドッグフードなのかキャットフードなのかわかる表示
2.ペットフードの目的
  (総合栄養食、間食、その他の目的食の3つのいづれかであることがわかる表示)
3.給与方法
4.製造年月日または賞味期限
5.内容量
6.成分
7.原材料
8.原産国
9.事業者の氏名または名称と住所

 まず、この表示が完璧にされていない物は買うべきではないということが前提だろう。
無添加、手づくりなんでもござれ 要は正しい物を選べるか